2019.10.09

ED77の事

 来年の軽便鉄道模型祭の日程も決まったようです。

2020年9月19日(土)20日(日)です。

むぅぅ、この日程は秋彼岸の入りの土日ですね。見事に被りました(激汗)。たいへん残念ではあるものの 来年の祭はお休み します(撃沈)。こればかりは仕方がありません。お仕事あっての趣味ですから (^^; 。今から祭の成功を祈念しておりますので、スイマセンが来年出展予定の皆さん!

頑張ってください!!(≧o≦)/

 まぁ夕方なら抜け出せない事も無いかな。 ボソ

 さて、珍しく立て続けの更新となりました。軽便祭の話題では無くて申し訳ありません。撮った当時はそれほど思い入れも無かった車両が、後になってじわじわと効いてくる。そんな想い出の車両を模型として手元に置きたくなる歳になりました。一言で言えば懐古趣味でしょうか。前回はEF80の話でした。

 今回はED77の話です。

19800725032

ED77は磐越西線専用の電気機関車でした。磐越西線と言えば、川桁!沼尻鉄道!!!と即反応してしまう軽便マニアながら、今回ばかりは沼尻鉄道を脇へ置いて、電化後の主であったED77が主役です。とは言え追いかけまわした訳でも無く、腰を据えて撮影した訳でも無く、何だか分からないけれど、とりあえず撮影してみた車両、それがED77でした。何じゃそりゃ!?ですよね。

(ご注意:今回は長文です)

Continue reading "ED77の事"

| | Comments (10)

2019.05.08

ゴハチの日

 最後の運炭鉄道が消え、炭都夕張から鉄道が消え、三峰口の保存車両も解体される話を目にしました。そして「令和」が始まりました。先だって何とか時間を作ってアキバの書泉ブックタワーへ行ったらTMSが売切れでビックリ仰天してしまいました。毎月このくらい売れてくれればよかったのにねぇ。

さて本日は5月8日、ゴハチの日だそうです(忘れていました)。

Continue reading "ゴハチの日"

| | Comments (4)

2018.12.01

ナナマル形の話

いよいよ今年も残すところ1ケ月。12月になりました。

 70(ナナマル)形(ガタ)、70系電車と書く方が通りは良いような気もしますが、まだWindows98でダイアルアップだった頃から熱心に閲覧していた有名サイトでは「ななまるがた」と称していたので、70系電車だけはこの名称で呼んでいます。

今年の夏のJAMでTOMIXから電撃予告が出されたのは記憶に新しいところですが、いよいよ、公式サイトにも発売予告が載りました。  

70nagananoなぜ急に70形なのか?と伏線を深読みしてしまいそうになりながらも、これは楽しみですねー。70形は大好きなので期待度もMAXです。特に新潟色は惹かれます。

 発売は3月以降だそうで製品化予告を読む限り昭和25年度の更新車らしいので、クハ76は001~029、モハ70は005~010・101~117、が該当するようです。これを馴染みの旧国末期(1975年辺り)の実車配置表と照らし合わせてみますと、こだわらない方を除いては頭を抱えてしまう方も多いと想像します。サロの発売が見送られたのは痛いですが、売れれば次があると期待したいので、毎度書いておりますが、買って支えるプラ16番の心意気は忘れないようにしたいと思います。

 

70naka 新潟色の70形は乗った記憶の残っている旧型国電です。今を去ること数十年前の話。有志主催のスキー遠足に参加した帰り道、越後中里駅ホームから乗車した車内はほんのり暖かく、セミクロスシートの並んだニス塗りの車内や初めて見るスタンションポール、響くモーター音と激しい乗り心地は記憶の断片に残っています。実際に「この車両が70形らしい」と知ったのは、かなり後になってからでしたし、あの特徴的なカラーリングや外観も全く覚えておりませんが、今でも懐かしい想い出です。

 

Continue reading "ナナマル形の話"

| | Comments (8)

2018.06.17

TOMIXからEF71

 以前、白黒写真から色を推測して疑似カラー写真を作る試験的なサイトがありましたが、つい先日ソースネクストのメルマガにて白黒をカラーに変換するソフトの案内を貰いました。いつの間にか実用化されていたのですね。案内を貰うまで全く知りませんでした。面白く遊べるソフトでニッキュッパ(ただしダウンロード版)が高いか安いかは使う人次第と言うところでしょうか。(注:期間限定)

 

