2019.10.06

2019軽便祭の展示について

 アキバの書泉へ祭で買い忘れた南軽出版の基隆&瑞三を買いに行ったら既に売切れたらしく見当たりませんでした。すごいぞ基隆&瑞三!

 軽便鉄道模型祭も今年で15回。最近は、オヤジばかりで加齢臭が漂う会場とか、ナローは高いとか、揶揄されるレポも少なくなりましたが、実際に会場へ足を運んだ事も無く、偶然目にする情報だけで軽便鉄道模型を判断する方にとっては今でも、細かな差異にも五月蠅そうな偏狭な金満オヤジの集まりに見えるようです。何が違うココが違うと寄って集って叩かれてマウントされるような世界とは一番縁遠い世界だと、祭の出展ブースを目にすれば一目瞭然なんですけどねぇ。

 また、これはあくまでも個人的な思い込みと身勝手な願望に過ぎないのだけれど、軽便鉄道模型祭に出展した方も見学に来られた方も、全員笑顔で帰宅して欲しいなと思っています。それが仮に失敗だったミスった残念だった無駄足だったとその場で感じたとしても、でもまぁ楽しかったよね、へ帰着して貰えるイベントであり続けて欲しいと常々思っています。今回参加した女子学生さんたちには楽しんで貰えたイベントだったのか?実際100%の方に満足して貰うのは不可能なのは理屈では分かっているものの、偉い方が書かれた参加経緯の文章を読んで思わず、展示作品の見せ方をアドバイスするのが大人の役目では?(←かなり抑えた表現で書いています)と、彼女らが大いに心配になりました。まぁ当方は詳細を伺い知れぬ部外者ですから、そんな心配が全くの杞憂である事を願わずにはいられません。

 さて、全ての方を笑顔にしたいと願望を書きながらも、今年は旧作2作で挑みましたので責められても仕方がないと覚悟を決めて臨んだ祭でした。・・・ウソです。ある程度はこれで大丈夫だろうと確信を持って臨みました。とは言え、旧作を持って行った負い目も少なからずありました。

 

Continue reading "2019軽便祭の展示について"

| | Comments (5)

2019.09.24

軽便祭でお待ちしております

  前回、図らずも断念宣言をしてしまいましたが、たぶん、あのまま続けていても祭までに「とりあえずの完成」までは持ち込めたかもしれません。しかし、それまで精神的にも相当追い詰められていたようで、あの宣言を書いて以降、一気に気が楽になりました。ただ直後に、かなり頭にカチンと来た出来事もありましたので、こちらは当分の間、根に持つとしましょう。

9340

 さて、ありがたい事にアンテナさんのまとめブログに「モデラー出展」として案内を載せて貰えましたので、改めて祭の出し物を報告したいと思います。

Continue reading "軽便祭でお待ちしております"

| | Comments (7)

2019.09.16

祭の出し物

 泣いても笑っても、いよいよ今月末は軽便鉄道模型祭!

出展申し込みはしたものの、気がつけば残り2週間を切りました。今年の出し物(予定)の広寒別市街レイアウトは7月以降、ほとんど製作が捗らずに今に至っております(激汗)。

9298

背景こそ違いますが、かつて食い入るように眺めた『簡易軌道見聞録』(今なら釧路博物館の本でしょうか)のアノ情景をココに再現!とばかりに製作を進めて参りましたが、残念ながら新作レイアウトのお披露目は、

断念いたします。

 

 

Continue reading "祭の出し物"

| | Comments (7)

2018.10.04

石灰軌道の展示について

祭の余韻もいまだ冷めていない今日この頃、恒例となった自身の展示を振り返ってみます。今年の出し物は、霜内石灰軌道リターンズでした。

 P9300181そもそも第3回に出展しているレイアウトですので、あの時に見た今更感に溢れて暇を持て余すに違いないと踏んでおりましたが、蓋を開けてみれば考えていた以上に好評だったようです。何度も書いておりますが、いちばん脂の乗っていた時期に製作したレイアウトですし、気に入って残してあったレイアウトですので尚更かもしれません。細かな部分に目を向ければ、まだまだ精密化できそうな点は残されていますけれど、気の向いた時に手を加える程度に構えた方が得策でしょう。

