« 石灰軌道の修復:終 | Main | 石灰軌道の展示について »

2018.10.01

颱風直撃?の祭

だれだっ!?嵐を呼んだ男は? 

P9300076 皆さん、こんばんは。軽便鉄道模型祭お疲れさまでした。また毎回手弁当で頑張ってくださっている実行委員スタッフの皆様へは特に御礼申し上げます。
 既にご存知のように台風が日本列島を縦断している正にその時に行われた軽便祭!でした。ちゃんとお家へ辿り着きましたか?自分は宿泊して翌1日に帰宅しましたけれど、JRは始発から運休してダイヤはめちゃくちゃ、偶然に「あと5分ほどで発車します~」の電車へ飛び乗りまして、普段なら1時間も掛からないで帰り着く道のりを、2時間近く電車に揺られて帰って参りました。それでも、ほとんどの方は今日から普段通りに仕事へ向かっている筈ですから、気楽な立場の自分には文句は言えません。

 さてここで、祭のレポなどをしたいところですが、なぜか今年はめちゃ忙しく、自分のブースから離れて遊びへいけないまま閉場になってしまいまして、他の方の展示は設営中の風景をチラッと見ただけ、物販は辛うじて本をP9300171買っただけでKMCの展示を始めトミーテックの猫屋線も各物販ブースもじっくりと見て回る時間がありませんでした。ゆっくり買い物もできない祭は初めてじゃないかしらん。また自分の展示をまともに撮影しなかった事にも気が付きました。(激汗)

 その代わり、多くの方にお会いする事ができましたし、いろいろな方の車両が乗り入れてくださいました。誠にありがとうございます。 なお、いつもと比べると画像の多い長文の記事となりますので、ご注意ください。

でわ、順に追ってご紹介致しましょう。

P9300029 まず最初は、カワイさんのディーゼル機関車です。背景の倉庫の屋根を間違って被せてしまった部分は見ないようにしてください。杉山さんの面白パワーを使ったオリジナルの機関車です。全く不器用には見えません。色もおしゃれで存在感がありますねー。まだ開場前に撮影した写真なのでフライングかもしれませんが、堂々の一番乗り入れです。ありがとうございます。

P9300056P9300060

続きまして、若手のホープkumaさんの、屋久島酒井DL(左)と、トーマ谷村(右)です。上級者向けのマニアックなキットをきっちり組まれております。走りも低速が効いて好い感じです。余談ながら、この度の展示“石灰軌道リターンズ!?”はkumaさんと城東電軌さんの何気ない言葉に乗せられた一面もありますので、喜んでいただけて大変嬉しゅうございます。
ありがとうございます。

P9300101 続きまして、ご自身の石灰軌道レイアウトでも活躍なさっているやじまんさんのKATO3t(DCC対応)です。ワールド工芸製品だそうです。破綻の無い組みと共に、自然な雰囲気のウェザリングがお見事です。車庫に置かせてもらったまま、持ち帰りたくなりました。ありがとうございます。

 続きまして、当ブースの机は敢えて「勝手に模型談義」ができるようにスペースを空けておりまして、そこで見せていただいた模型を、ご本人の許可の元に勝手に“乗り入れ”と称してレイアウト上に乗せて撮影してしまった作品を3つばかりご紹介します。

P9300110 服部さん組み立ての福島交通軌道線(G:12㎜)です。軽便とは関係が無いもので躊躇する服部さんに「好いじゃん、好いじゃん、ちょっとレイアウト上に乗せてみようよ。ほらぁ雰囲気が似合うじゃん~」と誘い出して撮影した1枚です。正確には乗り入れでもなく、そもそも線路に乗っていないけれど、似合いますよね。このサイズで軌道線レイアウトが作れそう(爆)。ありがとうございます。


P9300163 続きまして、古くからの知り合い、ごとうさんご持参のスペシャルなシェイです。当然ながら、レイアウトの周回はできませんけれど、なかなかお目にかかれない車両ですので、知り合いであるが故に記念撮影をさせてもらいました(笑)。これはたいへん目福です。
ありがとうございます。

P9300113 無理やりお願いシリーズの、とりを飾るのはベテランモデラーM大先輩の最新作コッペルです。なんとロッド類はほぼ作り直した上に前進後進でチャンとロッドが上下稼働する逸品です。お願いした割にサイドロッドも下げないまま撮影してしまいました(申し訳ありません:大汗)。余談ながら、自分が学生時代にTMSを読んで感激した模型を作られた大先輩の最新作品を前に、終始テンションが上がりっぱなしでした。ありがとうございます。

続きまして普段からBlogでもお世話になっているㇺさんの、
怒涛の乗り入れ5連荘!