 さて、いよいよTOMIXから1/80のEF71が発売されるそうで、各模型店での受注も始まったようです。個人的には「EF71とEF78の同時発売がよかったかなー」とも思いますが、買わない事には次は無い。引き続きEF78も発売して欲しいので、このたびのEF71へ予約を入れました。

 

Continue reading "TOMIXからEF71"

| | Comments (9)

2018.04.17

フィルムスキャナー

 篠原ショックで意気消沈しているところに、続いて長年使ってきたWindouws7のPCが不調になり、昨日はプリンターもU052エラーが表示されて使えなくなりました。篠原ショックは別として、機械もののトラブルは時期を一にして続くのでしょうか?新たに導入したWindous10のPCに慣れるまで、まったく模型どころではない今日この頃です。

20180417_0149 Windouws7のPCを32ビットで長年使ってきた理由の1つがNikonのフィルムスキナャーでした。ネットで調べるとWindous10でも自己責任で使えるような話も載っていますが、知識のない人には、もしも万が一PCが壊れたらどうしよう?と、ちょっと敷居が高いですよね。そこでWindous10でも使えるフィルムスキャナーを新たに買ってみました。妙におもちゃっぽい外観、価格も(フィルムスキャナーとしては)そこそこ安い、ただし性能もそれなりw。

Continue reading "フィルムスキャナー"

| | Comments (5)

2018.03.01

419系に首ったけ

3月になりました。このたびは少々本流から外れて「419系食パン電車」の話。

199303152023 かつて「ひょうきん電車(死語)」と言われ、最低限度の改造で近郊型に化けた581系こと、419系・715系・715系1000番台。特に東北本線で動いていた715系1000番台は、1993~95年の間に乗ったり見たり馴染みのある車両でして、TOMIXから581系(1/80)が発売された当初、何れは改造して模型製作するべく4連分のネタをストックしておいたほど好みの車両でした。あれから随分と時間が経ってしまいました。確か年末だったかエンドウから419系・715系が発売されました。以前からホビダスで予約受付をしていたので発売される事実は知っていたものの、かなり高価な製品ですので気軽に予約!と言う訳にはいきません。199410032034そんな、気になるけれど踏み切れないモンモンとした気持ちのまま、製品は発売されて誌面の紹介欄にも載りました。模型店のウインドウに飾られていた715系1000番台は、むかし一ノ関(↑)や石越(→)で見た通りの、紛れも無い間抜け顔(褒め言葉です)をしておりました。う~ん、高いけれど欲しいかも。

 一方、419系は交直両用のまま北陸本線で3両基本編成で走っていましたが、実車を見たのはどこかで止まっていた姿と倶利伽羅だけでしたから、あまり馴染みのあるとは言えません。九州の715系は写真でしか見た事がありませんから、それに比べれば多少は知っている程度です。

 ところがです。

Continue reading "419系に首ったけ"

| | Comments (4)

2017.11.27

今月のj-train

00075152 近所の本屋で売っている鉄道模型の月刊誌はRMMだけなので、いまだにTMSは読めません。とれいんは祭レポが載ったので献本を戴きました(感謝)。去年“軽便鉄道カレンダー(←今年1年使っています)”目当てで購入したこの時期発売のj-train。今年は単車カレンダーながら、旧型客車ガイド・編成記録と“福島客貨車区旧型客車形態分類一覧表”の文字に惹かれて、昨年に引き続きめでたく購入と相成りました。SL全廃以降に鉄道ファンになった世代にとって、ネコの『国鉄時代』よりも馴染みの時代が多く載っている『j-train』は、まるで季刊オヤジホイホイです。噂に拠れば若い方はあまり本を買わないそうなので狙いは的確かもしれません。結局2017年のj-trainは全て買ってしまいました(爆)。

Continue reading "今月のj-train"

| | Comments (2)

2017.11.01

西鉄の電車

 11月になりました。九州ブルトレ1986年の写真をスキャンしていたら、甘木の駅でスナップした西鉄200形のネガがありました。スナップした時は気にも留めていませんでしたが、かつてホビーメイトオカから各タイプが模型化されたお陰で、珍しく模型から実物知識を得た車両でした。198602263024じつは大手私鉄の車両へはほぼカメラを向けた覚えがありません(汗)。箱根へ行った折に乗車したロマンスカー、北越谷駅で眺めた東武電車、半ば押しつぶされそうな山手線から眺めた西武新宿線、蒲田の駅で乗り換えた池上線や目蒲線、何れも必要に迫られて乗っていた、或いは単に目に入っていた記憶ばかり残っています。この1986年では、甘木から西鉄久留米へ行き、そこから国鉄久留米駅まで迷いに迷って辿り着いた想い出と、小倉から乗車した西鉄の路面電車は覚えていますが、やっぱり撮影していません(大汗)。