 サーバー引っ越しの時点でホームページから制作記を削除してしまいましたが、B2サイズパネルの中に、工場・併用軌道・畑(専用軌道)・積み込みホームを詰め込んだ、四方向から眺めて楽しめるデザインで、特に仕切りを設けずに風景のつながりを意識しました。最急半径はR100、線路は篠原ナロー用でポイント転換は懐かしいマッハのスイッチレバーです。工場入り口を正面にして展示した第3回と違い、併用軌道と畑を正面に持ってきた事も功を奏したようで、前回とは違った印象を持ってもらえたようです。また10年前の展示をご存じなかった方も多かった印象を受けまして、時の流れを感じたのは内緒です。リニューアルしたのは樹木と畑の一部だけです。今風に貨物上屋/工場の中に照明を組み込んだところ、パチンコ店並みの明るい照明に趣が変わってしまいまして、祭当日は照明ナシのまま展示しました。これはLED選択ミスでした。
P9300184
 もしも今この石灰軌道を新たに作ったと仮定すると、線路は6,5mm(乙)にしたでしょうし、ここまで大胆に風景を圧縮しなかったかもしれませんし、「実景」と「理屈」に手が止まったかもしれません。誌面に載っていた駒形石灰や松川石灰の写真に強烈な刺激を受けて、予備知識も何もない状態で、想いと勢いに任せて製作したレイアウトだったからこそ、自分の見たかった石灰軌道の夢をギュッと詰め込んだ作品が出来上がったと言えるでしょうか。今とはパッションが全然違います。余談ながら、駒形石灰のお写真を撮影したご本人と会場でお会いする機会を得まして、たいへん感激をいたしました。ありがとうございます。(友人の知り合いとの事でして、この世界は狭いなぁと ^^; )

 ここで裏話。じつは、今年展示する予定だった最新作は途中まで作って放置状態になっています。

Continue reading "石灰軌道の展示について"

| | Comments (8)

2018.10.01

颱風直撃?の祭

だれだっ!?嵐を呼んだ男は? 

P9300076 皆さん、こんばんは。軽便鉄道模型祭お疲れさまでした。また毎回手弁当で頑張ってくださっている実行委員スタッフの皆様へは特に御礼申し上げます。
 既にご存知のように台風が日本列島を縦断している正にその時に行われた軽便祭!でした。ちゃんとお家へ辿り着きましたか?自分は宿泊して翌1日に帰宅しましたけれど、JRは始発から運休してダイヤはめちゃくちゃ、偶然に「あと5分ほどで発車します~」の電車へ飛び乗りまして、普段なら1時間も掛からないで帰り着く道のりを、2時間近く電車に揺られて帰って参りました。それでも、ほとんどの方は今日から普段通りに仕事へ向かっている筈ですから、気楽な立場の自分には文句は言えません。

 さてここで、祭のレポなどをしたいところですが、なぜか今年はめちゃ忙しく、自分のブースから離れて遊びへいけないまま閉場になってしまいまして、他の方の展示は設営中の風景をチラッと見ただけ、物販は辛うじて本をP9300171買っただけでKMCの展示を始めトミーテックの猫屋線も各物販ブースもじっくりと見て回る時間がありませんでした。ゆっくり買い物もできない祭は初めてじゃないかしらん。また自分の展示をまともに撮影しなかった事にも気が付きました。(激汗)

 その代わり、多くの方にお会いする事ができましたし、いろいろな方の車両が乗り入れてくださいました。誠にありがとうございます。 なお、いつもと比べると画像の多い長文の記事となりますので、ご注意ください。

Continue reading "颱風直撃?の祭"

| | Comments (18)

2018.09.21

石灰軌道の修復:終

 先日、諸河さんの写真展へ行ってきました。どこかに載っていた見た事のある写真もありましたけれど、誌面に載った小さな写真とは違い、大きなサイズのパネルを間近でみると印象が違います。迷わず図録も購入しました。

87118751

8713 また、久々に「いさみや」さん ← へも寄りました。目的のパーツは残念ながら品切れ中で手に入らなかったものの、お店のウインドウを眺めているとアルモデルの海軍KATO ↑ を発見!迷わず捕獲?いたしました。石灰軌道用としての目論見ながら、既に完成させるのは時間的に間に合いませんので、棚の肥やしになるかもしれません(罪庫)。

 ところで、かなり前から予告されて楽しみに待っていたワールド工芸発売の別府キハ2、ようやくメーカーサイトでも全貌がお披露目されました。個人的にも一押しのメーカーさんです・・・が。

