« 2017軽便祭、お疲れ様でした | Main | 祭の後2017 »

2017.10.02

2017軽便祭、出展報告

あ゛ぁぁ、9/29は厳しいぃ。何とか調整してみるけれど、今年すっぽかしただけに望み薄 orz。

00074601wb いきなり謎なダウナー宣言で申し訳ありません。気を取り直して軽便祭でのレイアウト展示の報告を、カオスと化した部屋を片付けながらまとめたいと思います。
※今回は長文ですから覚悟してお読みください。

改めまして、皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。祭来場者数は720人だそうで猫屋線発売の影響もあってかグンと数字が伸びました(拍手)。これで将来のナローモデルジャンルも安泰か!

まずは猫屋線レイアウトこと「小茂内鉄道 猫耶線」についてのご紹介。
00074568 発端はココで書いた通り、鉄コレ猫屋線を手にした事から始まりました。実際に文字にはしませんでしたが、既存のナローオヤジが若手新規ユーザーへ向けて「どうだ!こんな楽しみ方も出来るんだぞ!!!と自慢し指南する」ような、大上段に構えた企画を試みるつもりでした。
あたかも飲み屋で上司が部下に武勇伝を聞かせるのと同じ、聞かされる側にとっては迷惑千万な、企画です(爆)。

その結果は、昔は出来たのに今は出来ないと現実を再認識させられた企画となってしまいました。まぁカウンターですな。「ぐふっ」「けっ若造なかなかやるじゃねぇか。だかこれはどうかな。」「がはっ」・・・てなヤツです(よけい判り難い)。

00074589 2017年3月23日に書いたBlogのコメントに、Gモードのあおのさんが大変魅力的な製作途中のレイアウトをご紹介くださいました。とても心惹かれたのですが、ここはオリジナルを目指すべくプラン検討に入ったのが4月。出展エントリーしたもののプランが定まらず行き詰った5月。方針検討して パクる 真似する事に決めた6月。と基本プランを決めるまで3月下旬から5月いっぱいまでの2ヶ月かかりました。6月から製作を始めて祭までの4ヶ月が実際の製作期間です。レイアウトサイズは900×650ながら、電車移動(=自動改札を通る幅)を考えて、レイアウト幅は折り畳んだ状態で450に抑えました。
 プランは8の字立体交差エンドレス。最急カーブ半径R140、標準カーブR150、標準勾配6%、使用線路、篠原フレキ・組線路とTOMIXファイントラックシステム(主にバックヤード)です。 上段の駅や町並み、相対する川の風景構成は三室さんのNレイアウト北遠江鉄道(『レイアウトBOOK1』収録)を パクリ 参考にしました。

猫耶線じゃなくてパクリ線じゃないの?

と言ってはいけません(汗)。製作者が違えばレイアウトは変わります。同じものにはなりません(大汗)。偉大な先達の存在があっての今現在です(滝汗)。

00074558 折り畳んだ幅450以内、と言う制約は「900×450」だけ風景を作ればバックヤードのサイズは自由自在に変えられる利点もあります。例えば今までであればスペースの都合から作れなかった交換駅も、バックヤードを使えば交換駅もヤードもサイズに関係なく自由に配置できますし、裏側は風景を作らなくてもOK!
まさしく展示目的レイアウトとしてズボラな自分には打ってつけの構造です。これで低速が効いて(これ大事)、いちいちプログラミングしないで済む自動運転装置が発売されれば、鬼に金棒ではないでしょうか。

 さて、戯言はともかく。
今年も乗り入れをしてくださった方々をご紹介しましょう。うっかりハンドルネームを聞き忘れてしまいましたので、判り次第追記します。

0007451800074595

 最初は、朝一番でお預かりした三室さん製作の静鉄気動車(左)です。ネタはJAMにて先行発売されたホビーメイトオカの1/80ナローキットですが、上手い方がキッチリ組むとこうなる好例と言えるでしょうか。足回りは14m級鉄コレなので、猫耶線6%勾配も難なく登ります。しかしバケットのオーバーハングが駅裏バックヤードの補強にかすりそうでしたので、1周させただけで駅構内にてお休みいただきました(汗)。客車(右)はカプラーが朝顔では無いので連結運転こそできませんでしたが、手の切れるの様なシャープな出来なので合わせてお披露目します。ありがとうございます。

