« 軽便祭でお待ちしております | Main | 2019軽便祭の展示について »

2019.09.30

第15回軽便祭、お疲れさまでした

 出展や物販参加のみなさま、ご来場下さった皆様、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。今年の第15回軽便鉄道模型祭も無事に終了しました。来場者867名だそうです。年々軽便熱が増しているような気がします(嬉)。

9399 9344

 いろいろあって新作を諦めた末に、霜内石灰軌道と下内町営軌道の2作品を持って行ったわけですが、石灰軌道を見たかった!と仰っていただいた方が意外と多くて、驚くと同時に作者冥利に尽きると言っても過言ではありません。嬉しいですね、ありがたいです。簡易軌道も一部の方には人気があったようでホッとしております。雑誌の取材はRMMさんしか会いませんでした(とれいんさん来ていたの???)。

 

 今年の目玉は猫屋線電化発表だったのではないでしょうか。事前に「猫屋線電化」と聞いていたので、栃尾や下津井のショーティーみたいな軽便電車が発表されるとばかり思っていた所、何と花巻電鉄のような「路面電車」と言う事でビックリ!?更に飾られていた見本を見たら福島軌道線のナロー版かつショーティーだったので2度ビックリ。しかも実に可愛らしい模型映えしそうなショーティーアレンジなので、発表済みの単端は脇へ置いて、電化ナロー路面電車へのワクワク感が止まりません。

9391

来年の祭では、路面電車ナローレイアウトがそこかしこで見られるでしょうか?こう何かごちゃごちゃした路地裏のような街並みを走り抜ける併用軌道が作れそうな気がして、久々にイメージが湧いてきます。(^^)

 

 さて、恒例の乗り入れ御礼。今年は告知自体も遅かった上に、どのレイアウトを持って行くのかの発表も遅かったので、お三方のみの乗り入れでした。いろいろとありがとうございました。もしかすると、こちらで話に夢中だった為に何となく声を掛けられないままだった方もいらっしゃったでしょうか?

まずは木耳さん、

9369 9367

9354 9351

津川の加藤DLとミニトレインズの貨車の編成です。津川らしからぬ低速の効く落ち着いた走りを披露してくださいました。また貨車も塗り替えられていて好い雰囲気を醸し出していました。ありがとうございます。

 

そしてKanjiさん、

9411 9432

9407 9418

モーターを取り換えた恊三10t(MW)とグラントラインの鉱車の編成は粛々とした走りを披露してくださいました。またペーパー自作のガソも併用軌道に似合います。ありがとうございます。

 

とりはお馴染みのㇺさん、

9379 9386

9388 9429

鉄連崩れの蒸気機関車が良い味を出しています。石灰軌道と簡易軌道とどちらの風景にも溶け込んでいますし、林鉄客車改造のボギー客車はいかにも初期の簡易軌道のイメージです。ダージリンのタンク機関車ショーティーも簡易軌道を乗り入れました。ありがとうございます。

 一緒に遊んでくださった木耳さん、Kanjiさん、ㇺさん、またお声がけして下さった皆さん、留守番をお願いした三室さん、個々にお名前を書けませんが、作品をご覧いただいた皆々様、出展参加の皆々様、ありがとうございました。おかげで楽しい1日を過ごす事が出来ました。最後に、軽便祭の運営にご尽力下さいました事務局の皆様に御礼申し上げます。

9492

今年もまた買い物をする時間もなく、ゆっくり食事をする時間もありませんでしたが、恒例となっている帰宅途中のリンガーハットのちゃんぽんで遅めの夕食を取りまして、雨に降られずに帰宅できました。撮影した画像をまとめて、そのうちにホームページを久々に更新するつもりです。来年の祭は何時になるのか分かりませんが、来年の9月の月末は仕事で京都へ行く予定が既に決まっておりますので、或いは出展は難しいかもしれません。お客さんの側として祭へ行ければ上出来でしょうか。何れにしましても、また来年お会いしましょう!?(^^;

|

« 軽便祭でお待ちしております | Main | 2019軽便祭の展示について »

Comments

今年も展示ご苦労さまでした。私は簡易軌道の方は初めて見たのですが、スペースをきっちり生かして北海道の雰囲気を出しているのに好感を持ちました(私のレイアウトでも参考に致します) 石灰軌道の方は、お客さんから「昔見た風景のようでいい」という方が多かったですね。

