« 高シマの165系 | Main | スハニ64を作る »

2020.11.20

キハ28の800番台

 昔々に撮影した写真を改めて眺めていると、新たな事に気が付く場合があります。このたびの話はこれです。

19800725018z

以前も載せた、1980年7月に会津若松機関区にて撮影した只見線で使われていたキハ55を先頭にした気動車編成です。因みに先頭のキハ55は146番。雨樋の赤帯が省略されている車両です。何気なくこの写真を見ていたところ、或る事に気がつきました。

後ろのキハ28は800番台じゃね?

 

800番台は修学旅行専用に作られたキハ28/58の車両で、洗面所窓の高さが一般型よりも高い位置にありますので、編成でも側面の様子が写っていれば意外と違いが判ります。遠い記憶を辿ってみると「修学旅行色」だった記憶はありません。仮に修学旅行色だったら珍しがって撮影したと思いますし多少なりとも記憶に残っている筈です。修学旅行色から一般色への塗り替えが始まったのは1978年ですから、撮影年の1980年には既に全車輛が塗り替えられた後だったと考えられます。

1984031606016

800番台と気がついたのは2020年になった今なので、残念ながらこのキハ28のお面の写真も側面からの写真も撮っていません。更に当時のキハ28/58と言えば「どこへ行っても何時でも見られる車両」な上に、前回・前々回の話の165系や455系と同様かそれ以上に貴重なフィルムを消費する気にもなれない車両でした。そんな「空気の様な当たり前の存在」だったキハ28/58も改めて探してみると、各車両を詳細に調査した驚くべきWebサイトが見つかりまして全く頭の下がる思いが致します。

 さて当時の会津若松と言うよりも仙コリには、キハ58とキハ28を合わせて6両の800番台が配置されていました。キハ28は811・812・813の3両です。ありがたい事に前述のサイトでは調査に基づいた緻密なイラストも載っていましたので模型化の参考に眺めていたところ、屋根上の通風器が押込み形ではなく東海形(正確には冷房改造車の片流れタイプ)に交換されていた車両もあるそうで、特にキハ28-811は右側全てが東海形通風器だったとの記述を読んで大変驚きました。

そこで写真を超拡大してみると、

Kiha28800d

19800725018kiha28811

おやっ?

偶然にも反対側からも写っている写真が見つかりました。

19800725a031

19800725a031kiha28811

おややっ?

前と後ろの通風器が押込み形から東海形に交換されているではないですか!?

果たしてこれはキハ28の何番でしょうか?拡大した写真を眺めても車番までは読めませんでした。前述サイトに拠れば811は右側全てが東海形に交換され、812は全てオリジナルの押込み形、813は調査できなかったそうですから、キハ28-812の通風器が交換された可能性も捨てきれないものの、ここに写っているこの車両はキハ28-813であろうと都合よく自分勝手に考える事にしました。

 

 以上の事を踏まえた上で、模型の話に移りましょう。2020年夏に発売されたばかりのエンドウのキハ28-800番台を仮定キハ28-813として軽加工(通風器の交換が主)を施しました。修学旅行色のままなので設定としては1978年以前となるものの、もしかしたら自分が全く覚えていないだけで、1980年のその時も塗り替え前だったのかもしれないと言う「希望的」な仕様です。

0385 0394

0383 0388

基本的に新たに購入した追加パーツは片流れ東海形通風器(工房ひろE-015WM)だけですが、手持ちのエンドウ複線用スノウプロウと広幅ステップとデフロスタ、エコーモデルの洗面所流し管とワイパー、フジモデル客車用ステップを追加しました。赤いATSマークインレタは手持ち在庫が無かったので一旦中断。乗降ドアのタブレット保護棒(網)は811も812も窓ガラス部分だけを覆うようなパーツには無い形をしておりますので今回は見送ります。また同様におでこの架線注意の標記は無いらしいので仮定813もこれに準じました。

Kiha55260b Kihayuni2654

実際に標記の無い車両もありましたので間違いではなさそうです。

 

0387

自動ドアや床下機器の標記インレタも欲しくなりますし、形の違う床下機器を交換したり目立つ配管を加えたり、ドアゴムの色差しや墨入れなどまだまだ楽しめる部分は残っていそうです。プレス表現のサボ受けや省略されたドア表示灯など気になる部分も多々あるものの、ブラス完成品加工の場合は絶対に車体の塗装を剥がさない加工を心掛けています。剥がしたら最後!完成は遠のきます(爆)。

|

« 高シマの165系 | Main | スハニ64を作る »

Comments

58系の800番代・・・
有りましたよね~
こんなのまで持って居られたのですね!

あまりちゃんと写真を撮った記憶が無いのですが、鶯谷ので走行中のカットを1つだけ見つけたぐらいです。1978年のキハ58810でした。乗ったことも有るよう気がするのですが、記憶も記録も怪しいです。テーブルをバタバタさせて遊んだ気もするのですが、それが気動車だったのか電車だったのか??? 見たとしたら、1978年頃の旅行中でしょうね。

Posted by: 廣瀬 | 2020.11.22 02:08

廣瀬さん、こんばんは。コメントをありがとうございます。
この会津若松機関区の見学時に先輩から「修学旅行用の車両がいる」と言われて、辺りを見渡して155系を探した記憶が蘇ってきました。当時の知識はこんな程度です。(^^;

撮影なさったキハ58-810は山形の車両ですので、上野発の「いいで・ざおう」でしょうね。貴重な記録です。

Posted by: みのる | 2020.11.22 21:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高シマの165系 | Main | スハニ64を作る »