« 祭への坂道2017:その2 | Main | 別府鉄道の事:2 »

2017.06.02

祭への坂道2017:その3

 6月になりました。皆さんこんばんは。鉄コレ猫屋線車両用の車両ケースが欲しくなる今日この頃、今年の祭まで、あと4ヶ月!先月正式に出展願いを出しました。これで後戻りはできません。しかし肝心の猫屋線レイアウトは忙しさに感けて頓挫したままです。さすがにこのままでは拙かろうと、動かしながら風景を探るべくTOMIXの自動運転ユニットを探し出して2列車交互運転を試してみたところ、

なぜ低速が全く効かないのだろうか!?(泣)

00073101パワーパック(N-600)のつまみを少し回すだけで、レーシングカーもビックリする程のスピードでぐるぐると走り回る上に、スロットルの反応も極端過ぎるほど過敏です。まるでキドマイティーにDZ123を無調整で繋いだような走りです。単にパワーパックから直接繋いだ時には、3メモリくらいでうねうねとマッタリ動きますし、スピード調節も比較的余裕がありますので、自動運転ユニットには余計な作用が何かあるのでしょうか。或いは鉄コレ動力との相性が悪いとも考えられます。鉄コレ動力以外の車両でも試してみましたが、速度調整のし難さと低速性能の悪さに変わりはありません。前作の山奥線でも使用したシステムでしたが、あの時は試運転さえ当日に持ち越しでしたし、速度調整し辛いイメージはあったものの、低速性能が悪いのは古いスプリングウォーム仕様の車両の問題とばかり思っていましたよ・・・(落胆)。

低速を効かせてマッタリと自動展示運転で楽をする予定が、これは計算外でした。

自動運転ユニット使用を見越して採用したプランでありながら、このままでは単なるエンドレスぐるぐる回しと相成りまして、ますますテンションが下がってきた猫屋線レイアウト製作です(ぼー然)。これは出展申し込み早々、黄色ランプ点灯!?

 と言う訳で、懸案の猫屋線レイアウトは

全面的に1から作り換えました

0007311800073097

Plan20170321b以前に載せた、ぐるぐる山奥線のもう片方のプランを元に、洞爺鉄道さん製作中レイアウトの好い所取り(=パクリました~ )の新レイアウトです。むろん台枠と線路は流用しています。サイズは900×650(うちバックヤード部分は900×200)で最急カーブ半径R140です。
 メインラインは左のプラン図とは少し異なるものの、8の字エンドレスに交換駅となっています。また勾配6%でもOKとの話でしたので、3%サブテレインを2つ重ねて6%勾配を採用したところ高低差約70mm(レール上面からは67mm)となりましたので、気動車だけで無くパンタの下げられる電車ならOKではないでしょうか。製品そのままの姿でも、6%勾配を客車2両牽かせてユルユルと走る姿には、思わず頬も緩みます。鉄コレ動力の優秀さが際立ちますね~。 むしろ、スプリングポイントを多用したDCC運転とすれば、かなり面白そうな運転が楽しめそうです。その代わり、手放し運転厳禁の上に1人で店番し放題になりそう(鬱)。

00073122 風景に関しても、川、駅、林、と無難な構成になっている反面、前作よりも各場面を具体的にイメージし易いので、作業は順調に捗っています。新緑も捨て難いし、久々に空っ風も吹かそうかと、いかに自分の色を出すか!?が最大の悩みでしょうか。今頃この状態で果たして間に合うんかいな!?との心配は残りますが、何にせよ、骨組み状態のレイアウトでありながら、完成後の風景が見えるのはストレスが無くて宜しい!(嬉)。 なおバックヤードを含めた具体的なプラン図は特には載せないつもりですので、祭当日をお楽しみに!?

 詳細は後ほど改めて告知しますが、スケール問わず、今年も乗り入れ車両を募集しますので、ご希望の方は今からご用意を。

|

« 祭への坂道2017:その2 | Main | 別府鉄道の事:2 »

Comments

「自動運転ユニット」は持っていないので、どんなものか分かりませんが・・・ 加減速機能があるのでしたら、簡易な「トラコン」を内蔵していると考えて良いので、その使用がマッチしていない動力車は不適切な挙動を示すのかもしれませんね。
もし「いきなりフルパワー」になるのなら、加減速機能付きのDCCデコーダーを乗せて「自動運転ユニット」に合わせた仕様にCVを設定してしまう手もありますね。アナログ運転の場合も、加減速などの設定が有効になるデコーダーが有ったはずです。最近いじっていないので、型番を忘れちゃいました・・・

Posted by: 廣瀬 | 2017.06.03 00:45

廣瀬さん、こんばんは。
対応策をありがとうございます。
いきなりフルパワーと言う訳ではありません。

自動運転ユニットは、動作にある程度の電圧が必要だそうで、電圧が低過ぎると動作しない旨の説明は書いてあります。ただJR/国鉄編成モノのようなしっかりした走りになってしまいまして、軽便車両を動かすには速度が早過ぎるように思えてなりません。元々の対象が違いますから仕方が無いところでしょうか。

ちょうどTOMIXサイトに路面電車を使った動画が載っていまして、ぴゅーって感じで動いてます。(^^;
http://www.tomytec.co.jp/tomix/necst/autounitn/

Posted by: みのる | 2017.06.03 01:35

電気ものは難しいですよね、思った通りに動いてくれなくて・・(遠い目)
それを教訓としてレイアウトプランを変更して次のステップに進むんだのはさすがですね。
私もそろそろ1/80のロコの準備を・・・(さらに遠い目)

Posted by: ム | 2017.06.04 21:03

ムさん、こんばんは。
与えられた仕様で満足できれば、何も考えずに簡単に使える反面、少しでも仕様を変えたいと思うと知識が無いと全く手に負えないのが最近の電気モノです。いやはや難しいですよね。(^^;

プランも変えて再挑戦中ですので、R140・6%勾配走破可能な車両(スケールは不問)をお持ちいただければ!

Posted by: みのる | 2017.06.04 22:33

The comments to this entry are closed.

« 祭への坂道2017:その2 | Main | 別府鉄道の事:2 »