Posted by: ム | 2019.09.30 07:38

ㇺさん、こんばんは。
いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。楽しかったですね。

この簡易軌道レイアウトの発展型が例の雪解け簡易軌道レイアウトになっています。持ち運びを考えると今回のサイズの方が気軽で良さそうです。石灰軌道は相変わらず喜んでくださった方が多くて、引き続き持って行って良かったと安堵しました。懐かしい風景を共有できるのもナローの利点かもしれません。

Posted by: みのる | 2019.09.30 21:08

改めましてお疲れ様でした。そして、乗り入れを快諾して頂きありがとうございます(缶コーヒー1本でモト取りすぎだゾ)
HPや紙面掲載でサイズは知っていたので、風景が圧縮されているかなと思いきやその逆でゆったりとした雰囲気、そして起承転結や軌道に必要な物がちゃんと全部揃っている、とレイアウトのお手本を見せて頂いたような心境です。どなたか見学の方が、下内軌道がちゃんと北海道の地面の色をしているとおっしゃっていて、確かに北海道と埼玉西部辺りの違いが分かるな、と思いました。
来年こそは出したい、と散々言っていましたがさてどうするか……とにかく形にはしたいと思います。

Posted by: 木耳 | 2019.09.30 23:16

今年もお邪魔させていただきました。ありがとうございました。
製品運搬軌道に原石列車というのもおかしいかもしれませんが、悪くなかったように思います。
去年、バタバタしてレイアウトをよく見られなかったので、今年はゆっくり見せていただきましたが、あらためてその凄さを実感しました。
来年はいよいよ新作でしょうか。楽しみにしています。

Posted by: Kanji | 2019.10.01 00:16

木耳さん、こんばんは。
お世話になりました。また缶珈琲ごちそうさまでした。まだ祭の余韻に浸ってます。

あのグレーの貨車がとても好い雰囲気になって驚きました。思わず真似したくなってナローガレージさんのサイトを覗くと今は品切れ中でした(^^;。そのうち真似したいともいます。

レイアウトの感想をありがとうございます。たぶん自分が見たかった景色を詰め込んだお陰かもしれませんね。地面の色は千差万別と言うものの、石灰軌道は空っ風のカラカラ天気で全て真っ白に見えた印象、簡易軌道は夏に小道でぬかるみに足を取られた時の印象、と勝手に決めつけて作ったように記憶しています。一言では書ききれませんけれど、上手くハマった結果でしょうか。

レイアウト製作は慣れもあるかと思いますので、とりあえず1つ、仮にイメージが全く違ったとしても最後まで完成させる事をお勧めします。(^^)

Posted by: みのる | 2019.10.01 00:34

Kanjiさん、こんばんは。
お世話になりました。

原石列車も好ましく感じます。何よりも協三10tがカッコいいです。石灰軌道レイアウトは喜んで貰えて持って行った甲斐がありました。ありがとうございます。

来年は・・・たぶん一回休みになりそうです。(^^;

Posted by: みのる | 2019.10.01 00:53

お疲れさまでした。
来年はお休みですか?
残念です。。

それでも新作楽しみにしています!

Posted by: norigon | 2019.10.03 22:50

ご盛況で何よりです
「グレーの貨車」は、木耳さんのトロッコでしょうか? 良い仕上がりですね。
どんな塗料を使われたのか、興味あるところですね~
何色かの塗り重ねに見えますね。
うちも「木製」「鋼製」のトロッコをいくつかキットを温めていますが、色で悩んでいます。当方は「石炭運搬」ですが・・・ カラー写真は、なかなか見つからないんです。

Posted by: 廣瀬 | 2019.10.05 15:24

norigonさん、廣瀬さん、こんばんは。

norigonさん、
お疲れさまでした。当日は忙しくてお話できませんでしたね。もしも来年の祭の日程が今年と似たような9月最終週だったら、出展はお休みします。でも出展しないだけで見学へは行きます。(^^;

廣瀬さん、
大盛況でした。木耳さんの貨車はミニトレインズのセメントカーとダンプカーですけれど、黒くなるだけで随分と印象が変わって好ましく思えます。石炭車なら黒が無難ながら、木造石炭車なら木枠が退色したグレーも捨てがたいですね。

Posted by: みのる | 2019.10.05 21:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 軽便祭でお待ちしております | Main | 2019軽便祭の展示について »