2019.10.25

新 戻れない道計画、その5

 TMS買いました。あれぇ、TMSは軽便祭へ取材に来ていたんだ!?

編集長がチラ見してスルーされたのは見かけましたが、取材陣とはRMMだけしか出会わなかったので、“TMS”にしても“とれいん”にしても取材していた事さえも全く気がつきませんでした。旧作品ながら載せて貰えたRMM誌には改めて御礼申しげます(献本も戴きました)。そのTMSの林鉄に関する考察記事を読みました。車両工作と同様に上手く自分なりに消化して作れば宜しいとは判っている反面、いろいろと知ってしまったからには適当に省略できない怖さも残ります。また表紙にもなっている16番レイアウトも興味深く、潔く単純化した本線プランにも目を見張りますし、長年に亘って作り貯めてきたと記されたシーナリィー&ストラクチャーの話には頭が下がります。

20191026

 さて、自分はいったい何をしたいんだ?何を作りたいんだ?と自問自答して先送りして⁉早幾年。いよいよ機は熟したとばかりJM(13㎜)で線路敷設しようと方向性が見えた矢先の篠原ショック。今後はレール入手不可能との深手を負って、抜本的な見直しをせざるを得なくなった戻れない計画です。嘆いていても始まらないのは火を見るよりも明らかですし、このまま手をこまねいていても、たぶんレイアウトは一生完成しませんので、とりあえずは前に進みましょう。振り返れば壊したのが2008年ですから

 

空白の12年 

 

しかも冷静に考えると、戻れない道計画と称して車両を動かした最後は2015年

 

4年以上も動かしていない! 

00049808

あははっ・・・(激汗)、レイアウトを持つ必要ないんじゃないかな?これって車両を飾って撮影するだけのセクション(=お立ち台)を作れば充分な気もしてきました。何と言うか自分はナロー以外は全てディスプレーモデルで揃えても構わないかもしれません(極論)。

 

Continue reading "新 戻れない道計画、その5"

| | Comments (4)

2015.04.30

今月の小細工

早くも4月が終わりました。
相変わらずイベントへは都合がつかずに出かけられません(苦笑)。
モデルワークスさん、ナローへ進出ですって!?
近鉄特殊狭軌よりも、むしろ、Oナローサイズで井笠・尾小屋・駿遠線などの非電化ナロー方が面白そうに思えます。何せ軽便親父は目が遠くなって小さいモノは見えません(悲)。
トーマさんシェイ再生産分〆切ですか!?
さすがに早いなぁ~。今度はチャンと予約できました(嬉)。・・・その前に仕掛品を何とかしないといけません・・・。

さて前回、レイアウトの目的を改めて振り返った時、解体に至った原因は「国鉄車両を動かしたかった」が為であった事を想い出しまして(←忘れてた!?)、レイアウト側と車両側の両方に手を加えているところです。
Plan20150430その前に少々お遊びを。

もしもレイアウトサイズが3600×1200/1350になったとしたら?とプランを描いて遊んでいました(だから工作が進まないんじゃないか!?)。
左奥(左上)から手前(左下)へかけてのR1200とR2400のSカーブがビューポイントです。ヤードゾーンは客車や貨車を並べても好いし、いろいろな貨物側線を作っても面白そうです。機関区ゾーンにはターンテーブルと扇形庫を並べたいですね。でもコレでは、駅へ列車を据えつける為には本線へ出ないといけませんし、ビューポイントを考えると反時計回りに動かすので、入換が煩雑になりそうな予感がします。またサイズが大きいので、真ん中にピットを作らないと全てに手が届きませんし、長手方向は単純に倍ですが、エンドレス内に駅を作ってヤード代わりの側線をたくさん並べると、20m級4両程度しか止められません(唖然)。幅も1200に収めるとR550が限界でした(愕然)。最急R550と考えると複線を作る場合は最低でも幅1350mmは欲しいです。こりゃぁ意外に手強いです。
長くなった分、いろいろと詰め込めるのでは?と欲望が膨らんで、余計に難しいですね。

