2019.10.09

ED77の事

 来年の軽便鉄道模型祭の日程も決まったようです。

2020年9月19日(土)20日(日)です。

むぅぅ、この日程は秋彼岸の入りの土日ですね。見事に被りました(激汗)。たいへん残念ではあるものの 来年の祭はお休み します(撃沈)。こればかりは仕方がありません。お仕事あっての趣味ですから (^^; 。今から祭の成功を祈念しておりますので、スイマセンが来年出展予定の皆さん!

頑張ってください!!(≧o≦)/

 まぁ夕方なら抜け出せない事も無いかな。 ボソ

 さて、珍しく立て続けの更新となりました。軽便祭の話題では無くて申し訳ありません。撮った当時はそれほど思い入れも無かった車両が、後になってじわじわと効いてくる。そんな想い出の車両を模型として手元に置きたくなる歳になりました。一言で言えば懐古趣味でしょうか。前回はEF80の話でした。

 今回はED77の話です。

19800725032

ED77は磐越西線専用の電気機関車でした。磐越西線と言えば、川桁!沼尻鉄道!!!と即反応してしまう軽便マニアながら、今回ばかりは沼尻鉄道を脇へ置いて、電化後の主であったED77が主役です。とは言え追いかけまわした訳でも無く、腰を据えて撮影した訳でも無く、何だか分からないけれど、とりあえず撮影してみた車両、それがED77でした。何じゃそりゃ!?ですよね。

(ご注意:今回は長文です)

Continue reading "ED77の事"

| | Comments (10)

2017.10.21

駅撮りブルトレ他:九州

アンテナさんが10周年だそうです。おめでとうございます。いつも活用しております。まだ模型復活できません。週末の模型ショウはお天気も悪そうですし、特に欲しい製品もありませんし、何よりも仕事が入っていますので、無理をしてまで出かける必要は無いと、今年は(も)スルーを決め込んでいます。

模型が捗らないので懐かしい話題を少々。
20171021 猫耶線の仕上げに取り掛かっていた頃、気分転換も兼ねてYoutubeの鉄道走行動画をよく見ていました。そんな中【鉄道PV】JR九州 485系動画-9 「峠を越えて(宗太郎)」の動画に大いにハマリました。これは九州新幹線鹿児島開業前に日豊本線で活躍していた485系を追ったPVシリーズの中の1本で、よく在る様な単に走行する列車を写しているだけではなく、1つの映像作品として見事に完成された動画でして、作者の列車に対する愛情まで感じました。BGM選択の好みが似ていたのもプラス影響です。 

198602242013 その影響は多大なもので、国鉄時代を境に実物の鉄道趣味から離れてしまい“赤い485系なんて”と小馬鹿にしていたオッサンが、いまさらNゲージの、しかもJR九州の赤い485系を、勢いに任せて購入しそうになった程です。素晴らしい優れた映像作品は、興味の無いオヤジの心をも動かす実例でしょうか。
 猫耶線レイアウトも「何だナローか」と小馬鹿にされながらも「ナローって面白そう」と思わせるような作品に仕上げたいものだと、この映像作品を何度も見ながら、姫神の曲を口ずさみつつ製作に追われていたのがつい昨日のように思い出されます。RMMの巻頭カラー祭レポでは1ページ丸々載せて貰えましたので、申し訳なく思う反面、苦労が報われた思いもします。ありがとうございます。まぁそっち(猫耶線)の話は置いておきまして(?)

198602243000 お陰で今のMyブームが日豊本線の赤い485系やEF81-300(銀釜)貨物なので、これに関連して九州内のむかし懐かしい・・・と言っても1986年ですから、ほぼ30年前、オジサンにとっては“チョッと前くらい”の感覚ですw。因みに2000年頃ならば、つい最近の出来事(爆)。昔の事は今の事よりもハッキリ覚えている昭和のオヤジモデラーが嬉々として語る昔話!まだ若かった頃、同じように「オヤジの昔話」を聞かされて辟易した事なんて、忘れたよ!九州内の「駅撮りブルトレ+昼行特急」を一挙公開!(1986年2月撮影:前作はこちら)といきましょう~。

Continue reading "駅撮りブルトレ他:九州"

| | Comments (2)

