« 祭への坂道2017:その3 | Main | 猫屋線はどんな夢を見るのか »

2017.06.11

別府鉄道の事:2

いま別府鉄道の話題が熱い!?

198312245009いぇ単に、毎日欠かさず拝見しているWebサイトさんの最近の更新が別府鉄道なので、勝手に多大な影響を受けているだけの話です。知識の無かった当初はご他聞にもれず「別府(べっぷ)」に大分交通以外の私鉄があったんかいな?とステレオタイプの感想を持っていました。もちろん別府(べふ)は九州ではありません。以前書いた話はこちら

198312245002この機に乗じて貴重な写真でも載せるべぇと、下心いっぱいに撮影した写真を見返していたのですが、ほぼ写真は出尽くしていました。そりゃぁ1回しか訪問していない上に乗る事だけが目的だったので、秘蔵写真なんてありませんって。 

ところで、記憶と言うのは当てにならないものです。一度でも別府鉄道を訪問された方ならば、別府港駅前にあった日通事務所を覚えているのではないでしょうか?

正確には、別府港駅を出て踏切を挟んだ反対側に建っていた“壊れかけた!?日通事務所らしき建物”です。
198312244016柱はしっかりしているので崩れかけではありません。ペリカン便の立て看板も出ているので、もしかして現役だったのかもしれません。「好い味を出しているよねぇ」と『シーナリィーガイド』に感化された模型マニアとしては当然“レイアウト資料”としてシャッターを押す訳です。でも四方から撮らずに1枚だけしか撮らない辺りが“感化されただけ”のマニアの悲しい現実でして、資料として勇んで公開するには甚だ中途半端な感は否めません。

198312244027 その別府港駅からは更に工場への引込み線が続いていますので、この踏切で待っているとDLに牽かれた貨車が来ます(右写真)。「あれっ?踏切警報器が見当たらない気が?」と思いつつ、改めて写真を見直してみると、妙に高い位置に降りた遮断棒(遮断管)は写っています。これってもしかして、もしかしなくても、手動の踏み切りだったのか~!!!と34年の時を経て改めて気が付きました。

 昔々に作った庶内レイアウトでは手動踏み切りの資料が見つからなくて適当にでっち上げましたが、まさかこんなところに写っていたとは・・・、それを実際に見て体験していたとは・・・、驚きですね。えぇ記憶は一切残っておりません(開き直り)。

今更ながら、手動の踏切施設の写真を拡大してみました。
198312244016b198312244026b

左:日通事務所側 (棒の受け)   右:駅舎側 (回転軸側とでも言うのか)

 窓にミニュチュアサボが貼ってある怪しさには触れませんw(日通事務所)。相変わらず四方を撮っていないので資料としては中途半端ながら、DL通過の1枚にも端に軸側が辛うじて写っています。右の駅舎側拡大画像には、バックミラーや重し(レールの切れ端か?)や遮断棒を固定するらしいワイヤーやら滑車やら、手作り感満載の設備が確認できました。遮断棒の向きも一方に揃っているのですねぇ。手動の遮断器ってこんな風なんですねぇ。しかも道幅いっぱいに片側から遮断棒を渡しますから、意外と長いです。根元も一回り太くなっているようです。

198312244015 この駅舎脇裏側から踏切方面を撮った写真には、上がった状態の遮断棒が屋根越しに写っていました。今の今まで全然、気がつかなかったんよ。(撃沈)

 果たして、踏切番のオジサンは居たのか?具体的な遮断棒の上げ下げ作業はどうだったのか?何となく想像はつくものの、今となっては確認する術はありません。198312244011b警報器のあるハンドル回してワイヤーを下げるタイプの手動踏切は、子供の頃に見た記憶が残っています。ただ竿(棒)を上げ下げする手動の踏切は、ここ別府港でしか見た記憶はありません。と言うか手動だった事に今頃気づいた訳なので、何を見ていたのだ、34年前の自分!
この文章を書いていて途中で思い出しました。以前に某サイトでも手動踏切に触れていたような気もします。何を見ていたのだ、今の自分!

訪問時の記憶はほぼ残っていないものの、ナローが一段落したら、貨物主体のローカル私鉄を作りたくなる衝動に駆られます。別府鉄道、好いですね。

|

« 祭への坂道2017:その3 | Main | 猫屋線はどんな夢を見るのか »

Comments

ローカル私鉄、いいですよね。 これでレイアウト作ったら・・とあちこち手を出すと、私のように「悩みが増えて1つもレイアウトが完成しない」という状態になります(遠い目)

Posted by: ム | 2017.06.10 11:16

ムさん、こんばんは。
今のところ軽便レイアウト最優先ですから、浮気厳禁ですね。(^_^;)
一段落した暁には、作ってみたい衝動に駆られます。

Posted by: みのる | 2017.06.10 21:17

佳い味出していますね
手動踏切の貴重な記録ですね。反対側の遮断竿を連動させるプーリーも写っています。

私も1980年頃に訪問しているのですが、四国への行き帰りに寄りました。でも、時間が無かったのか、乗車と機関区訪問だけで氏一杯だったようで、件の日通事務所の写真は、見当たりませんでした。残念・・・

Posted by: 廣瀬 | 2017.06.12 01:54

廣瀬さん、こんばんは。
この滑車は連動していたのですね!?
いま気がつきました。ありがとうございます。(^_^;)

Posted by: みのる | 2017.06.12 22:24

The comments to this entry are closed.

« 祭への坂道2017:その3 | Main | 猫屋線はどんな夢を見るのか »