00074546 続きまして、自分の過去を知る方(笑)にお持ちいただいた杉山さんのダージリンサドルタンク。ゆっくりと1周してもらいました。が、

うわっごめんなさい!走行写真撮り忘れました。 
開場早い時間の留守番も無理矢理して貰い、たいへん助かりました。ありがとうございます。もしかして勘違いしていたかもしれません。またよろしくお願いします。

00074548 続きまして、鉄コレを切り継いで尾小屋キハ1風に改装なさったのは、ナロー界期待の若手:松本製作所さんのお友達、いちかわ とよみつ さん。キハ1+ホハフ3の2連で乗り入れてくださいました。意外と手が入っていながら、実にカッチリとした鮮やかな腕前です。やはりこの塗り分け塗装は風景に映えますね。猫谷線基準に合致した車両なので静々と走行しておりました。ありがとうございます。

00074551 続きまして、ご存知お馴染みのムさんの作品。詳細はBlogをご覧戴くとしまして、往年のいさみや発売の雨宮上回りにアルモデルの足回りを組み込んだ軽便蒸機と鉄コレ猫屋線客車ホハ3です。編成で快調に粛々と走行しましたので、しばらく間はメインを張って貰いました。いさみやの雨宮は仮に今の時代にアルモデルの足回りに合わせて発売されたら大ヒットでしょうね。とにかく快調の一言です。また留守番も長時間お願いしてしまいました。ありがとうございます。

0007456300074565

 続きまして ハンドルネーム聞き忘れました さんの2軸気動車です。DCC仕様との事で万が一に備え、走行はお休みしてホームに佇んで貰いました。元ネタはオレカンの九十九里ケハフ301でして、動力は自作なさったそうで、裏返してみて細かなギアに驚きました。バケット付きのスタイルに惚れ惚れします。仕上げも上手いしカッコイイですね。我家にもケハフ301が余っていますので真似をしようかな。ありがとうございます。

0007457500074582

 続きまして、一昨年に引き続き“懐かしの”シリーズで参加のKoyamaさん。気動車の足回りは関水金属時代のEF65(でしょうか)、上回りは自作です。貨車と客車の豪華な編成で乗り入れてくださいました。勾配の立ち上がりカーブ区間にて少々難儀したものの(=線路敷設の問題もあります)、無事に勤めを果たしてもらえました。運転士さんも乗っています。ありがとうございます。

00074588 続きまして、若手のホープ:トトロさんの単端モヒカン号と客車・貨車の豪華編成です。客貨車が軽いとは言え自作1軸動力には6%勾配は負担だったようで、実車さながら?に喘ぎながら勾配を登っていました。それもまた味わいです。しかしながら全軸集電の威力もあって問題なく周回していました。ありがとうございます。


00074592 続きまして、えふさんのDCC蒸機編成です。詳細は動画(前エントリーのコメント欄参照)をご覧戴くとしまして、やはりサウンドデコーダーはアナログで動かさない方が良いかもしれませんね。無蓋車編成は大丈夫でしたか? (^^; 。何れレイアウト側もDCC対応しておきます。ありがとうございます。


00074598 とりを飾るのは浜リンさんのネムタク気動車です。既に閉場間際でしたので、動かさなかったのが残念無念です。撮り忘れましたが木炭代燃装置を背負っています。この車両もカッコイイですね。はたして6%勾配を登れたでしょうか?ありがとうございます。

