« TOMIXのEF71など | Main | 献本をいただきました »

2018.10.15

Gファスと写真展

いやぁ、先週は忙しかった。本日は自主休業。 
昨日(14日)午後までに仕事を済ませてから、家を飛びだしてKATO東京ショウルームで開催されていたGフェス3と、新宿のリコーイメージングスクエアで開催されていた写真展「地方私鉄~1960年代の回想~」へに行ってきました。時間の都合で、汐留で開催されていた黒岩さんの記念展示と蒲田の鉄道模型ショウへは行けなかったのが残念でなりません。

写真展『地方私鉄~1960年代の回想』展

87828783

発売直後に写真集も揃えましたし、普段からサイトも拝見していますが、大きなサイズのパネルで拝見する写真は、Web上とは全く違う迫力と趣に満ちていました。しかも、机に置いてある自由に閲覧できる写真帖、これが泣けるほど素晴らしかったです。ああこの素晴らしさを的確に表現できる語彙を持ち合わせていない自分が妬ましい(恥)。足を運んだ甲斐がありました。

Gフェス3
KATO東京ショウルーム2F 10/13.14

ご存知、今をときめく情景モデラーが揃っている団体さんの公開展示です。事前にWeb上で存じ上げたお二方の作品以外は、恥ずかしながら説明パネルをほぼ読まなかったので、間違った印象を持ったままかもしれません。ご容赦のほどを。皆さん、作品の作りが丁寧で個性あふれる展示でした。

87548764

テーマは「秋」と聞きました。去年の軽便祭にてわざわざご挨拶をいただいた方もいらっしゃいますが、申し訳ございません、ヘタレなので黙って見学をしておりました。 
一部だけご紹介。

87788776

8757

Twitter上でも拝見しておりましたが、前日にあの状態から、よくぞココまで仕上げられた勢いとセンスに驚くと共に、手間の掛け方にも単純にすげぇなと溜息をつきました。遠近で濃淡・粗密を考えて作られているようで、見ていて心地よい紅葉が映えるバランス感覚にしばし絶句。あくまで個人的な好みながら大好きな大糸線の旧国編成が走って来たので、激写してしまいました。


8755

一目見て「秋」繋がりでハロウィンと分かる上にとても丁寧な作り。本の中から飛び出してきたような統一された世界観に徹しきったセンスに、ひたすら感激した完成度の高いモジュールでした。意表を突くなら完璧に仕上げるべきとの好例かと。


8758

ここだけコロラドナローや4トラックシェイのロギングを走らせてもらいたかった、と思わず唸った作品。熊が遡上してきた鮭を捕っているのでしょうか?(喧嘩もしてる:笑)。サイズ以上に雄大さを感じました。


8756

薄曇りの空に鮮やかな紅葉が映えて、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出す、細やかな気配りに好感を持ちました。自分はこちらの作品に京都の紅葉のイメージを重ねて拝見していましたが、美しい景色に立ち止まって見惚れている方も多くて、隙を突いて撮影しました。

8759

手前に地下鉄の駅があって線路は見えません。とても不思議な景色ながら、絵画のような雰囲気になぜだか惹かれてしまった作品です。


87618762

87608773

87728763

87688767

↓こちらは「やっちまった」と書いてあった作品ながら、JAMでも見かけるような、スタイロ剥き出しでべニア丸出しの無責任な展示とは全く違い、いちめんグレーで統一された仕上げに、作者さんの心意気を感じました(笑)。
8770

これは真似すべき、いぇ真似したらいけませんけれど、これぞ大人の配慮と気配りでしょうか。

8780 Gフェス展示を見終えてから、同じ2Fの中ほどにあるHO用の持ち込み可能走行レイアウトをフト眺めると、そのあまりにもチープな出来に軽く眩暈を覚えました。こちらは壊れても良いようなレイアウトですから比べる土俵がまるで違いますけれど、素晴らしい作品とは何か?どうすれば胸を打つような作品にできるのか?を再確認するには打ってつけだったのかもしれません。たいへん勉強になる公開展示でした。