現実に戻れば、元々そんなスペースはありませんから、地道に今のスペース内で工作を続けたいと思います。進めていたのは以下の2つ。
■ レイアウトの勾配を一部2%に変更しました。
■ 車両の連結器をIMONのISカプラーに交換しました。

Continue reading "今月の小細工"

| | Comments (5)

2015.04.21

レイアウトの目的を振り返る

ここ数ヶ月は忙しくて買い物にも行けず模型制作もままならない状態でしたが、何とか少しだけ気持ちの余裕も出て参りましたので、Youtubeの井笠やら片上やらの動画を毎夜眺めて疲れた頭を癒しています。そんな状態ですのでトーマさんのシェイは見事に逃しました(苦笑)。今月末に奥を覗けば何台も出るでしょうが、今のところ焦っても罪庫にしかなりません。(4/22追記)と、書きつつ再生産案内に惹かれて6月発売分を予約してしまいました:大汗

そー言えばKATO旧国(Nゲージ)の次回作は流電ですって!? いよいよオヤジホイホイの誘惑に負けてしまいそうです。(負けるが勝ち!違)
TOMIXは581/583系再生産ですって!? 前回販売分でさえ箱に入れたままになっているので華麗にスルーです。
MWは歌登自走客車の再生産ですって!? (同上)・・・正面窓の大きさ違うし・・・。
久々にNGDCCさんのサイトを見たら、DF50やキハ80系のサウンドデコーダーも発売されたのですね(嬉)。

さて、レイアウトの目的を振り返る話
ゆうえんさんのBlogに影響を受けて、立ち止まったままのレイアウト製作を振り返ると共に、目指す方向について再考してみました。まず、このたびのレイアウト製作に於いて一貫している流れと言えば、

欲望の赴くままに!

だめじゃ~ん。
いろいろと試してみたいお年頃・・・などと悠長に構えていると、この先も完成させるのは困難です。
200003010振り返ってみると、先の←庶内鉄道は非電化地方私鉄限定のレイアウトでした。
なぜ、非電化地方私鉄だったのか?と言えば、あの当時は「国鉄/JR本線系」はNゲージ、「地方私鉄」は16番、と自分の中で住み分けができていました。
住み分けができた理由は明白です。
現在はありとあらゆる車両が発売されているNゲージ界ですが、ホンの10数年前ーーあれ?1995年だから既に20年前か!?(愕然)ーーは、まだ地方私鉄に使えそうな完成品は見当たらなかった上に、16番なら私鉄系に使えそうな罪庫をたくさん持っていたからに他なりません。
そうは言いながら、最初に据えたのは「北海道運炭私鉄」のレイアウトでしたから、結果としては少しズレが生じています。

Continue reading "レイアウトの目的を振り返る"

| | Comments (12)

2015.02.22

新:戻れない道計画、その4

やはり真夜中に文章を書くと碌な話が書けません。北斗星の話は読み返しても面白くないので消しました(爆)。

1980002x013暑くなるとハンダコテさえ見るのも嫌になるので、この寒い時期にこそハンダ付け工作をしなければ、いつするの?
と言う割には、いまだにハンダコテのスイッチを入れていません(ダメダメ)。
冬と言えば、特急「新雪」(特に意味なし)。

表題の通り、新:戻れない道計画を進めています。このたびは()禁断の「路盤敷き変え」であります。こう度々プランを変更すると、せっかくのサブテレインも単なる不燃ゴミと成り果てますorz。思えば、新計画は()欲望の赴くままにスタートしましたので、途中で気が変わってプラン変更になるのは、仕方が無いと言えば、仕方がありません。

変えたのはこちらっ

Continue reading "新:戻れない道計画、その4"

| | Comments (2)

2015.02.13

新:戻れない道計画3

1984031440222月も半分過ぎようとしています。去年の今頃は大雪で60cmほど積もりました。慣れない雪道の運転に難儀しましたねー。翌日は車を出す為にひたすら雪かきでした。近所では車庫の屋根が潰されたし、道路は雪の山だし、約束の時間に間に合わなくなるかとヒヤヒヤしましたねぇ。幸いにして今年は心配なさそうです。