そう言えば、ニンニンさんから乗り入れ希望があったのに、取材が来たから「ちょっと待って」と袖にしてしまったのを今!思い出しました。ごめんなさい~(大汗)。

かなり長文になってしまいましたが、もう一丁。こんどは猫耶線ではなく、簡易軌道のお立ち台(庶茂内村営軌道)へ乗り入れてくださったのは、

0007451600074640

00074601 朝一番から展示に加わったやじまんさんの運輸工業(上左)、谷川さんの台湾Dタンク(上右)、浜リンさんの根室拓殖鉄道キハ2です。やじまんとは去年叶えられなかった「運輸工業揃い踏み」願いをようやく叶える事が出来ました。北九の兄貴が残念でした。谷川さんのDタンクは足回りワールド工芸の9200、上回りペーパースクラッチ、動力関係は改装されています。猫耶線も走らせていただけたそうですが、見ていません(残念無念)。浜リンさんのキハ2はこちらの風景が似合うはずとタイトルバックにも使わせていただきました。鉄コレ猫屋線は簡易軌道にも進出するそうですから、もしかしてネムタク出るんじゃないか?期待させますね。皆様ありがとうございます。そう言えば開場前だったカワイさんの車両を撮っていませんでした。

以上、かなり急いだ出展報告でした。ご参加の皆様、改めて御礼申し上げます。

 またナローには興味はあるけれど、レイアウト製作までには至らない方々も、まずは車両を作ってお持ちください。一緒に遊びましょう。 

緊急連絡!? 卓@押入線さん、なぜかFc2ブログコメントがエラーになってしまって、何度試みても書き込み出来ませんでした。ごめんなさい。

|

« 2017軽便祭、お疲れ様でした | Main | 祭の後2017 »

Comments

お疲れ様でした~乗り入れ楽しかったです!
エンドレスを気持ちよ~く周回してたのでこれは余裕でしょ!と思っていたら勾配で大苦戦とは……
来年は(もしいらっしゃったら!)さらにパワーアップしたモヒカン、あるいはボギーDCでお邪魔いたします故

Posted by: トトロ | 2017.10.03 01:13

トトロ君、こんばんは。
乗り入れありがとうございました。
来年の予定は何とか調整を試みますので、パワーアップ(ウエイトアップ!?)した単端やボギー気動車をお待ちしています。

Posted by: みのる | 2017.10.03 02:02

線路配置は「偉大な先人」を見習うこともあるし、スペースで決まってしまう=類似になる、ということはあるような気がします。
今回の猫屋線のレイアウトは「あれだけ線路を複雑に敷設しつつどこかにありそうな風景をギュッと限られたスペースにまとめた」ところが素晴らしいと思いました。

Posted by: ム | 2017.10.03 06:25

お疲れ様でした。
そして撮影許可、ありがとうございました。
不器用村のレールトラックも素晴らしき風景の中、
喜んでおりました。
また、よろしくお願いします。
https://twitter.com/bukijun/status/914815024039788546

Posted by: カワイ | 2017.10.03 06:26

素晴らしい作品を見せていただきありがとうございました。
また、初顔合わせになりましたが...
朗らかなお人柄で、お話して癒されました。(笑)

賑やかな?仲間を何人か連れて行きまして恐縮です。
かなり刺激を受けた様で、軽便人口の増加が見込まれます。

秋の良い色合い、当方の次の競作テーマが秋なので、参考にさせていただきます。
今後とも、お会いする機会には是非お話させてください。
よろしくお願いいたします。

追伸:
ブログの件、すみません。ありがとうございます。
スパム的なコメント対策で、ブロック策を複数入れており・・・
何かの条件に引っ掛かってしまったかもしれません。(^^;;
もしよろしければ、メールをいただけますと嬉しく思います。

Posted by: 卓@押入線 | 2017.10.03 12:42

追伸・連絡です。
「鉄コレを切り継いで尾小屋キハ1風」の作者さんですが、
こちらだと思います。「とよみつ」さんです。
http://blog.goo.ne.jp/infobarx100

Posted by: 卓@押入線 | 2017.10.03 12:45

皆さん、こんばんは。
スイマセン、祭翌日は仕事手抜きでダラダラしていました~w(平伏)。

>ムさん、
改めて乗り入れをありがとうございました。このたびは偉大なる先人たちに救われた気分です。(^^;

>カワイさん
撮り忘れていました~(大汗)。でも喜んでいただければ幸いです。

>卓@押入線さん、
Blog書き込みの件、大変失礼いたしました。
改めてご来場お声掛けありがとうございました。軽便人口の増加に繋がるならば、苦労してレイアウトを製作した甲斐があります。機会があれば乗り入れ車両を製作なさってお持ちください。一緒に遊びましょう。
 マジレスすれば、秋の色合いは場所によっても異なりますし、この度の猫耶線はかなり安直に済ませてしまい悔いが残っていますので、季節もちょうど秋だけに、ぜひご自身の感覚を研ぎ澄ませて作品に反映させてください。
 また尾小屋キハ1風の作者さんのハンドルネーム、ありがとうございます。

