« 新 戻れない道計画、その5 | Main | 今年は何も作らなかった »

2019.11.28

磐越西線225レ

 1ヶ月ぶりです。祭以降も日々忙しくて模型を作る気持ちの余裕を失くしていました。否、自分よりも忙しい方が大半を占めている中でこれも言い訳です。しかしながら、ようやく今週初めに一段落して時間の余裕もできましたので、何とか模型活動復活!と行きたいところです。

 鉄道模型アートマルシェと言うイベントが今週末にあるそうですね。日曜日(12/1)は偶然に全く仕事が入っていないので、吉祥寺まで足を向けてみる予定でいます。帰りに久々に珊瑚模型へも寄ってみましょうか。

9613

 また、我が家にも猫屋線の単端が届きました。事前に写真や祭で見た時には単端にしては幅が広くて違和感を感じ、予約した事さえも後悔していましたが、実際に手に取ってみたところ、いやぁ~意外と可愛らしい形態をしていて、このアンバランス加減にはハマりそうです。

9584 9582

試しにスケール物のオレカンの九十九里(1/80)と並べてみると、こんな感じです。窓が大きいので車幅の違和感はあまり感じないようにも思えます。茶塗りセットは社紋も違っていて興味深いですし、2軸貨車は増備したい衝動に駆られます。単端足回りの動力セット(鉄コレTM-TR2)も同時購入してしまったものの、既にKATOチビ客車の動力で動力化された作例を拝見するに、足回りはチビ客流用の方が似合いそうな気がしてきました。年末の大宮のイベントではアルモデルから改造パーツが発売されるでしょうか?

 さて前回、ぐるぐるレイアウトを4年ぶりに掃除して動かしたい車両は何か?と考えてみたら、まずは先日購入したED77-901!次は以前買ったままのEF71プレステージ、その次は・・・動かしたい車両みつかりません!?

 もしかしたら、これではレイアウトを掃除した甲斐がないのでは?

 

 動かしたいと思う車両が見つからなければ、積んであるキットを組むか、買ったままのプラ完を仕上げるか、何かしら動かしたい車両を新たに作れば良いじゃないか!という事は判っているものの、いきなり悩んで組むようなブラスキットは荷が重すぎます。まずは気楽に始められる処から以前に揃えた244レの参考資料として以前廣瀬さんがご自身のブログに挙げてくださった編成「磐越西線225レ」を手持ちのプラ完車両で揃えてみました。とは言え復帰第1弾なので特別な加工は一切していません。単に付属パーツを付けてインレタを貼って、屋根にスエード調塗料を吹いただけのお手軽工作です。

 

スハフ32 2360(仙コリ)

9593

天賞堂のスハフ32EG仕様原型ドアのタイプをそのまま使いました。屋根にスエード調スプレーを吹くためにベンチレーターを1つ1つマスキングしましたが、案の定、塗料が上手く回らなかった部分が残りまして頭を抱えています。目を凝らさない限り、それほど目立たないのが幸い。

 

スハ42 2038(仙コリ)

9591

トラムウェイのオハ35鋼製屋根ぶどう色と、同じくスハ42布屋根ぶどう色(前回製品)の台車を交換して、スハ42鋼製屋根ぶどう色に仕立てました。今であればオハ35鋼製屋根ぶどう色に分売予定の同社TR40を履かせれば簡単にできますね。単にそれだけ。

 

オハ35 2182(仙コリ)

9589

KATOオハ35ぶどう色そのままです。室内灯を付けて車内の床板に缶スプレーのウッドブラウンを吹いただけです。

 

オハ61 2819(仙コリ)

9587

日本精密模型での61系販売(予定)を期待していたのですが、今でも何の動きも無くて残念でなりません。仕方が無いので海龍のオハ61Hゴムドアのタイプをそのまま使いました。この製品は一時期は何処の店でも残っていて特価販売していた時期に何両も揃えたもので、ドア形状が今一つな点を除けば使えそうに思えます。天賞堂のスハフ32と同様にベンチレーター接着模型ながらマスキングに懲りたので、スエード調塗料吹付前にガラベンを全て取り外し(=壊し)、手持ち在庫のTOMIXのガラベン(10系用)と交換しました。

9606

 工作という言葉を使う事さえも烏滸がましい程です。なおスユニ50は手持ち製品が無いので完全な編成にはなっていませんが、以前の244レと連結させれば郡山発磐越西線新潟行き225レが出来上がりました。このたびは製品そのままながら幌枠の色だけは黒にするかグレーにするか毎回悩みます。悩むと言えば8両編成はグルグルレイアウトでは長すぎな所も大問題(大汗)。

9616

 ところで、幸いに長らく品切れしていた日光モデルのTR73がようやく再生産されるらしい話も聞きましたので、机の上に積まれた客車の仕掛品を一気に仕上げたいところですが、いまだに流通が不安定らしく通販頼みの身として「店頭分完売」の赤文字が躍っている通販サイトを見るたびに肩を落としているところです。これではまだ当分の間、手に入りそうにありません。この際、目先を変えて(戻して!?)罪庫の私鉄モノを組んだ方が良さそうです。(^^;

|

« 新 戻れない道計画、その5 | Main | 今年は何も作らなかった »

Comments

猫屋線の単端は、今までの製品がボギー車しかなかったので私も購入しました。 貨車と客車は使うのですが、ガソはどうしようか?と思案中です。
ウチの16番の車両工作はなぜかアプト式をやっていますが、来年は地鉄か?路面電車の単車か?と妄想中です。

Posted by: ム | 2019.11.28 09:15

ㇺさん、こんにちは。
猫屋線の単端に付属の客車と貨車は利用価値が高そうです。ガソもエンジンモールドを外して客車化や荷物車化しても面白そう。遊べそうな車両です。
我が家も来年は地方私鉄を充実させたい想いを抱いています。(^^;

Posted by: みのる | 2019.11.28 13:16

単端は、KATOチビ客車動力の方が良い感じなのですか! メモメモ・・・

旧客は良いですよね~
まあ、小型レイアウトでも乗るのなら、グルグル走らせて眺めているのも悪くないと思いますよ。組立式でも、眺めているだけで楽しいんですから、シーナリー付きなら100倍楽しいはずです!

Posted by: 廣瀬 | 2019.11.30 14:46

廣瀬さん、こんばんは。
以前ブログにてご紹介された225レの写真を参考に、スユニ50以外の車両を揃えてみました。ありがとうございます。

猫屋線単端は、KATOのチビ客車を使うと良そうな話です。12/3にはリニューアルされたKATOチビ客車下回りも分売されるそうですので、試しに押さえておこうかと思っています。

Posted by: みのる | 2019.11.30 21:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新 戻れない道計画、その5 | Main | 今年は何も作らなかった »