2017.04.18

駅撮り583系

 今年は桜と列車を撮影する機会を逃したまま葉桜になってしまいました。今月始めに583系が引退したそうで、さとしさんのBlogを拝見して改めて気が付きました。鉄道ホビダス「今日の1枚」は欠かさず見ていたのですが、583系さよなら運転だったかぁ、程度で全く気にしませんでした。
1976ueno583hibari国鉄型車両は好きですが、それは単に自分が子供の頃の「純粋に鉄道が好きだった時代の鉄道景色」に想いを馳せているだけで、現在走っている国鉄型車両を追いかける程の“熱意”はありませんから、うっかりしていました。
 ここで 「昔のサロ・サシ入り長大編成こそが583系の華だから、いまどきの短編成の団体臨時列車なんて・・・」と批判的な話は書きません(笑)。昔の話を昔の写真を垂涎の想いで眺めるのは、どの世代もいつの時代も同じ事、今の方は、今のうちに「現在の姿」を撮影するなり調査するなり模型化するなり、郷愁オヤジの戯言に惑わされずに、悔いの無い鉄道趣味を送っていただきたいです。

 さて、そこで自分の撮った583系581系の話ですよ。
198403xx016


走りは1枚しか撮っていません。 

しかも回送の後追いです。当たり前のように走っていた姿を、悔いの無いように撮影するのは難しいですねー、と先に言い訳を書いておきます。当たり前の姿ほど後になって思い返すと貴重なモノはありません。


Continue reading "駅撮り583系"

| | Comments (6)

2017.03.19

続々10系軽量客車の話

 さすがに彼岸中だけあってどこへも出かけられませんので、大人しく簡易軌道レイアウトの修復計画を進めています。ただ記念撮影ばかりしていて、進行は亀の歩みの如し。
0007187700071849

新規ネタも“今はまだ語るべき時ではない”ので、気軽な想い出話でお茶を濁します。いまさらながら鉄道ピクトリアル別冊『10系軽量客車』を買いました。好いですねー。特に近代化改造の記事とか。(感涙)

1978aut0x 以前にも想い出話を書きましたが、50も過ぎたオジサンにとって10系客車、特に10系寝台車を連ねた夜行急行列車には、厚い(熱い!?)想い出フィルターが掛かっております。何時かは想い出の夜行急行を作ろう!と以前から1/80キットを買い集めて来ましたが、腕も知識も浅かった頃に勢いに任せて組んだ車両はあるものの、歳を経る毎に増す知識に対して、腕も時間も追い付かず(言い訳)、大量に増備したTOMIXプラ完も今だに棚の肥やし状態です。・・・(大汗)
 特にココへ来て夜行急行には欠かせないスニ40(とワキ8000)のプラ完も発売されるそうで、嬉しい悲鳴を上げている反面、このまま罪庫になるであろう未来も容易く想像できるだけに、多大な危機感も感じています。

Continue reading "続々10系軽量客車の話"

| | Comments (3)

2017.02.05

20系寝台車の想い出

00070856 ネコ・パブリッシング社から、鉄道車両ガイドVol.24『20系客車』が発売されましたので、さっそく購入しました。なぜかカラー写真の解像度や発色が毎回酷い不満はあるものの、内容としては妻面の見える写真も多く、各車両の非常口の変化の様子も改めて判ります。旧客に比べて微々たる差ではあるけれど、それなりに大所帯で長年に亘って使われた客車だけに、これ1冊で全てを賄おうと考えるのは無理な話。各種資料と合わせて模型製作へ活用するには面白そうな1冊です。

Nahanefu22 さて、20系寝台車と言えば「動くホテル」と呼ばれたブルトレです。実際に乗ってみたのは急行格下げ後だったこともあって、B寝52cm幅のベッドや車内の雰囲気に古臭さは否めないものの、機能に徹した14系24系と比べ、その曲線主体の優美な外観には独特の趣がありました。特にナハネフ22の展望室へは、乗車経験のあるマニア諸兄なら一度は足を運んだのではないでしょうか。