結局、模型ショウへは行けなかったので何も散財せずに帰りました。来年は祭と模型ショウと関東合運と頚城の公開がバッティングするらしい噂話も聞きます。私は来年こそ頚城公開へ足を向けたいと思っていますので、祭を欠席する覚悟で挑もうかと。 

|

« TOMIXのEF71など | Main | 献本をいただきました »

Comments

来年はそんなにイベントが重なるのですか? それは皆既月食とハレー彗星がいっしょに来るような状態ですね(なんだそれ?) 頚城の公開は年1回のイベントなのでしょうか? 確かに現物は見てみたいですね。

Posted by: ム | 2018.10.15 23:14

ㇺさん、こんばんは。
今のところ噂にしか過ぎませんけれど、頚城の一般公開は年に1回らしい上に、毎年公開の情報が直前に判るので、予定の立てようが無いのが困りものです。
自分には模型ショウと関東合運は直接関係ありませんので、重なっても構わないものの(笑)、祭と頚城公開は重ならない事を願っています。

Posted by: みのる | 2018.10.15 23:26

Gフェス、ご来訪いただいたとのこと。
ありがとうございました!!
(お声掛けいただければ良かったのですが・・・)

今回は、真面目・硬派系と、ネタ系に完全に二分されて、面白い競作だったのではないかなと思っています。

また、次のイベント等で、お会いできれば幸いです。

Posted by: | 2018.10.16 23:06

はじめまして。拓と申します。
クマが鮭を獲っているモジュールをした者です。
Gフェスにお越しくださりありがとうございました。

このモジュールは、秋になると遡上する鮭と、それを獲るクマを観察できるアラスカにあるカトマイ国立公園をモデルに作成しました。
実際には鉄道が通っているようなところではありませんが・・・(笑)
ティンバートレッスル橋と色合いでなんとかアメリカっぽさが出ればと思い制作しましたので、そう思っていただけたなら、とても嬉しいです!ご批評、ありがとうございました。

Posted by: 拓 | 2018.10.17 01:10

初めまして、こんにちは。

素晴らしくご好評な紹介を頂き有難うございます。
能舞台と紅葉のモジュールを制作しました。 初めての自然系工作に難しさを覚えました。(^^;;
紅葉のトンネルも配置が悪く、見せ場を1つ失った感じでしたが、素敵な紹介文に救われました。

今後とも宜しく御願い致します。

Posted by: よっちゃん | 2018.10.17 15:39

卓さん、こんばんは。拓さん、よっちゃんさん、初めまして。わざわざお越しいただき光栄です。
皆さん、お忙しそうだったので(と言い訳)隠密行動をしておりました。(^^;
最近はノッホのスーパーツリー(旧呼称オランダフラワー)などのドライフラワーが主流になりつつあるものの、個人的にはNゲージではオーバースケール気味に思えていたのですが、皆さん上手く料理なされていて、さすがだなと。ますます期待してしまいます。

>卓さん、
幹事さんだったのですね!?お疲れさまでした。(PCを変えたらブログを閲覧できるようになりました)
いろいろと皆さん、趣向に富んだ展示で、大変興味深く拝見をいたしました。何しろ普段愛好しているスケールとは違うので、並んだフィギュアを参考に脳内でスケールダウンしながら、楽しませていただきました。

>拓さん、
ティンバートレッスルの味わいもさる事ながら川の雰囲気がアメリカンでした。アラスカでしたか!?
熊の動きを目で追って楽しませていただきました。微妙に緑を枯らした色合いの森にも目を見張りました。

>よっちゃんさん、
「紅葉」でいちばん目を惹いた作品でした。背景画も含めて、作品全体から醸し出すしっとりと落ち着いた色合いと言い、緑を点在させた赤や黄色の趣あるグラデーションと言い、この方は只者では無いなと!舌を巻いた次第です。(^^;

Posted by: みのる | 2018.10.18 00:12

The comments to this entry are closed.

« TOMIXのEF71など | Main | 献本をいただきました »