2018.02.20

山交モハ4:生地完か

(ノ`○´)ノ ┫:・’.::・┻:・’.::・おらっ~

00076337 と、前回ちゃぶ台返して終わった、マスターピースの川造タイプEキットを使って、山形交通モハ4を作る3回目です。
いよいよ生地完成となりました。と書きつつ足回り、特に罪庫してあったフクシマ製ギアBOXが行方不明なので、完全なる生地完成とは言い難いかもしれません。

MW運輸工業自走客車以来の手の掛けようです。せっかくの同梱付属パーツも、ほとんど使わず勿体無いおばけが出てきそうな按配ながら、交換・自作含めて納得の行くまで手を掛けましたので愛着もひとしおですね。実車との大きな違いは、ランボード、ドアステップ、パンタ碍子支持位置、床下機器の配置(一部)です。パーツを優先しました。

 何だっ、結局は“タイプ”じゃないか!?

と言われても仕方がありません。きっちり最後まで詰めないルーズな性格がでますねぇ。果たして、生地完成状態で山形交通のモハ4に見えるでしょうか? 

Continue reading "山交モハ4:生地完か"

| | Comments (4)

2018.02.16

続、山交モハ4

2月も16日になりました。先週また風邪をひきまして1週間ほど寝込んでおりました。年々弱くなる気がします。インフルでは無かったのが幸いです。その所為もあって模型はあまり進みませんでした。

00076173 マスターピースの川造キットのタイプEを山形交通モハ4に仕上げる話の続きです。おでこのカーブが気に入らなかったので納得の行くまでヤスリで仕上げ、後は細々したパーツを付ければ徐々に終わりに近づくのですが、付属パーツが今一つの出来なので手持ちの各社パーツと交換しながら進めています。またローカル私鉄車両の常として、市販パーツの形態がそのままピッタリ合う訳ではありませんし、資料写真(主としてWeb上)でも細部まで判らないので、その辺りの擦り合わせを如何に自分自身納得するかに時間を取られています(苦笑)。

Continue reading "続、山交モハ4"

| | Comments (2)

2018.02.03

山交のモハ4

00076038 久々にAmazonで本を買いました。撫順電鉄と定山渓鉄道の2冊です。撫順炭鉱のジテを初めて知ったのは鉄道ファン誌だったかもしれませんが、随分と前に修さんのブログでジテを拝見していらい気になっていた存在でした。小冊子ながらジテを中心とした車両の変遷がよく判りました。(図面はありません。)
 定山渓鉄道は渾身の1冊かと感じます。航空写真に昔の構内配線図を重ねたり、今と昔の風景写真を並べたり、形式図と車両写真をまとめたり、最近よくあるような懐かしい鉄道をまとめた本よりも、詳細に丁寧に定山渓鉄道をまとめています。

さて我家には山形交通の高畠線をイメージした模型車両が4両あります。
00075984

00075967 左からED2タイプ、クハ1タイプ、モハ2タイプ、モハ1タイプ。最近の「実車を忠実に模型化する風潮」からすれば、なんだ全てタイプじゃないか!?所詮は自由形の寄せ集めかっ と言われてしまいそうな単なる雰囲気重視の模型です。
 何故に山形交通に惹かれたのか、はこの辺にちょこっと書いたので省略すると致しまして、我が青春のバイブルがこの写真集“山形の私鉄電車”です。既に発売(1976年頃)より数年経った自身中学生だった当時、版元へ問い合わせて取り寄せました。写真の多くはRMLと重なっていますし、今であればWebで検索すれば多くの情報を得られますが、35年以上前の話なので手間隙掛けてようやく手にした写真集は宝物でした。後年になって書泉グランデの書架でこの写真集を見かけた時には複雑な想いがしましたが・・・。
 で、残るはモハ3・モハ4・ED1を作れば、とりあえずのオールスターキャストになる訳ですよ。

Continue reading "山交のモハ4"

| | Comments (6)

2012.04.27

ED20完成

00045034早めに仕事を終えて、急いで出かけても、現地到着予定時刻が15:30ってどういう事なの!
そんな理由で今年の模型市へは行けそうにありません・・・。嗚呼せめて閉場16:30だったらなぁ(遠い目)