197808azi009 出会いは以前書きましたが、当時、高崎線を上って来る「北陸」や東北本線の「北星」「あけぼも」が20系寝台特急ながら、急行の「天の川」「新星」「銀河」と編成も大差なく、機関車のヘッドマークも無かった時代なので、あまり寝台特急の威厳!?を感じず、やっぱり個室寝台と食堂車が連結されていないとB級特急だよなー、と勝手に区分けしていたものです。

Continue reading "20系寝台車の想い出"

| | Comments (5)

2017.01.18

駅撮りブルトレ:門司駅

半月に1回くらいはBlogを更新したいと思いつつ、模型は遅々として進んでいないので、突然お気楽なこの話題を再開(笑)。
昔の事は今の事よりもハッキリ覚えている昭和のオヤジモデラーが嬉々として語る昔話!まだ若かった頃、同じように「オヤジの昔話」を聞かされて辟易した事なんて、忘れたよ!

駅撮りブルトレを一挙“後悔”!・・・。公開じゃないんだ
1978080301022大阪や東京を中心に走っていたブルトレを効率よく撮るにはターミナルでの撮影が一番手っ取り早いとの安易な気持ちと、早朝に撮るので走ってくる車両を開放に近い露出でピントを合わせていると、ピントが合う前にあっと言う間に目の前を通過しちゃうじゃないかー、とのヘタレな理由から、ブルトレはほぼ駅撮りに徹しています。それでもボケてブレてしまったのは、単に目と腕が悪いからです。後年にオートフォーカスが装備されて本当に助かりましたが、その頃は既に撮影休止中・・・。

栄えある第1回目は、前回の「九州」を引き継いで、ヘッドマークが復活したJR化直前の1986年2月、門司駅で撮影したスナップを中心にご紹介します。なおブルトレって何?と言う方はご覧にはなっていない前提です。また、架線柱とパンタの位置が重なっていないか?とか、編成最後尾まで入っているか?とか、全く考慮していないので、そのつもりで!

Continue reading "駅撮りブルトレ:門司駅"

| | Comments (2)

2016.03.29

格下げブルトレ!?

皆さま、こんばんは。
模型製作は少々煮詰まっております。どの程度かと言うと、

(ノ`○´)ノ ┫:・’.::・┻:・’.::・おらぁ~

こんな具合です。
19820817010なので、このたびは誰もコメントを付けられないのは承知の上で、再び急行“はまなす”廃止に因んで、ブルトレのお下がりを使っていた夜行急行列車の話をします。

夜行急行列車をわざわざ「ブルトレのお下がり急行」「格下げブルトレ」と書くと「訳判らない」と言われそうですね。それもそのはず1982年以降の夜行急行は順次ブルトレスタイルになりました。しかしながら、夜行急行と言えば10系寝台車+43系座席車(稀に12系)などの一般型客車の編成が当たり前だった、今はオジサン昔は年少ブルトレファンにとっては「急行でブルトレなんて~!?」と驚いたもんです・・・(遠い目)。
まさか夜行急行=ブルトレの姿が「当たり前」になろうとは思いもしませんでしたからねぇ。

Continue reading "格下げブルトレ!?"

| | Comments (7)

2016.03.23

撮ったブルトレ

27日は午前中の仕事を終えたら「練馬」と「方南町」へ行って散財三昧!?だ~!と計画しておりましたら、夕方から仕事が入ってしまいました・・・。今年も行けません同窓会(遠い目)。

“カシオペア”と“はまなす”が走り去り、国鉄時代から連綿と続いてきた夜行寝台(特急)列車が消え去りました。残るはサンライズだけですけれど、機関車が客車を夜通し牽引して目的地へ到着する定期列車は過去の話になりました。1978win01tokyoそのうち、客車列車と言えばイベント用でしょう?と返される日が来るのでしょうね。去年“北斗星”が走り去って、ブルトレと呼ばれた青い車体の夜行寝台特急列車が消え去った訳ですが、辛うじてブルトレ世代の一端を担った身と致しましては、やはり夜行寝台客車列車が無くなるのは大きな一区切りに思えます。

まぁ結局のところ、カシオペアは1枚も撮影していない昭和なモデラーなので(大汗)、今更感も強いのですが、気ままにブルトレの想い出を振り返ってみたいと思います。そのうち「ブルトレって何!?」と言われてしまう時代が来るはずですから・・・寝。

