« 96の日 | Main | 面白かったエア軽便祭 »

2020.09.18

エア軽便祭を勝手に応援

 新形コロナウイルスの影響を受けて、今年の軽便鉄道模型祭はツイッター上で行われるエア軽便祭となります。ナローどっぷりのベテランからナローを始めたばかりのビギナーまで、普段なら都合が合わずに眺めるだけだった方も今年に限っては気軽に参加できる催し物となるのではないでしょうか?模型ばかりでなく実物写真での参加を始め蔵書の紹介でも参加が可能なばかりか、過去の軽便祭での印象的だった作品の写真でも参加できるそうです。参加要項はこちらを参照。

Dsc00859

と言う事で、わざわざツイッターアカウントを新たに取得するほど模型が進んでいない現状の当方と致しましても、何か後押しがしたくて“勝手に応援団”としてブログを書いています。※ブログでの参加は対象外です。

Dsc00876

(2枚とも長船ドライブインにて)

 

 何しろ模型製作は頓挫したままですので、過去に撮った軽便鉄道の写真を載せてみましょう。まずは下津井電鉄繋がりで東下津井駅に進入する最新鋭軽便電車メリーベル号です(1990年)。

199011191030

祭当日に車両写真を貼る方もいらっしゃるでしょうから、敢えて鄙びた駅舎との対比がシュールな1枚を選びました。なお当方はメリーベル号推しですので当時は面白がって撮っていました。

 

 次は少し一般受けしそうな近鉄ナロー北勢線(現三岐鉄道)から。

199011203027

モ220の最終期に4連となっていた姿です(1990年)。この時は阿下喜までの運用に入っているとは思わずに北大社(当時)の手前で待っていたところ、なかなか戻って来ませんでした。確か翌月のRMに運用表が載っていたのを読んでガックリと来たものの、再訪は叶わなかったので結果的には唯一撮れた動いていた戦前形となりました。

199011204010

同じ日に既に機械扱いになっていた電気機関車も側道から撮れました。その後は解体されて台車だけの姿になってしまったのは御存じの通りです。

 

 解体と言えば、当初は保存されていてもいつの間に無くなってしまった車両も多く見受けられます。

 198507224022198507224023

198507224021

観音山ドライブインに保存されていた栃尾の車両も今は消えてしまいました。サハ306は総括制御の付随車ながら、パンタグラフとヘッドライトを乗せた姿で保存されていましたので、まるで草軽電鉄モハの再来のようでした。この頃で廃止後15年経っていたにもかかわらず手入れが行き届いてきれいな車両でした。床下機器はサハのままですので何か参考になれば幸いです。側面標記は書き直ししてあると思いますが併せて載せてみます。ディテール写真を撮らなかったのは不覚でした。(1985年)

 

一方、21世紀の現在でも大切にされている車両も多くあります。

198507211016

今は猪苗代の緑の村に保存されている沼尻鉄道の機関車と客車の中ノ沢温泉保管時代の写真です(1985年)。かつて『レイアウトモデリング』祖師谷軽便鉄道の橋本氏の記事で初めてナローの沼にハマった身として「沼尻鉄道」は特別な存在でした。後に中ノ沢温泉に車両が保管されているとの古い記事を頼りに半ば諦め半分で足を運び、その姿を目の当たりにした時の喜びと言ったら正しく狂喜乱舞と表現したいところでしょうか。あの時の感激はいまだに忘れる事はありません。おかげで今でも軽便鉄道(模型)との繋がりは続いています。

198507212006

最後は恒例の若気至り写真(=記念写真⁉)で〆たいと思います(再掲)。

 9月20日のエア軽便祭が更に盛り上がる事を祈念しつつ、当日は仕事場から皆様の作品を楽しみに拝見いたします。

|

« 96の日 | Main | 面白かったエア軽便祭 »

Comments

そんなこと言わず、参加しましょうよ~
私も、未完成、旧作で「参加する事に意義が有る」とばかりに、お目汚しの愚行に出るつもりです。
有益な情報をツイートする際のハッシュタグは、次のとおりとのことですし・・・紹介しちゃおうかな~
#エア軽便祭2020その他

Posted by: 廣瀬 | 2020.09.18 05:11

廣瀬さん、こんばんは。
当初は登録も考えたのですけれど、紹介できる作品は全て祭でお披露目済みですし、その記録もブログとホームページに常時載っていますので、ハタと考えて立ち止まってしまいました(^^;。何しろ当日はほぼ時間も取れない事もあって、今年は閲覧に徹する事にしました(苦笑)。
尾小屋の画像、好いですね。(^^)/

Posted by: みのる | 2020.09.18 21:03

そうでしたね~
20日ですものね(意味不明?)

当方は、参加したことが無いので、この機会に・・・
「旧作・未完成歓迎」の言葉に、甘えて。
参加する事に意義がある、と信じて。

Posted by: 廣瀬 | 2020.09.19 01:33

ツイッターでも語られていましたが、軽便祭前日に仕上げに追われることも無く、PCの前でポケ―としている現実に驚いています。(^^;

廣瀬さん、こんばんは。
今まで参加できなかった方々こそ、今年のエア軽便祭にはどんどん参加して欲しいです。楽しみにしてます~。

Posted by: みのる | 2020.09.19 21:25

アカウント無くても、見られるようですよ~
https://twitter.com/keibenfes
この記事も紹介しておきました・・・お節介だ(笑)

弊サイトにもの特設ページを設けました。
メニューで「エア軽便祭2020」です。

Posted by: 廣瀬 | 2020.09.20 07:56

廣瀬さん、こんばんは。
ようやく今日の仕事は終わりました。
先ほどからエア軽便祭を拝見している所ですが、数が多くて目が疲れてきました。ご紹介をありがとうございます。(^^;
ホームページの新規項目も拝見しました!

Posted by: みのる | 2020.09.20 22:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 96の日 | Main | 面白かったエア軽便祭 »