さて、AOBA MODELのED20は、窓ガラスを入れ、ナンバーを貼り、組付けをして、めでたく完成しました。う~ん、今年になってようやく1両完成とは・・・(唖然)。ちょっとサボり過ぎだな
Blogネタの為に模型を作ったり、義務的にノルマを設けて模型を作ったり、そんなスタンスを批判する意見もあるでしょうが、自分にはそれ位がちょうど合っています(爆)。偶然にも『RMM』の“ちょっとだけハンダ漬け”コーナーもED20を始めたそうですので、今後は読むのが楽しみですね。

Continue reading "ED20完成"

| | Comments (8)

2012.04.18

ED20塗装

本来であれば正式なイベント報告をUPできたはずだったのですが、先週から微妙に崩していた体調を土曜日に一気に悪化させまして、楽しみにしていたオフ会は中止せざるを得ませんでした(残念)。
それでも仕事は休めませんので京都へ行っていました。
00044807

レールが写っている写真はコレだけ(笑)。大声でおしゃべりしていたおばちゃん達の会話:「昔はここを汽車が走っていたそうよ・・・」
いゃ違うだろぉ~ 。<琵琶湖疎水のインクライン>

00044806南禅寺の山門辺りから既にポツポツと降っていたので、慌てて蹴上駅へ駆け込む際にスナップした為に、アングルも何も考えなかったけれど、かつての京津線は、この坂を一気に登っていたのでしょうか?(驚)。その勇士を1度見たかったです・・・(参考:津島軽便堂写真館さま)。

思いの外、早めに用事が済み、体調も良くなった気がしたからと言って、永観堂を経由してココまで、慣れない革靴で歩いたのは大間違いでした←全く後先を考えない人。自業自得ながら、今日も頭痛と鼻水が・・・。皆様、体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて本題

Continue reading "ED20塗装"

| | Comments (5)

2011.12.19

よっしゃ、生地完!

連日で申し訳ありません
AOBA MODELのED20がようやく生地完成になりました
00042919加工箇所はご覧の通りです。パンタ碍子はフクシマ超小型碍子を使う予定でしたが、悔しい事に罪庫ストック切れでしたorz。今となっては新規に購入できる望みはほぼ断たれましたので、少し大きめの1mm径を流用予定です(号泣)。
いまだに!デカイ1,2mm径碍子が標準仕様の模型界に物申す~~~
基本的には素組みですね。いろいろと考えた結果、ED201を基本にしながら、あの湾曲した雨樋だけは、どーも頂けないので、ED203のディテールも併せて追加したコラボ車両にしました(笑)。ED201って晩年は縦樋を外して(※1)いたのですねぇ

Continue reading "よっしゃ、生地完!"

| | Comments (8)

2011.12.17

ED20生地完?

ほほぉう、大宮の限定品は“別海のモーターカー”ですか!?(^^;。24日まで残っていてほしいなぁ。通販で注文していたレールも無事に届きましたし、待望の浜中2日目も完結したらしい(謎)ので、簡易軌道に戻りたいのですが、このままでは「仕掛品を増やすだけじゃ~」って事で、がんばって生地完成まで持って行きました。

ただ修正点も多いので、素直に“即!塗装”とは行きません。
00042864前回の追記でも書きました通り、車体は雨樋と縦樋と手すりを追加しました。問題の標識灯掛けはパーツを買いに行く暇がありませんので、帯板から自作し、懸案の動力は構造上とりあえずパワトラを履かせました。パンタは記念撮影用に他の車両から仮に引っ張ってきました(苦笑)。
塗装を考慮して、デッキの柵と1本棒の手すりは、仮に嵌め込んであるだけです。塗装直前にもう少しユルユルの穴になるようにしておかないと、塗装後に付けられません(^^;。ヘッドライトも仮に差し込んであるだけです。
ロスト製の手すりやワイパーは、ハンダ付け中に掴んだり、歯ブラシで洗ったり、その度に曲がってしまいまして、少々修正し切れません。ディティールが豊富なのは見ていてワクワクするパーツですが、良し悪しですねぇ。そうそう、写真を見ているとステップも意外に斜めに付いてしまっているのが一目瞭然です。

0004287100042872

細倉方の台車枠が曲がってしまいました(激汗)。要修正です!
指定では、パワトラ付属の“U字切り欠き付きボルスター”が指定されていましたが、なぜか?どうしてか?微妙に幅が広くて、台車内に入らなかったので、短い方(たぶんカツミ/エンドウ系用)をU字に切り欠いて収めました。ハンダ付けした時に水平をキッチリ合わせなかったら、思いっきり曲がりましたねぇ・・・