19800725d041そうそう、磐越西線の客車列車編成を忘れないうちに書き残しておこうと思ったら、かなり前にちょろっと書いてありました。

さて、そろそろハンダ付け工作をしようと思いつつ、ナゼかレイアウトをいじっています。

レイアウトプランは、偽スイッチバックのグルグルレイアウトが意外な程に楽しめましたので、当面はこのプランで進めて行きますが、チョッとナローと16番本線の高低差が有りすぎて、如何せんまとめるべき風景が見えません。ナローのクロッシング部分の処理も良さそうな処理が浮かびませんし、使用したTOMIXのレールも無電区間が長いので、ホイールベースの短い車両は集電が不安定です。

さて、どうしようか?と頭を抱えること数ヶ月・・・。

Continue reading "新:戻れない道計画3"

| | Comments (5)

2014.12.01

登坂テスト

塗装変更になった北勢線の3連接車を撮りに行きたいと思いつつ、なかなか出かける時間が取れません(汗)。年内は無理ですねぇ(残念)。その代わり「大宮イベント」へは21日(日)に足を運ぶつもりです。

さて、設計値3%のグルグルレイアウトで遊んでいる最中です。
00061229しかし設計値と現実とは大幅に乖離しておりまして、当初、機関車は重連にすれば楽勝~と気楽に構えていましたら、かなり負荷が掛かっています。いったい本当は何パーセント勾配なのでしょうか?
むしろ、あまり牽かないであろうと踏んだブラス機関車は、単機でスイスイとまではいきませんが、這うようにして坂を登ってくれました。それでも機関車はブラスもプラも何とか動かせましたが、1990年代に揃えた、非力なCN16で片台車駆動のエンドウ製気動車は、勾配線区でエンジンダウンしたDMF17同様、坂を登れませんでした。00061247この非力な雰囲気が実車同様で好きだったのですが・・・。モーター交換を考えなければなりません。
また、1M3Tや1M2Tのプラ完電車は軒並み「登坂不可能」で空転するばかりです。辛うじて2M4T(→)ならば登ってくれますので、短編成にするならばウエイトを積み増しするしか無さそうです。エンドウのブラス電車も1M3Tでは厳しいですね。実車並みに2Mにしないといけません。でもブラス電車のモーター追加加工は、プラ完にモーターライズするよりも何倍も楽です(苦笑)。

・・・しかしながら、これじゃぁいかんだろう。

Continue reading "登坂テスト"

| | Comments (3)

2014.11.27

新:戻れない道計画.2

トーマさんの13tシェイプロジェクトは楽しみですね~。
今月も既に月末です。本を買いました。
00061214『特撰森林鉄道情景』は、この著者名なら間違いは無いであろうと踏んでジャケ買いです(笑)。『TMS』は毎回楽しみにしている出雲崎電気鉄道の新作です。コンペの発表もあったのですね。『追憶・西関東の鉄道貨物輸送』はようやく手に入りました(嬉)。インスピレーションをいただいております。

さて、新:戻れない道計画ですが、現在思うに任せて“迷走中”です。
ほぼ前回のプラン通りにレールを敷いた後に、フト思いつきまして、以前から試してみたいと思っていた「 欲望 」を実践してみました。

Continue reading "新:戻れない道計画.2"

| | Comments (4)

2014.11.18

新:戻れない道計画:1

ようやく、先月末から続いた多忙期間を抜け出しました。
ハンダ付けの恋しい季節になりましたね。でもナゼかこの話題、久々に、戻れない道計画!

相変わらず迷走を続けている16番レイアウト製作ながら、そのコンセプトは「欲望の赴くままに!(笑)」です。
エンドウの157系を購入して、欲望と言う名の複線化を果たしたのは一昨年の事。それ以来少しずつ手を加えてきたものの、大方のシーナリィーは、ほぼ手付かずの休止状態でした。それもそのはず、当初思い描いていた風景とかけ離れたレイアウト、一言で言えば「作るべき風景が見えない」レイアウトになっていました。
反面、プラ完国鉄車両はかなり増えました(笑)。普段する事と言えば、買った車両の試走をさせて眺める程度です。インレタ貼りも付属パーツ付けもせずに再び箱に収めて棚に積んでおしまい。折角の複線化も、何か頭打ち状態になっているのは否めません。
ありゃっ?コレってNゲージを嗜んでいた晩年と同じじゃないかな??
あれれっ?完全に煮詰まっちゃったな。