P9300134P9300142

P9300146P9300153

P9300155 左上から、珊瑚のEh板を組んだ東洋活性白土、IMON加藤5tDL、ガレキ?を組んだ南筑のブタさん、モデルワーゲンの木曽モーターカー、今野さんのキットを組んだポーター、そして貨車の鍋トロ編成もです。しばらくの間、うちのレイアウトの主役として動かしてもらえましたので、もしかしたら目にした方も多いかもしれません。すべて粛々と動いていました。また個人的に留守番もしてもらえました(感謝)。
たいへんお世話になりました。ありがとうございます。

P9300166 続きまして、予告乗り入れ宣言もいただきました、Kanjiさんの東洋活性白土の編成です。いまさら書くまでもなくDCCです。屋根裏に目立たないようにキャパシターも入っていますので、それこそロッドの動きを目で追えるほどの低速でも粛々と走っていました。ミント缶も初めて拝見しましたが、想像以上にコンパクトで良いですね。これならDCC対応レイアウトにしても「某」重いパックを持ち出さなくても良さそうに思えますので、DCパックとDCCパックを2つカバンに入れて、乗り入れ車両によって使い分けて遊べそうな気がします。ありがとうございます。

 最後はお馴染みの若手、トトロ君と高校生君の作品。

P9300205P9300208

そう言えば、台風接近で閉場時間が5時に繰り上げになったので、バタバタしていて動かせなかったですね。記念撮影だけはできたでしょうか。お二人とも、ありがとうございます。 

以上、乗り入れをいただいた車両を一挙にご紹介いたしました。皆様のおかげで楽しい1日が過ごせました。  
またBlog見てますと仰って下さった方々、石灰軌道の記事の載ったTMSを持って駆け込んでくださった方、またJAMでお世話になったN品川線さん、美男(備南鉄道)さん、他みなさま、台風接近の危うい天気の最中、軽便鉄道模型祭へ足を運んでくださいまして、ありがとうございました。

来年は10月12・13日だそうです。

|

« 石灰軌道の修復:終 | Main | 石灰軌道の展示について »

Comments

 ほんの一瞬でしたが、お会いできて有り難かったです。宿はそこそこ近くでしたので無事台風をやり過ごし、田舎者には味わえない「虫籠千匹状態」を味わってなんとか帰り着きました。
 人生で行事と台風が一緒というのは、これで4度目だったかな(でも、俺じゃないよね)?
来年の日程では、「うどん大学」と重なりそうです。
 軽便にも精進して、またお会いできる時を楽しみにしております。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2018.10.01 22:22

憧れの石灰軌道に拙作カトウ君が入線でき、ありがとうございました。
このレイアウトはもう10年以上経っているのに全く「劣化感」が無いです。
当時に比べれば今は素材(土木・植物関連)の進化が凄く、古いレイアウトでもパーツ取っ替えでレストア可能ですね。

Posted by: やじまん | 2018.10.01 23:19

こんばんは。お疲れさまでした。

>美男(備南鉄道)さん、
ギリギリでしたけれどお会いできて嬉しかったです。また機会があれば、よろしくお願いします。

>やじまんさん、
忙しくて新作モジュールを拝見できなかった事が心残りです。
乗り入れをありがとうございました。じつに好い雰囲気の車両にグッときました。このレイアウト、化学雑巾やミニネイチャーも使っていたので、風景を仕切る樹木を今風に治しただけで展示できた点は幸いでした。

Posted by: みのる | 2018.10.02 00:31

お疲れ様でした。怒濤のような内容・・・だけでなく、本当に嵐を呼んだ人が居たようですね。

しかし、これが「電車で運べるレイアウトの風景」とは思えない広がりですね~ いつもながら、感心させられます。その上、路面電車まで「しっくりとくる」・・・驚愕です

え? 来年は10月12~13ですって? メモメモ

Posted by: 廣瀬 | 2018.10.02 01:26

みのるさん、こんばんわ
JAMの二次会飲み会で初めてお目にかかったHN「N品川線」です。文中のプロトのNさんとは私の事でしょうか。
お話ししたように昨年の味噌汁軽便の時の乗れ入れ参加は猫屋車輌が軽加工の為、周りが秀作だらけゆえ気後れして逃してしましたので次回に機会がありましたら宜しくお願いします。
当方、本線主体で軽便は従なので軽便は縮尺1/80の旅客列車が主体・まさに7~8年前から猫屋線スタイルで行っているゆるーい軽便です。
車輌は20輌ほど有り東京合運時に軽便走らせているのは私一人です。
一人で比較される物が無いのとうるさ方が居ないので線路は曲線半径200mm程度のベニア平原にチョコチョコと手を加えた物が主体ですが、もう少しまともな物はなかなか進まないのが現状です。
またお目にかかれる事を楽しみにしています。

Posted by: N品川線 | 2018.10.02 02:34

みのるさん、おはようございます。
此度も乗り入れ撮影ありがとうございました。
一番槍でしたかw。
しかし、フライングしないと乗り入れる暇が無いと思われ・・・。
お疲れ様でした~!