やはり実車の“グッと小さい感”はスポイルされています。それは仕方が無い話でしょうか。パワトラ使用、パンタも市販品流用、寸法もアレンジが効いている訳ですので、あまり実車のディテールを追いかけるのも、少々問題かもしれません。
省略美こそ模型の美点!!!のはず・・・・・・・・・・・・

Continue reading "ED20生地完?"

| | Comments (4)

2011.12.14

栗鉄ED20を組む

う~ん、クリスマスイブイブは狙い済ましたように仕事が入りましたorz。日頃の悪行の為せる業でしょうか
それにしても、少しカテゴリーを再考しないと、実情に合わないばかりか、過去記事が何処にあるのか判らなくなると思う今日この頃、篠原の直線組線路とジョイナーを通販で注文中なので、アクラスのパンタを直しながら、荷物が届くまでに出来る車両は何だろうか?と考えていたら、198709295sa
ふと思い浮かびまして「AOBA MODELのED20」の箱を開けました。

でっかいパンタは、コイツに使い回しが出来るのではないか?ってネ
(実際には形が全然違ったので使いまわしは無理でした:汗)

00042835おぉ!ロストごろごろ~!!
ただし、表面の研磨はリベットを削ってしまう恐れもありますので、程々で止めておきました(笑)。
栗鉄ED20については強い想い入れがありますけれど、せっかくメーカーさんが「誰でも組み易く、気軽に」と言うコンセプトでキット化したのですから、少しディテールアップする程度の気持ちを持って組み始めました。(じつに言い訳がましいゾ・・・汗)

Continue reading "栗鉄ED20を組む"

| | Comments (9)

2011.11.24

今月の模型誌

皮肉な事に、いま『とれいん』がおもしろい。
読んでいておもしろく感じると書いた方が正確でしょうか。『TMS』はガチな工作記事誌、『RMM』はN専門誌、対して『とれいん』は痒いところに手が届くヒント情報誌、とまとめると苦情殺到するかもしれませんが、個人的には今そんな印象を持っています。

00042382そんな訳で、今月号の『TMS』と『とれいん』の両誌を買ってきました。先月号の『とれいん』は鉄模連ショウで買いましたので珍しく2ヶ月続けての購入です。TMSの先月号は買い逃したままになっていましたので、併せて買ってきました(^^;。既に時機を逸していますので「女房にしたいレイアウト評」は止めておきます(苦笑)。ただ1つ!「関西合運」でTMSにも雪ジオラマ出ていたのですね。
よし、これで3誌掲載だ~(但し献本はナシ)。
もしかして、来年も強制的にお立ち台を送りつけるお渡しすれば3誌掲載?

書評はしません(笑)。その代わり『とれいん』に掲載されていた、庄内交通湯野浜線モハ7&モハ8の話を懐かしい気持ちで読ませて戴きましたので、それについて、少々書きたいと思います。残念ながら、自分が鉄に目覚めた頃と相前後して廃止になった鉄道ですので、実車に乗車した訳ではありません。

Continue reading "今月の模型誌"

| | Comments (6)

2011.11.12

今日の工作

黒石病とか鉄コレ下電とか協三プロジェクトなど模型の楽しそうな話題や、写真サイトの地方私鉄の貴重で生き生きした姿を、毎日のようにモニター越しに拝見しています。常盤産業って初めて知りました!
そこで、フト我に返ると・・・、軽便祭/上洛以降はあまり工作をしていないような気がします(汗)。オハ35にパーツを付けた程度かな?

19910513031時間はある!けれど、ヤル気が無い!などと騒いでいるとアッと言う間に年末が来てしまいそうで、何か少しでも手を動かさないと始まらない!?と書きつつ・・・無為な日々を過ごしている今日この頃。

それではダメだぁぁぁ~

と言う事で、買って来たままになっていた車両に、パーツを付けたり、インレタを貼ったり、ナンバーを付けたり、ジャンルを問わず、それこそ1日数分で終わりそうな簡単な作業を始めています。しかし、そんな細かな仕上げを放っておいた車両が多いことに今更ながら気づきましたね(苦笑)。

Continue reading "今日の工作"

| | Comments (9)