« 別府鉄道の事:2 | Main | 8月の息抜き »

2017.07.09

猫屋線はどんな夢を見るのか

 今年の祭の出展者が出揃いました。

えぇ~!? KMC出ないの?
林鉄ジャンルが手薄じゃん~。机の脇は空いてますよー。 

 今年も半年が過ぎました。6ヶ月経って完成させたモノが何も無いこの現実に、思わず目を背けたくなる気持ちを脇へ追いやって3ヵ月後へ向かって突き進みます。此処へ来て4月以来具合の悪かった右腕(利き腕)の痛みが激しくなりまして、思うように工作ができなくなりました。
華麗に加齢な、五十肩だってさっ(泣)。
肩以上に、肘も酷く痛むので工作進捗率50%減 です。

 さて前エントリーを書いてから1ヶ月ほど経ちました。いよいよ繁忙期に突入しますが、Blogを放置しっ放しも拙かろうと“祭への坂道2017”第4回目の現況報告となります。レイアウト製作は、多少の不安は残るものの辛うじて順調に進んでおりますので、もう片方の懸案事項である「猫屋線車両」をいかに料理するか?をまとめてみたいと思います。プラ系車両加工(含む製作)って実は苦手なんですよね。
20170618 手元にある“猫屋線車両”は、第1弾と第2弾それぞれ1セットずつなので、計4セット。内訳は気動車4両、客車4両の計8台です。小規模の軽便鉄道を再現するには充分過ぎる在籍車両数ですし、製作中のレイアウト規模=有効長D・T・T(3連)2編成を考え合わせても、気動車の予備車両も含めて充分な両数です。
 夕張鉄道並みの片運転台DTD編成とか非電化パノラマカーなど面白ネタを、切った貼ったで製作して軽便オヤジの意地を見せたいところですが、今は時間も余剰の種車(猫屋線車両)もありませんので、単純にパーツ交換と塗装変更だけでサクッと済ます予定で、先月(6月)は車両仕上げ月間と決めて半月で仕上げる予定でした。
 

  しかし、手を動かし始めたら、案の定“ただでは済まない設定”がいろいろと湧いてきまして、切った貼ったこそしなかったものの、簡単なディテールアップとモールド削りだけで1ヶ月以上も費やしてしまい、お恥ずかしい事にまだ完成に至りません。

0007355800073577

00073571現時点でお披露目できそうな車両は、とりあえず仮組立した客車3両のみです(屋根は乗せただけ、下回りは手付かず:激汗)。また意外とプラ系塗料を持っていない事に気がつきまして(汗)、いろいろと配色を考えて考えて考えて1周回って製品と似たような塗装となりました。GMの9と37でして、コレ全く変わり映えはしません。泣けてきます・・・。消したと思った継ぎ目は浮き出すは、塗装直後に車体が転がって他に車両に塗膜が移るは、何か単に傷を増やしただけの結果に唖然・呆然・憮然としておりますよ。

パーツに関しては、手持ち罪庫を優先しましたが、現在、手に入り易く使い易い1/80のパーツと言えば、エコーモデルとモデルスイモンの旧フクシマの各製品ですね。またご存知のようにアルモデルから猫屋線用のディテールアップパーツも発売されています。使ったパーツだけ羅列しておきます。

荷物台(アルモデル猫屋線改造パーツA)、ベンチレーター(エコーモデルNo.754・IMON BD3001,3002)、ヘッドライト(エコーモデルNo.607,1647・IMON BD2004)、テールライト(エコーモデルNo,1614,2003,1723,3608・IMON BD2103,2104)、ジャンパー栓(エンドウ#5812)、タイフォンカバー(K.Sモデルの余剰パーツ利用)
※旧フクシマのパーツは現IMONのパーツ番号へ置き換えました。

さぁ、今後はどうなるのでしょうか?祭(=〆切)は待ってくれませんから、以後は夢の舞台=レイアウトの仕上げに邁進します。8月の盆明けまで模型製作できそうな時間は見当たりませんので、たぶん、次回の報告は来月末。

|

« 別府鉄道の事:2 | Main | 8月の息抜き »

Comments

猛暑の季節になりましたね(遠い目) 右手といえば、私も愛犬のチョコ君に右手を深々と噛まれて、しかも傷から菌が入って右手が腫れあがって3日熱を出して寝込む始末(ち~ん) レイアウトの方も気になりますが、車両工作が進んでいるのですね。 ウチの機関車もそろそろやらないといけない(さらに遠い目)

Posted by: ム | 2017.07.09 22:09

ムさん、こんばんは。毎日暑いですね。
右手の件、Blogで拝見し驚きました。お見舞い申し上げます。
なかなか車両工作が進まないのは暑さの所為にしておこうかと思っています。(^^;

Posted by: みのる | 2017.07.09 23:58

五十肩も辛そうですね。
ゆっくりと温泉にでもつかって・・・と言う季節ではないですが、夏の方がエアコンなどで冷やしがちなので、真夏も長袖で乗り越えていますがお勧めです。私は、この上XX肩とかになったら大変ですから(大汗;)
やはり、1/80はパーツが豊富で良いですね。切り貼りナシでも、イメージ変更がうまくいっている様子ですね。客車の床下は、緩急車のブレーキ以外は、全く無くても気にならないかもしれませんね。

Posted by: 廣瀬 | 2017.07.14 01:49

廣瀬さん、こんばんは。
肩は急に痛み始めまして、温泉入ってゆっくりしたいです。お心遣いに感謝いたします。
小型車用の1/80パーツは豊富ですので悪乗りして使っています(^^;。実在の軽便で、客車まで空制になっていた例は少ないですから、一般的には客車の床下は手ブレーキのテコくらいですね。今回はかなり悪乗り予定ですが!? 

Posted by: みのる | 2017.07.16 02:17

みのる さんこんにちは。
前回の別府鉄道の話題など、興味深く拝見しています。
「五十肩」ですか、お大事にしてください。
先般も同僚が手が上がらないなど、周りでよく聞きます。
一昨年あたり、そうなのかと思っておりましたが幸いそのような状況ではありません。
 当方は目の病気をしてから模型も滞り、石坂さんのCMの眼や3本ほど使いながらやってますが、なかなか集中力が続きません。
痛みを感じないのがせめてもの救いですが、最近は細かいものをすぐ落としたり、ビスやバネを紛失することが多いです。
 大変でしょうけれど、焦らずやってくださいね。
いつか拝見したいと思っております。

Posted by: すずきみつる | 2017.07.21 05:43

すずきみつるさん、こんばんは。
お心遣い感謝申し上げます。模型製作だけへの影響なら良いのですが、仕事へも差し障りがあるので困っています。

自分も老眼が進みまして石坂さんのメガネは愛用しています。それでも細かなパーツを飛ばしたり落としたりは多いです。今よりも酷くならないうちに模型をバンバン作りたいですね。(^^; ←嗚呼オッサン自慢!?

ご遠方なので無理は申せませんが、ご都合が宜しければどうぞ軽便祭へ足をお運びください。

Posted by: みのる | 2017.07.21 22:34

The comments to this entry are closed.

« 別府鉄道の事:2 | Main | 8月の息抜き »