2019.10.06

2019軽便祭の展示について

 アキバの書泉へ祭で買い忘れた南軽出版の基隆&瑞三を買いに行ったら既に売切れたらしく見当たりませんでした。すごいぞ基隆&瑞三!

 軽便鉄道模型祭も今年で15回。最近は、オヤジばかりで加齢臭が漂う会場とか、ナローは高いとか、揶揄されるレポも少なくなりましたが、実際に会場へ足を運んだ事も無く、偶然目にする情報だけで軽便鉄道模型を判断する方にとっては今でも、細かな差異にも五月蠅そうな偏狭な金満オヤジの集まりに見えるようです。何が違うココが違うと寄って集って叩かれてマウントされるような世界とは一番縁遠い世界だと、祭の出展ブースを目にすれば一目瞭然なんですけどねぇ。

 また、これはあくまでも個人的な思い込みと身勝手な願望に過ぎないのだけれど、軽便鉄道模型祭に出展した方も見学に来られた方も、全員笑顔で帰宅して欲しいなと思っています。それが仮に失敗だったミスった残念だった無駄足だったとその場で感じたとしても、でもまぁ楽しかったよね、へ帰着して貰えるイベントであり続けて欲しいと常々思っています。今回参加した女子学生さんたちには楽しんで貰えたイベントだったのか?実際100%の方に満足して貰うのは不可能なのは理屈では分かっているものの、偉い方が書かれた参加経緯の文章を読んで思わず、展示作品の見せ方をアドバイスするのが大人の役目では?(←かなり抑えた表現で書いています)と、彼女らが大いに心配になりました。まぁ当方は詳細を伺い知れぬ部外者ですから、そんな心配が全くの杞憂である事を願わずにはいられません。

 さて、全ての方を笑顔にしたいと願望を書きながらも、今年は旧作2作で挑みましたので責められても仕方がないと覚悟を決めて臨んだ祭でした。・・・ウソです。ある程度はこれで大丈夫だろうと確信を持って臨みました。とは言え、旧作を持って行った負い目も少なからずありました。

 

Continue reading "2019軽便祭の展示について"

| | Comments (5)

2019.09.24

軽便祭でお待ちしております

  前回、図らずも断念宣言をしてしまいましたが、たぶん、あのまま続けていても祭までに「とりあえずの完成」までは持ち込めたかもしれません。しかし、それまで精神的にも相当追い詰められていたようで、あの宣言を書いて以降、一気に気が楽になりました。ただ直後に、かなり頭にカチンと来た出来事もありましたので、こちらは当分の間、根に持つとしましょう。

9340

 さて、ありがたい事にアンテナさんのまとめブログに「モデラー出展」として案内を載せて貰えましたので、改めて祭の出し物を報告したいと思います。

Continue reading "軽便祭でお待ちしております"

| | Comments (7)

2019.09.16

祭の出し物

 泣いても笑っても、いよいよ今月末は軽便鉄道模型祭!

出展申し込みはしたものの、気がつけば残り2週間を切りました。今年の出し物(予定)の広寒別市街レイアウトは7月以降、ほとんど製作が捗らずに今に至っております(激汗)。

9298

背景こそ違いますが、かつて食い入るように眺めた『簡易軌道見聞録』(今なら釧路博物館の本でしょうか)のアノ情景をココに再現!とばかりに製作を進めて参りましたが、残念ながら新作レイアウトのお披露目は、

断念いたします。

 

 

Continue reading "祭の出し物"

| | Comments (7)

2019.07.19

広寒別2

 ご無沙汰しております。軽便祭の出展者と参加メーカーの発表がありました。KMCとシェフは出ないのですね(残念)。反面、磯野さん復活し、新しい出展者も徐々に増えているようです(嬉)。また猫屋線の新製品は発売され続けるようで、徐々にナローファンも増えて行くと思われますので、来年以降は安心して次世代へバトンの引き継ぎができそうです。

 ところでマスターピースから蒲原モハ11形、庄内交通モハ1形のキットが発売されるそうです。毎回マニアの琴線に響く製品ラインナップには思わず飛びつきたくなる衝動に駆られます。が、サイトのイラストや組み見本を眺めると、何かチョット窓の比率が大きいような気もします。ここの製品は“キットは素材”の某メーカーと同様に、何度痛い目に遭ったことか。
でも買っちゃう~ (^^;

Syounaim1

さて本題。

Continue reading "広寒別2"

| | Comments (6)

2019.06.25

今年は広寒別

 再び地元の本屋でTMSを扱うようになったので、RMMと一緒にさっそく買ってきました。今月の入荷は2冊(先月は3冊)と言う事は、先月のTMSを此処で買ったのは自分だけだったようです。

さて、いろいろな仕掛品は脇に置いて、今月に入ってから祭の出し物に取り掛かっています。たまには林鉄とか電鉄のナローレイアウトを出展したいなぁ、小さなエンドレスだけのパイクをジャンル別に仕上げて2~3個並べる展示も面白そうではあるものの、やはり他ブースと似たようなネタは気が引けます。と書きながらも簡易軌道も富別が発売されましたからネタ被りの可能性は高くなっています。