197608x004カメラを持たない頃、20系の瀬戸や出雲を東京駅で目撃した想い出はありますが、最初に撮影したブルトレは、地元:高崎線の雄!?「北陸」でしょうか。まだ20系の頃です。我家方面午前5時に通過しますので、夏至に近い夏場で辛うじて撮影できる環境ながら、まだ露出とシャッタースピードを上手く設定できない頃ですから、散々な写真です。え゛っ何?オート??それ美味しいの???・・・そんな状態ですよ・・・。そもそも判らない方には「どこが北陸なのか?」と指摘されそうですけれど、ほら機関車の後ろは20系ですよ、スユを連結していないので天の川じゃなくて北陸です。説明しないと判らないのは辛いなー。

1978sum121978sum14

とにかく、わざわざ始発電車に乗って、上野駅や東京駅で続々と到着するブルートレインを嬉々として撮影し、その出来がこんなものでも、自分では納得していた小僧の頃が妙に腹立たしい!?初ブルトレ乗車の安芸を始め、機会があれば乗車したブルトレですが、 撮影と言えば、もっぱら駅撮りで済ませてしまい、走りを撮った記憶と言えば、以前書いた北陸あけぼの日本海以外は走行距離の長かった九州方面ブルトレしかありません。

と、言う事で自分としては地元以外では超珍しい「走り」の写真を並べてみます。

Continue reading "撮ったブルトレ"

| | Comments (8)

2016.01.09

EF80の事

197608xueno016なぜ急にハチマルなのか?は、さておいて。

関東圏に縁の無い皆さまや、関東でも上野以南にお住まいの皆さまには、あまり馴染みの無い形式かもしれません。或いは“つくば万博”の時にご覧になったかもしれません。もちろん地元:高崎線へは入線してません。しかし昔々、大宮や上野でカメラを構えていた小僧にとっては、どうしても外せない機関車でした。主な活躍場所は常磐線沿線ながらも、ブルトレ「ゆうづる」を東大宮まで回送させる運用を持っていた事から、意外と目にする機会の多かった機関車でした。
いつ頃の話か?と言えば、昭和51年(1976)~55年(1980)くらいなので、かれこれ40年近く前ですね。

197508xxef80bその当時、上野駅で見られた電気機関車は、たまにEF15[東]も走ってきましたけれど主としてEF58 EF62 EF65-1000 EF80、と形式数だけでみれば4形式に過ぎません。範囲を大宮~上野に広げて見ても、EF15とEF81が加わる程度で、既にEF10・12・13・56・57は見られませんでした。後にEF60やEF64-1000も加わります。

茶色や青色を纏った機関車が多かった中、交直両用機で車体色も「赤」!と言うか退色したピンクは目立った存在、老朽化が悪目立ちした色合い!?で良くも悪くも印象深い存在だったのがEF80でした。

Continue reading "EF80の事"

| | Comments (6)

2015.03.29

或る日の東京機関区

どーも、どーも、チョッといろいろと用事が立て込んでいまして、模型は放置状態です。今日のスワップミート同窓会も都合がつきません。
先日仕事で不動前へ行く用事がありまして、初めて上野~東京ラインに乗って品川まで行きました。話には聞いていましたけれど、

東京機関区跡は何も残っていないのですね(激驚)

まさに“ ゆめのあと ”ですな。
しかも品川客車区は言うに及ばず田町電車区も無くなってしまったのでしょうか?(表現が古いのは今の名称を知らないだけです)。品川駅へ到着する直前に電留線があって、常磐線の車両がサンライズと並んで止まっているのも・・・新鮮でした!?

198403092004普段は東海道線を利用する機会がありませんけれど、大昔は年に何回か利用する機会がありました。東京を出て浜松町を横目に見ながら、ググッと左手にカーブして東京機関区の脇を通るたびに、窓にへばりついていたような記憶が残っています。
かつて1度だけ、EF58末期の荷物列車を撮りに行った時に、電車の窓から東京機関区をスナップした事がありましたので、そのスナップ写真を並べて、かつての東京機関区を偲んでみたいと思います。
因みに、
窓を開けて撮っていますが、何せ一気に通過してしまいますのでブレブレです。(汗)

Continue reading "或る日の東京機関区"

| | Comments (6)