200103143014 鉄道趣味から離れていた1990年代を経て撮り鉄復活した2000年に、大手私鉄の車両だけでなく、中小私鉄の車両までもが様変わりしていて驚いた程です。そんな中、2001年に1000形が無くなると聞いて、わざわざ福岡まで遠征し撮影した大手私鉄が西鉄でした。
 自分で書いていて何ですが、無くなるからわざわざ九州まで出かけた自分自身が今では全く信じられません(爆)。コヤツ本気で撮り鉄でしたねー。

Continue reading "西鉄の電車"

| | Comments (2)

2017.10.21

駅撮りブルトレ他:九州

アンテナさんが10周年だそうです。おめでとうございます。いつも活用しております。まだ模型復活できません。週末の模型ショウはお天気も悪そうですし、特に欲しい製品もありませんし、何よりも仕事が入っていますので、無理をしてまで出かける必要は無いと、今年は(も)スルーを決め込んでいます。

模型が捗らないので懐かしい話題を少々。
20171021 猫耶線の仕上げに取り掛かっていた頃、気分転換も兼ねてYoutubeの鉄道走行動画をよく見ていました。そんな中【鉄道PV】JR九州 485系動画-9 「峠を越えて(宗太郎)」の動画に大いにハマリました。これは九州新幹線鹿児島開業前に日豊本線で活躍していた485系を追ったPVシリーズの中の1本で、よく在る様な単に走行する列車を写しているだけではなく、1つの映像作品として見事に完成された動画でして、作者の列車に対する愛情まで感じました。BGM選択の好みが似ていたのもプラス影響です。 

198602242013 その影響は多大なもので、国鉄時代を境に実物の鉄道趣味から離れてしまい“赤い485系なんて”と小馬鹿にしていたオッサンが、いまさらNゲージの、しかもJR九州の赤い485系を、勢いに任せて購入しそうになった程です。素晴らしい優れた映像作品は、興味の無いオヤジの心をも動かす実例でしょうか。
 猫耶線レイアウトも「何だナローか」と小馬鹿にされながらも「ナローって面白そう」と思わせるような作品に仕上げたいものだと、この映像作品を何度も見ながら、姫神の曲を口ずさみつつ製作に追われていたのがつい昨日のように思い出されます。RMMの巻頭カラー祭レポでは1ページ丸々載せて貰えましたので、申し訳なく思う反面、苦労が報われた思いもします。ありがとうございます。まぁそっち(猫耶線)の話は置いておきまして(?)

198602243000 お陰で今のMyブームが日豊本線の赤い485系やEF81-300(銀釜)貨物なので、これに関連して九州内のむかし懐かしい・・・と言っても1986年ですから、ほぼ30年前、オジサンにとっては“チョッと前くらい”の感覚ですw。因みに2000年頃ならば、つい最近の出来事(爆)。昔の事は今の事よりもハッキリ覚えている昭和のオヤジモデラーが嬉々として語る昔話!まだ若かった頃、同じように「オヤジの昔話」を聞かされて辟易した事なんて、忘れたよ!九州内の「駅撮りブルトレ+昼行特急」を一挙公開!(1986年2月撮影:前作はこちら)といきましょう~。

Continue reading "駅撮りブルトレ他:九州"

| | Comments (2)

2017.06.11

別府鉄道の事:2

いま別府鉄道の話題が熱い!?

198312245009いぇ単に、毎日欠かさず拝見しているWebサイトさんの最近の更新が別府鉄道なので、勝手に多大な影響を受けているだけの話です。知識の無かった当初はご他聞にもれず「別府(べっぷ)」に大分交通以外の私鉄があったんかいな?とステレオタイプの感想を持っていました。もちろん別府(べふ)は九州ではありません。以前書いた話はこちら

198312245002この機に乗じて貴重な写真でも載せるべぇと、下心いっぱいに撮影した写真を見返していたのですが、ほぼ写真は出尽くしていました。そりゃぁ1回しか訪問していない上に乗る事だけが目的だったので、秘蔵写真なんてありませんって。 

ところで、記憶と言うのは当てにならないものです。一度でも別府鉄道を訪問された方ならば、別府港駅前にあった日通事務所を覚えているのではないでしょうか?

Continue reading "別府鉄道の事:2"

| | Comments (4)

より以前の記事一覧