« 猫屋線はどんな夢を見るのか | Main | 祭への坂道2017:その5 »

2017.08.02

8月の息抜き

8月になりました。相変わらず休みらしい休みはありませんが、後先考えずに気晴らしの買い物へ出かけました。
その前に、まずは先月の気になった話題から。

◎ うぉーJAMで簡易軌道展を開催するのかー。無理しても行くぞ、いま行かないと一生後悔しそうだー。

 ワールド工芸のキハ22の組み見本を最初にパッと見て10系に見えました。屋根が浅いのか?角Rが小さいのか?違和感を持った部分を的確に指摘できないだけに大変悶々としています(悩)。

1978aut015 長らく予告だけだった天プラ181系の予約案内メールを貰いました。ようやく発売されるようですね。カメラを持つ前に、線路際に佇んで走り行く“とき”や“あさま”を見送っていた日から鉄道趣味が始まりましたので、以前の157系同様に想い出深い車両です。ただ最近はこれら“懐かしい本線系プラ車両”にあまり気持ちが動かなくなりました。もう新製品はナローと地方私鉄だけで充分かなぁと。いよいよ枯れてきたのかもしれません!? 

 TOMIXの新システムは興味深いですねぇ。メーカーサイトの動画を見ると今までの自動運転ユニットでは出来なかった、アナログで2列車交換同時運転も可能だそうです。いま発売されればグルグル山奥線リターンズで試してみたかったところですが、祭までには間に合わないみたいで残念です。現自動ユニットと比べて低速走行は可能だろうか?の疑問も残ります。

 そうそう、祭のお題は「蒸機以外のロッド駆動車両」だそうですので、長らく放置中だった赤穂のDLを完成させればエントリーできそうです。果たして間に合うのか!?が大問題orz。

0007371000073697

 さて本題。巣鴨のさかつうギャラリィーで開催中の池田邦彦氏の個展へ行ってきました。記念に『机の上の小さな鉄道レイアウト作り』も買ってしまいました。この本の内容は、発売当初に他の方々がいろいろと感想を書かれていましたし、以前にサラッと立ち読みもしましたので、凡その知識は持ち合わせていましたが、ギャラリーで作例を目の当たりにしてみると、いろいろと興味深い発見が多々ありましたし、作ってみたい気にさせられます。これは単に書店で本を手にしただけでは味わえなかった高揚感です。

0007369500073692

特に気に入ったのは右の鉱山とダムのあるレイアウトです。いま改めて本のページをめくっていますが、この地面の高低差は刺激的でした。如何せん極小レイアウトであるのでマジマジと覗き込めなかった(あまり顔を近づけると壊しそうで:汗)のが残念でした。 
一旦は書店で本を手に取ったけれど買わずに帰った私のような方も、見に行く価値があるかもしれません(笑)。

00073701 一方、こちらは買いたかったけれど、なかなか買いに行けずにキリキリしていた本、モデル8発売の『大糸線』です。言うなればこのたびの買い物の目的がこれです。書泉で買いました。旧国と言えば飯田線が定番な世代ながら、元来のへそ曲がりから実際にわざわざ見に行った(撮りに行った)のは大糸線だけでした。ぶっちゃけ、乗り心地だとか感激だとか、記憶には全く残っていないものの、少々思い入れもありましてね。秀逸な模型製作資料(=底なし沼)が新たに書架へ加わりました 
198106212024

|

« 猫屋線はどんな夢を見るのか | Main | 祭への坂道2017:その5 »

Comments

今年のJAMも、町内会の役をやっているので行けません~
残念です・・・
JMの鈴木さんの講演もあるらしいので、余計残念です。
ワールドのキハ22は・・・悩ましいですね。正面窓が、「高く」見えないせいでしょうか? 塗り分けると変わるのか??? 床下器具はどこまで入っているのでしょうね。動力機構がJMに対応出来るのかも悩ましいです。「池田邦彦氏の個展」は、見に行けて羨ましいですね~ 本だけでも買っておこうかしら。 大糸線も懐かしいですね~ あ~誘惑が多すぎます。なんとか天プラ181は、スルー出来そうですが、誰か近所で買って見せびらかせて欲しいですね。北海道や非電化・・・などと言いながらも、魅力的です。関西では買う人少ないかな?

Posted by: 廣瀬 | 2017.08.03 01:30

猛暑かと思うと曇天&豪雨で、こんなときは模型工作捗らないですね!(正当化?)
最近は「よほどのことがないと車両は買わない」ようにしているのですが、181系はよほどなので買ってしまいそうです(遠い目)
超小型レイアウトについては、祭りのときに「忽然とみのるさんのレイアウトの横に出現」したらみんな驚いてくれるっだろうか?(謎)

Posted by: ム | 2017.08.03 22:18

廣瀬さん、ムさん、こんばんは。戯言にお付き合いいただき、ありがとうございます。

>廣瀬さん、
JAMは欠席ですかー!?残念ですが、ご用事なら仕方がありません。キハ22は未塗装な上に照明の反射も原因かもしれませんので、塗装済み見本がUPされる事を期待したいと思います。床下機器はどうなのでしょうね?(^^;
 個展は興味深かったです。極小レイアウトながら、少しサイズを大きくしてもそのまま使える風景構成は見事でした。プロのデザインの妙技でしょうか。

>ムさん、
台風の影響なのか天気がハッキリしませんね。神出鬼没の超小型レイアウトは驚くかもしれません!?宜しければ拝見したいです。
181系は惹かれます。ただ今の私には宝の持ち腐れになりそうですので、ご購入の暁にはBlogでお披露目してください。(^^;

Posted by: みのる | 2017.08.03 23:04

The comments to this entry are closed.

« 猫屋線はどんな夢を見るのか | Main | 祭への坂道2017:その5 »