« 山交モハ4:生地完か | Main | 池袋芸術祭 »

2018.03.01

419系に首ったけ

3月になりました。このたびは少々本流から外れて「419系食パン電車」の話。

199303152023 かつて「ひょうきん電車(死語)」と言われ、最低限度の改造で近郊型に化けた581系こと、419系・715系・715系1000番台。特に東北本線で動いていた715系1000番台は、1993~95年の間に乗ったり見たり馴染みのある車両でして、TOMIXから581系(1/80)が発売された当初、何れは改造して模型製作するべく4連分のネタをストックしておいたほど好みの車両でした。あれから随分と時間が経ってしまいました。確か年末だったかエンドウから419系・715系が発売されました。以前からホビダスで予約受付をしていたので発売される事実は知っていたものの、かなり高価な製品ですので気軽に予約!と言う訳にはいきません。199410032034そんな、気になるけれど踏み切れないモンモンとした気持ちのまま、製品は発売されて誌面の紹介欄にも載りました。模型店のウインドウに飾られていた715系1000番台は、むかし一ノ関(↑)や石越(→)で見た通りの、紛れも無い間抜け顔(褒め言葉です)をしておりました。う~ん、高いけれど欲しいかも。

 一方、419系は交直両用のまま北陸本線で3両基本編成で走っていましたが、実車を見たのはどこかで止まっていた姿と倶利伽羅だけでしたから、あまり馴染みのあるとは言えません。九州の715系は写真でしか見た事がありませんから、それに比べれば多少は知っている程度です。

 ところがです。

199307264020 模型を欲しいと感じる気分を紛らわす為に、Youtubeに上がっている419系や715系の走行動画を見ていると、活躍時期も長かった為か、圧倒的に419系動画が多いようです。驚くほど唸るモーター音(と言うよりギア音?)を響かせて走り去る様々な動画を連日連夜見続けていると、うわぁあの頃の南今庄へ行きてー!との想いが強くなりました。そうなるとアラ不思議!?自然と419系にも愛着が湧いて来るではありませんか~。  ← 影響され易い人

199410032033200206242008

 4連の715系1000番台(左)よりも1両少ない3連で運用についていた419系(右)の方が、模型化してもコンパクトに収まるんじゃないの?長くても6連、同時期の475系・413系も3連や6連、特急のボンネット車と並べても問題なし、これっ意外と模型向きじゃない?クリームに緑帯よりも白地に青帯の色合いの方が精悍で意外とカッコいいんじゃないの?感化されやすいとはこの事です。

 通販店でマイクロエースの419系が売れ残っていた事に気がついてしまったのが運のつき。ついうっかり(ホントか!?)購入ボタンを押してしまいました。以前の赤い485系に引き続いて、まさかのNゲージ製品購入です。00076477ただ冷静に現実を直視すれば、419系と同時期に走っていたJR白/青塗装(JR北陸色)の475系も413系も製品は全て品切れ中。1994年に撮った上沼垂色485系とか白山色489系は手に入りそうですが、その後の青さぎや681系・683系などと共に今一つ魅力を感じないので、これ以上勢いに任せてJR北陸本線のNゲージ車両は増えそうに無いところが、いまの自分にとっては幸いでしょうか。むしろ、実車知識が無く、同時期に動いていた他形式(413・475・485・489)の編成からして全く判らないので、模型の揃え様が無いと言う所が本音かもしれません:激汗

 最近はYoutubeにてNゲージレイアウト走行動画も見るようになりました。むろん単に床に線路を敷いているだけのレイアウトは論外、風景を作っていても出来が荒かったり線路が波打っているのも論外、ピントが一部しか合っていないのも論外ながら、198xxx419naoetu中には溜息が出るような魅力的なレイアウト上を凝ったアングルと演出でNゲージ車両を紹介している動画(昔のNマガに載っている方でした、ハマリました!)もありました。そんな魅力的な動画を拝見していると、Nゲージも好いなと素直に感じます。 レイアウトを作るのもパーツが揃っている上に、スペースも16番のほぼ半分で良いですからね。それでも、車両本体が細かくて肉眼でよく見えない点(困惑)、走行音のシャーシャー響く点(←実はプラ16番も似たり寄ったり)、サウンドデコーダーを車両へ乗せ辛い点、など本格復帰に踏み切れない理由(=言い訳)もあるのですが、一番の理由は車両だけでなくレイアウトも細か過ぎて、今から手を動かすには既に目が追いついていかないのが、何よりも 大・問・題!(泣)。

00076459 とは言え、南今庄や倶利伽羅峠みたいな風景の専用レイアウト欲しいな~と思いながらも、味気ない組立線路上をグルグル走らせ我慢しているのも正直な話です。模型車両が大好きで、模型を模型として楽しめ、模型を眺めているだけでも満足ならば、動かすのは組線路でも宜しいかもしれませんが、模型の奥に実車を重ね、風景の中を走り去る車両に思いを馳せる人は、悲しいかな景色が無いとせっかくの模型も魅力半減かもしれません。うわぁNレイアウト欲しいなぁ~。

200005257007200005257008

メモ:1997(平成9)年に金サワから金フイ、2011年廃車

|

« 山交モハ4:生地完か | Main | 池袋芸術祭 »

Comments

行っちゃいましたね~
食パン電車は、北陸本線で、少しだけ撮影しました。独特の雰囲気が溜まらないですね。座席は、広すぎて困るぐらいでした。空いていても、向かい側の座席に足が届かないのです(短い!)
Nゲージは、編成モノをやるなら素晴らしいですね。
旧客セットや旧国セットの広告を何度眺めていたか???
あ~ヤバイヤバイ
唯一最大の問題は、小さすぎて「見えない」「作れない」・・・ この呪文を唱えて、防御しています。

Posted by: 廣瀬 | 2018.03.07 01:15

廣瀬さん、こんばんは。
元々食パン電車は好きだっただけにNゲージ買ってしまいました。(^^;
乗ったのは715系でしたが、座席は広々で座り心地は好かったです。一ノ関から仙台まで乗り通しても、全く苦痛を感じませんでした。
JNR/JRの1/80模型を買っても動かすスペースがありませんので、本線系長編成はNゲージの方が現実的かもしれないと、最近はタガが外れかけています。Nのインレタ貼りとか加工は無理ですけれど(笑)。

Posted by: みのる | 2018.03.07 22:13

Nなら体積は1/8なので良いですね。 しかし、タガが外れると・・・色々見せてもらえるかもしれないので、楽しみ?!

Posted by: 廣瀬 | 2018.03.07 22:51

廣瀬さん、こんばんは。
1990年代は、Nゲージで本線系を、16番で地方私鉄を、それぞれ住み分けて楽しんでいました。老眼になったのと1/80プラ系車両の発売が、大きいサイズへとシフトして行った要因ですので、今のNゲージ水準から見ると前時代的な、一昔前のNゲージ本線系車両の罪庫は相当数あります。
こと本線系国鉄/JRに限っては、
 ■ Nゲージ=比較的気軽に買えるけど、細かい部分が全く見えない(萎)。動かす場所は確保できそう。
 ■ 1/80 16番、1/87 12mm=何とか見えるけど、ブラス完成品は簡単に買えない(汗)。動かす場所は・・・無さそう。
ジレンマです。(^^;
今は素直に小地方私鉄や地方ローカル線、ナローゲージを作ります。と書きつつ、たまにタガは外れます。

Posted by: みのる | 2018.03.08 01:32

The comments to this entry are closed.

« 山交モハ4:生地完か | Main | 池袋芸術祭 »