Posted by: カワイ | 2018.10.02 06:24

おはようございます。
嵐の中お疲れ様でした。無理やり乱入させていただきましたが、秀景の中佇む姿を見せていただき「佳いな~」と実感しました。
色・かたち・人形含めて統一感のあるレイアウトに憧れますが、実現できるかは扨措き何か形にしたい意欲をいただきました。
またどこかの会場でお目にかかれることを楽しみにしております。
ありがとうございました。

Posted by: ごとう(Ig笑) | 2018.10.02 06:38

当日はありがとうございました。 おかげさまで「私が中学のときに父と組んだナベトロ」も復活することが出来ました。 石灰鉄道、自分でも撮影をしていると「本当に良く出来ているな」と感動しました。台風来襲でバタバタしてしまいましたが、来年またお会いするのが楽しみです。

Posted by: ム | 2018.10.02 07:44


乗り入れさせていただき、ありがとうございました
自分の車両が想像以上みのるさんのレイアウトにマッチして
高校生の時に行った三峰石灰や活性白土が思い出されました。

コントローラーごと乗り入れるのは我儘すぎるようにも思ったのですが、
結果的には(かなり間接的ですが)ペショの運転デモの役に立ったので
良かったということにしておいて下さい。

Posted by: Kanji | 2018.10.02 08:27

みなさん、こんにちは。祭ではお世話になりました。ありがとうございました。なお本文もハンドルネームに修正しました。(^^;

>廣瀬さん
電車で運べるとは言っても、都内へ出るくらいの距離と時間しか腕が持ちません(重いです:苦笑)。このサイズが限界~。レイアウトデザインに関しては、たぶん一番ノッていた時代の製作なので、通用したのかもしれません。今は実景や設定に囚われて守りに入ってます。

>N品川線さん
お呼びたてして申し訳ありません。ナローに興味のある方を引っ張り込むのが務めなのでご勘弁ください。(^^;
猫屋線のおかげで1/80ナローも徐々に増えてましたので、合運でも興味を持って眺めている方も増えてくるのでは?と期待しております。
次の機会には是非「車両乗り入れ」をお願いいたします。お待ちしております。

>カワイさん
こちらこそお疲れさまでした。
開場前しかお話しする機会がないほど、祭は忙しいですよね(^^;。台風でも目黒の頃よりも来場者が増えているのは喜ばしい限りです。

>ごとうさん、
ハンドルネーム忘れてました
車両をレイアウト上に乗せて貰えただけで光栄です。目の保養になりました。

>ㇺさん
毎年、助っ人としてご協力いただきまして、ありがとうございます。この度の車両群は大活躍でした。特に鍋トロは現代のプラ製品よりも小粒で好ましい形をしているのですね。ほれ込みました。また次回!?でしょうか。(^^;

>Kanjiさん、
ミント缶を持ってきていただいたおかげで、すぐ隣でペショ走行が実現したようなものですから、感謝のしようがありません。
活白の安定した走行にも目を見張りました。また機会があればよろしくお願いします。

Posted by: みのる | 2018.10.02 10:57

お疲れ様でした~
うちの子はどっちみち頭がデカくて走れなかったので……来年は普通っぽい子も連れて行きます
「うわ!やべーの来た~」な雰囲気でホクホクでス

Posted by: トトロ | 2018.10.02 19:51

トトロ君、こんばんは。
無事に帰れましたか?
バタバタしていて動かせませんでしたが、乗り入れをありがとうございました。確かにエアータンクが建物に当たりそうですが、この怪しげな雰囲気の編成は味があります。

Posted by: みのる | 2018.10.02 22:05

永年の憧れであった石灰軌道レイアウトを拝見できて、夢のような今回の軽便祭でした。どうもありがとうございました。
(翌日は大混乱の内、結局新幹線で帰ることになりました・・・)

Posted by: 城東電軌 | 2018.10.03 16:05

あつかましくも終日にわたり乗り入れさせていただき、ありがとうございました!
中学時代に訪問記を読んで以来ずっと憧れていたレイアウトを、実際に見る事が出来てとても嬉しかったです。
月並みな感想しか出て来ませんが、忘れられない軽便祭になりました。

Posted by: kuma | 2018.10.03 18:57

城東電軌さん、kumaさん、こんばんは。
お二人に、以前どこだか何かで「見てみたい」との話を聞いていたので、今年のネタは石灰軌道と早くから決めていました。喜んで貰えて光栄です。祭お疲れさまでした。

>城東電軌さん
当日の台風よりも翌日のJR大混乱の方が大変でしたね。自分も帰宅に苦労しました(^^;。

>kumaさん
屋久島酒井と谷村の終日乗り入れをありがとうございました。さすがに手荒に扱えないので側線待機でしたけれど、素晴らしい出来栄えに惚れ惚れしました。
あの訪問記は自分が一番楽しんで書いた話でした(笑)。

Posted by: みのる | 2018.10.03 20:34

みのるさん 今日は
今後ともよろしく

ところで伺いたい事があるのですが、空メールをお願いできないでしょうか。
御返事お待ちしています。

Posted by: N品川線 | 2018.10.06 12:02

最近ナローの棚卸もしてないな、わし、何作ったっけ?
池袋芸術祭で会えるとよろしいですな

Posted by: harashima | 2018.10.19 20:18

harashimaさん、こんばんは。
なかなかお会いする機会がありませんね。(^^;
芸術祭は行事とバッティングしていますので、調整はしてみますが難しいかもしれません。

Posted by: みのる | 2018.10.19 23:04

The comments to this entry are closed.

« 石灰軌道の修復:終 | Main | 石灰軌道の展示について »