何だ!この残念感⁉ 

おぃおぃ既に支払いも済ませて荷物の到着を待つばかりなのに、どうすんだよー、一緒に載っている実車写真と比べても明らかに幕板広すぎて(=窓が下がりすぎ)ビックリするほど全然似てないぞ。今まで別府のキハ2はあまみやだけだったから、薄板構成窓回りスッキリの製品にかなり期待していたのに、栃尾のモハ217・クハ100以来の落胆じゃねぇかorz。これ果たして素材にできるのかなぁ?屋根を薄くするればいいのか~。ダメなら車庫脇の詰所に化かそうか(泣)。

 さて、そんなショックを引き摺りながらも、気を取り直して石灰軌道の改修報告の最終回です。祭まで残り1週間!

Continue reading "石灰軌道の修復:終"

| | Comments (11)

2018.09.12

石灰軌道の修復:2

 先日の台風による関西地方の水害に続き北海道胆振東部の地震、災害に逢われた方々へお見舞い申し上げます。特にモデラーの方々はいかがだったでしょうか?かつての東日本大震災では部屋の中が崩れて大切なコレクションを始め多くの模型が被災した中、人命が掛かっている時に趣味の心配とは怪しからん!と正論を言われて、悲しい気持ちをグッと抑え込んで密かに悲しみに暮れた経験を持つだけに、同じ趣味の仲間として敢えてお見舞いを申し上げます。また各地とも災害の影響で大変な状態と思いまして連絡していない不義理もお許しください。

忘備録
黒岩さんの企画展 10月14日まで 月曜休館
諸河久さんの作品展「軽便風土記」 9月30日まで 月曜休館 
地方私鉄「1960年代の回想」さん写真展 10月3日~15日 火曜休館

Continue reading "石灰軌道の修復:2"

| | Comments (8)

2018.08.31

祭りだ!祭りだ!

 蒸し暑い日が続いております。軽便鉄道模型祭まで、あと1ヶ月です。いよいよポスターも発表になりました。今年は立山砂防のDLです。
A0100812_01044561A0100812_01055185

プレイベントの発表もありました。再三書いておりますが、今年は旧作を持って行くだけですので、前日から人形町入りすべく宿も確保しました。 しかしながら29日(土)に仕事が入ってしまった為に、果たしてプレイベント開場までに、会場へ辿り着けるのか!?が目下のところ悩みの種です(無理)。併せて記念Eh板も発表になりました。今年は内大臣の野村式DLだそうです。板だけで作れる小型内燃機関車、それも市販品にはないマイナー車種と言うところがマニアの琴線に触れます。

 恒例の、クリクラのお題は「ペアーハンズ製品」だそうですが、ちょっと手元に(罪庫にも)見当たりませんので、こちらはエントリーできそうにありません。手元のペアハン製品と言えば、16番用のレールクリーニングカー素材だけかも。(^^;汗

 さて、27日の大雨の日以降、なぜか急にADSL回線がダウンしましてネットに繋げない状態が続いています。

Continue reading "祭りだ!祭りだ!"

| | Comments (3)

2018.08.21

石灰軌道の修復:1

 お盆も終わりJAMも終わり、次はいよいよ軽便鉄道模型祭です。JAMで拝見した秀逸なレイアウトの数々に刺激を受け、そろそろ旧作:霜内石灰軌道をお披露目できるように手を加えようと重い腰を上げました。さぁ始めますよ。ご存知の方も多いかもしれませんが、この石灰軌道は、たぶん2002年か2003年ごろに作り始めて、第3回の軽便祭でお披露目した後は長らく保管箱の中に入ったままになっていました。第3回の祭も、ブログの「石灰軌道」項目の最終更新日も2007年ですから、単純に10年くらい前の作品ですね。今にしてみれば“もっとも脂の乗っていた時期”だったかもしれません。

それでは、御開帳~~~。

00020002_000300040004_0005

Continue reading "石灰軌道の修復:1"

| | Comments (4)

2007.08.04

畑の作物

Dscn41843712先日買って来た「キャベツやブロッコリー」を石灰軌道の畑に植えてみました。
1箱に入っているのが、各種8個づつなので少々物足りない感じですね。まぁスポンジ粒を貼り付けるよりは、らしく見えると言う事で、このまま進めます(笑)。
次は昔買って来てそのままになっている「とうもろこし」を植えたいと思っています(^^;

| | Comments (0)

より以前の記事一覧