まぁバラエティーに富んだパイク展示は来年の目標(宿題⁉)にしましょう。

 

Continue reading "今年は広寒別"

| | Comments (4)

2018.07.03

富別が来たんだが

 鉄コレナロー猫屋線の新展開、富別簡易軌道のセットが到着しました。フリータイプと言えども簡易軌道のプラ量産品車両が発売される時代に出会えた喜びをヒシヒシと噛みしめています(大袈裟!?)。
20180702_0560 既にご存知のように、セットは自走客車と貨車の2両、自走客車は釧路製作所のようなタイプと泰和車両のようなタイプ、貨車は無蓋車とミルクタンク車、それぞれの組み合わせとなっています。自走客車の寸法は猫屋線のキハと同一寸法なので前面を組み替えても遊べそうです。ただ当然の事ながら、今までに作った(買った)簡易軌道の模型(主に1/87。たぶん)と並べて遊ぼうとすると、富別の車両が一回り大きいのは書くまでもありません。
 どのくらい違うのか?と言えば、

Continue reading "富別が来たんだが"

| | Comments (4)

2017.03.07

簡易軌道の修復

00071501 年が明けて早2ヶ月が経ちました。その間、原鉄道模型博物館へ企画展を見に行ったり、スワップミート同窓会へ足を運んだりしましたが、車両製作は一向に進んでいません。因みに練馬イベントはカメラを忘れてしまいましたので報告?は省略します(大汗)。
 さて、今まで何をしていたのか?と言えば、簡易軌道広加内線の修復を続けていました。正確に書けばまだ修復作業継続中です。これをお披露目したのは、もう一昨々年になるのですね。3年前ですかぁ(汗)。

 ちょこっと報告した通り、構内配線の一部を変更の上フレキを止めて手打ちにした他に、ほぼシーナリー全般をもう一度再構築しています。00071551簡易軌道は“道路がぐちゃぐちゃで通れない時期”こそ存在意義がある!との想いから、融雪期を選んで模型化しているのですが・・・。表現が難しいですね。

夏景色にしておけば、随分と楽だった筈。 

と、ぼやいても始まりません。
かの“ミルクを飲みに来ませんか?”のロケがちょうど雪がほぼ消え去った時期だったそうで、本文にも書いてある通り、雪が消えると辺り一面褐色の世界が広がるそうです。別とじグラフ写真からは褐色だけで無くチラホラと緑色も散見され、春の息吹も感じられます。

芽吹きの頃にするのも良さそう。

Continue reading "簡易軌道の修復"

| | Comments (8)

2017.01.27

手打ち

2ケタ完成の目標を立てつつ始まった2017年も1ヶ月が過ぎようとしております。
新しい模型を何も買っていないので罪庫が増えないのは幸いとして、今年も猫屋線の第2弾が予告されたり、大風呂敷が発表されたり、何かしらの散財は避けられないようです。

1月は何をしていたのか?と言えば、車両工作を一切しないでナゼかレイアウトの改修をしておりました。

Continue reading "手打ち"

| | Comments (4)

2016.12.28

今年(2016)は何を作ったか?

編集長敬白、終わってしまいましたねぇ(しみじみ)。明日から「編集長敬白」ロスになりそうです。

こちらは終わりませんが、今年もこの話題で1年を振り返りつつ、自らの首を締める時期となりました。(笑)
今年は例年に無く頑張ったよっ。
色、塗っていないけど、がんばったよ(言い訳)。

さきほどTMSを読んでいて気がついたのですが、もうレイアウトコンテスト応募の告知が載っているのですね(驚)。いぇ応募する気はサラサラありませんが・・・。もうそんな時期かと驚いたものですから。月日の経つのは早いですねー。

さて、今年は何を作ったのか?

Continue reading "今年(2016)は何を作ったか?"

| | Comments (4)

2016.12.06

模型製作再開

うわぁショック。(+_+)

編集長敬白、年内で終了ですって!?

貴重な過去ログも消えてしまうのでしょうか?毎日楽しみにしていたのに残念無念。

ところで、いよいよ鉄コレナロー猫屋線が発売されたようで大賑わいですね。
純正動力でR140も走破できるとの話ですし、自由自在に楽しめる製品だけに、これを機に若いナローファンが増えれば、20年30年先でも限界集落/消滅ジャンルにならなくて済みそうです。

これで未来のナロー界も安泰か!?

従来からのナローゲージマニアの1人として猫屋線を応援しております~。
ただここで自ら手を動かしていないまま、改造/加工の話や、使えそうな1/80パーツの話や、レイアウトイメージなどの戯言を書きますと、仮に自分なら「何だぁ、先に書かれちゃったよ、つまんねー」と、途中で放り出す事まちがいナシ、なので邪魔をせずに早々に本題へ移ります(敢えて言い訳)。

さて、早いもので今年も残り1ヶ月を切りました。

Continue reading "模型製作再開"

| | Comments (5)

より以前の記事一覧