そんな訳で、祭でレイアウト製作をした余勢を駆って、大幅に軌道修正!欲望に任せて大鉈を振るいました。

Continue reading "新:戻れない道計画:1"

| | Comments (6)

2014.04.30

戻れない道計画:19-2

年度初めのバタバタも何とか終わった今日この頃、模型作りの資料確認と称して、毎晩Youtubeを見入ってしまって模型製作は進んでいません(笑)。
昨日29日は浜松町で鉄道模型市でしたね。例によって都合が合わず見送りましたけれど、アルモデルさんの加藤25tDL(1/80:16番)とか、トーマモデルさんの着色済み給水塔とか、気になります。特に着色済み石膏の3Dプリンター製品って興味をそそりますよ。ただし仮に、給水塔を買っても我が家では使う宛が無いので、現状では宝の持ち腐れならぬ猫に小判です・・・(撃沈)。何れは、石積みトンネルポータルやら玉石垣なんかも製品化される事を期待しています。

00057481さて、いっその事「迷い道計画」と改称したいほど迷走を続けている「戻れない道計画」の現状報告です。気分としては、進み具合が”前回と併せて1回分”なので意味も無く題名を刻んでいます。(^^;
随分前に色を塗ったガーダーを並べてみました。・・・ゴミだらけでスイマセン。(激汗)
細々した部分は地味に進んではいるものの、相変わらず写真でお披露目しても、ほとんど変化は判りません。同じ部分を気に入るまで何度も何度も作り直していると書いた方が正確でしょうか。不満の残る部分を1つ1つ潰している状態です。かつてのバイタリティーは何処へやら、まるで工程そのものが終わりの見えない・・・エンドレス!?(謎)

Continue reading "戻れない道計画:19-2"

| | Comments (2)

2014.04.16

戻れない道計画:19

まずは今週の雑談。
00057423■ 待ってましたっ!奥山客車も山奥客車も買いたいと思います。 ←コメント書けない小心者でごめんなさい。
▼ CSからターンテーブル発売!?
今度は直径5cmだそうで、詳細はさかつうやIMONのサイトで知りました。同様に先に発売された駅舎の中に入れる売店も発売されたとアートプロのサイトで知りました。なぜメーカー公式サイトで案内していないのでしょうか?(謎)。

■ 先日、天プラEF53・EF56・EF59の予約案内メールを貰いました。EF53はもちろんのこと、EF56も間に合わなかった(=実車を見られなかった)ので、今ひとつ購入意欲は薄いものの020a_2EF59は、撮りに行く計画を立てながらも行かなかった、少々悔いの残る車両でした。Youtubeのセノハチ動画を見ていると、さすがに本線の貨物列車だけあって長編成ですねぇ。しかもEF59が補機として押し上げるのは、その中でも特に重量級の貨物列車ばかりですから、EF65-0に牽引された貨車の両数を数えてみたら、単車・ボギー車混ぜこぜで40両以上、コンテナ専用でも20両です。EF66でさえ、一般貨物牽引に補機が付いています(驚)。もしも、これを模型で再現したいとなると、狭小スペースの"戻れない道レイアウト”ではエンドレス上は車両でいっぱいになりそうです。そこまで実物に忠実に、毒されなくとも良いのでしょうが、199009101010以前、山中越えのDD50+D51+貨車+D51の1000t貨物に魅かれた時も、中古のD51を探している最中に、同じ事を考えて思い止まったような気がします・・・。どうも模型として考えると、長編成の貨車を押し上げる「後部補機」のイメージが鬼門!
その点、前部重連の清水峠越えのEF16+EF15なら・・・。否!!!そんなもん似たり寄ったりなんだから、いちいち考えていたら自室で動かせん~~

と、まぁ悩みに悩んでいる真っ只中でございます。でも「重連」とか「後部補機」とか「峠越え」って魅力的な響きですねぇ。

さて、車両を動かすからには、動かす場所を整えないと始まりません。

Continue reading "戻れない道計画:19"

| | Comments (11)