Posted by: みのる | 2017.10.03 22:10

みのるさん、あさイチからの乱入をありがとうございました。
「間抜け顔」の2両が並ぶと微笑ましい。
来年は「自走客車だよ、全員集合!」ってやりませんか?(笑)
それから猫屋の簡易軌道がどうでるか?
それに合わせて「みのるさん流」祭りレイアウトが出来ちゃうのか、興味深々です。

Posted by: やじまん | 2017.10.03 22:41

やじまんさん、こんばんは。
運輸工業自走客車揃い踏みの夢が叶いました。ありがとうございました。

「自走客車だよ、全員集合!」企画、思わず笑いました。好いですね。実施する方向で進めます。とは言え全部で何両になるのでしょうか(怖)。その前に来年の日程調整を秘密裏に進めねばなりません。

 猫屋線の簡易軌道はひじょうに気になります。セミフリーでしょうから、機関車・ミルクタンク車・ミルク缶運搬車・自走客車の4両で終わりそうな予感もしますが、鉄コレ動力なら一昨年のシェフのレイアウトみたいな極端なU字勾配も楽々と走ってしまう期待も持たせます。レイアウトは発売車両を見て考えましょう(笑)。

Posted by: みのる | 2017.10.03 23:56

お疲れ様でした。
相変わらずの手慣れた作品にため息でした。
今回、我が家の猫屋線改造車はRに弱いことが分かり乗り入れできませんでしたが、せめて写真だけでも撮っておけばと後悔中です。。
来年こそはリベンジさせてくださいませ。。

Posted by: norigon | 2017.10.04 00:21

乗り入れ、とても楽しい体験でした。
赤井、片野両氏に心酔していた10代以来、本当に久しぶりに手がけたナローの車輌。
みのる様のレイアウトを走る姿を眺めると、なんだか胸がいっぱいになりました。やっぱり走らせるのはいいですね!
会場での数々のご無礼、平にお許しくださいませ。

Posted by: いちかわ とよみつ | 2017.10.04 15:51

こんばんは。そう言えばニンニンさんの尾小屋を動かさなかった上に撮影もしなかったような・・・(大汗)

>norigonさん
祭出展、お疲れ様でした。意外と忙しくて話もそこそこでした。確かに動かせないと判ると躊躇してしまいますよね。撮るだけでもOKなのでお声掛けください。

>いちかわ とよみつ さん、
乗り入れありがとうございました。何か無礼があったのか全く覚えていませんが、ナロー好きなら皆一緒です(笑)。次回もお待ちしています。

Posted by: みのる | 2017.10.04 20:40

参加された方々の書き込みも落ち着いてきたようなので・・・

お疲れ様でした~
盛況だったのは何よりですね。
しっかりと、期限に間に合わせているのが「凄い!」 でも、見学に行けなかったのは残念です。

猫屋線効果も大きいですね。やはりJMをやっている身にとっては、1/80ナローは嬉しいです。猫屋線は、ついに「富別簡易軌道」も予告されてワクワクです。ホビーメイトオカでも発売されるなど、1/80ナローが「復活」して嬉しいです。出来れば、JMkと表記されると嬉しいですが、機が熟していないのかもしれませんね。

Posted by: 廣瀬 | 2017.10.05 01:53

廣瀬さん、こんばんは。
何とか形には出来ましたが不満の残る仕上がりです。(^^;
猫屋線でナローに興味を持って祭へ足を運んで下さる方が増えたのだと思います。個人的には猫屋線からガチな1/87へ進んで欲しいです(笑)。呼称は13mm嗜好の内輪だけに留めておいた方が宜しいのではないでしょうか。

Posted by: みのる | 2017.10.05 22:23

The comments to this entry are closed.

« 2017軽便祭、お疲れ様でした | Main | 祭の後2017 »