« 簡易軌道の記念誌 | Main | 祭への坂道2017:その3 »

2017.05.16

祭への坂道2017:その2

 釧路市立博物館の簡易軌道記念冊子は各所で大絶賛ですね。今年は簡易軌道が旬かもしれません。猫屋線レイアウトは取り止めて、修復した広加内線を祭へ持って行く方が、完成の目処も立ち易い個人的な事情もあります。とは言え、ご存知の通り猫屋線の第3弾も発表されました。次は機関車と客車・貨車のセットだそうです。発売は秋頃なので今年の祭までに間に合わないかもしれませんが、こちらも更に盛り上がりそうな勢いを見せています。

これは悩みどころですなぁー。

00072941と、悩んでいるよりも手を動かせ!
とりあえずバックヤードも含めて線路を敷いて猫屋線車両を動かしてみました。バックヤードに使ったのは全てTOMIXのレールで、R177カーブとポイントR140を組み合わせて交換設備を設けました。手前のセンサーレールを使い、2列車交互自動運転に備えます。なお車両の動力は純正指定部品を使いました。

00072944 表に敷いた篠原線路とTOMIX線路の接続は、TOMIX接続線路を加工して使いました。単に篠原レール#60とTOMIX線路の外側に丸線をハンダ付けした、かなりの現物合わせ仕様です。レール頭を揃えてヤスリ仕上げ、少々段差も残ってしまったものの猫屋線は問題なく動かせます。たぶんフランジの低い他の車両ですと、引っかかるかもしれません(大汗)。

 この状態で動かしてみると、無加工のDC+PCの2連では問題は出なかったものの、DC+PC+PCの3連では中間のPCがポイント分岐側で頻繁に割り込みます。キハ11・ホハ1形新塗装のセットの中間に、車体長短めのホハフ55を挟んだのが良くなかったようで、調べてみるとR140カーブ(ポイント分岐部)でアーノルドカプラーの復元バネが台車の首フリを若干制限しているようです。

00072970 元々、カプラーは交換しようと思っていました。実車では言うまでも無く「朝顔」が多いのですが、個人的には日立ウィリソン(栃尾や佐賀関)や小型自連(遠鉄奥山)も捨てがたいので、当初は、Nでは大柄、ナローなら大きさピッタリでは?と思っていたボギー貨車用のナックルカプラーに交換してみたところ、車間短め仕様が仇となって、そのままではカーブで車体が衝突してまともにレイアウト上を走行しませんでした。
 そこで、カプラー基部の加工も面倒なので手持ちのKATOカプラーに交換してみました。あくまで無加工にこだわります。これで3連も割り込みせずにポイントを通過できました。

せっかく車両のラインアップが増えてきたのだから、セットの2連だけでなく、往年の井笠ラッシュ編成のような「ナローの長編成」も動かしたいですよね。(私だけ?)

そんな訳で、動かしてみました!

0007295700072966

00072964 ご覧の通り両端が動力車のD・T・T・T・Dの5連です。条件としては意外と厳しい編成です。
 ところが、アナログ運転ながらチャンと協調してR150の4~5%勾配を低速でウネウネ走るんですから、これは面白い!かなり楽しい!気動車と客車の背丈をもっと極端に変えれば、更に魅力的に見えそう!ただ小径車輪の純正動力でも見栄えはそれほど悪くありません。むしろこのままで充分にも思えます。撮影は停止した状態で撮っていますが、動画でお見せしたい衝動に駆られます。

 5連ではバックヤードの交換設備に収まりませんから、5連で2列車自動交互運転はできません。有効長は4連(D・T・T・T)でもセンサー位置との調整が難しそうに思えます。しかし、このような極端な編成でも動かせるのと動かせないのとでは雲泥の差があります。
 最新のNゲージ動力恐るべしです。

レイアウト上をうねうね走る猫屋線5連を眺めていたら、何かイマジネーション湧いてきた!・・・かも!?

|

« 簡易軌道の記念誌 | Main | 祭への坂道2017:その3 »

Comments

長編成の軽便列車も楽しそうですね。 いよいよ猫屋線構想開始かと思うとワクワクします。

Posted by: ム | 2017.05.16 06:21

ムさん、こんにちは。
ありがとうございます。急勾配急曲線ながら、長編成ナローも動かせるので楽しいです。

Posted by: みのる | 2017.05.16 12:58

長編成は、猫屋線ならでは! 尾小屋でもイベントが有ると「有るモノ全部つなぐ」が有ったようですからね。最終日も、かなりつないでいたように思います(DL+客車2両+キハ2とか)。簡易軌道は、どうでしょうか?
第3弾も、楽しみですね。これだけあれば、1/80のナローは開業出来ます! 蒸機が無いか・・・

Posted by: 廣瀬 | 2017.05.17 02:29

廣瀬さん、こんばんは。
ナローの長編成は仙北と西大寺と井笠がすぐに思い浮かびます。簡易軌道は最終日でも自走客車1両だけ(幌延は客車2両)だったようですが、あまり資料写真を見かけません。
猫屋線第3弾が発売されて、もし第1弾から各1セットずつ購入すると、気動車/客車の数は異なりますが、ほぼ尾小屋鉄道並みの在籍車両数になりますから、仰るようにナロー鉄道が開業できますね。蒸機もそのうち発売されるかもしれません。

Posted by: みのる | 2017.05.17 22:07

庶茂内さんに伺います。
採用カプラーはカトーカプラーとのことですが正式名称をご教示して下さい。
当方はカプラー基部を加工してカトーカプラーNを使用していますが、加工無しで付く長柄のカプラーは魅力的なので使用したいと思い購入希望です。
宜しくお願い致します。

Posted by: 通りすがり | 2017.05.29 03:44

おはようございます。ご質問の件です。

 私のコレも同じくKATOカプラーN(11-702)です。ただ現行品では無く、20年以上前のストック品なので、或いは型が変わっているかもしれません。
 TM-07RやTT-03Rに付属していたカプラースペーサーを使ってカプラー基部を延長しています。若干上向きになりますので現物合わせで修正しました。

極々たまに自然開放します。(^^;

Posted by: みのる | 2017.05.29 09:26

The comments to this entry are closed.

« 簡易軌道の記念誌 | Main | 祭への坂道2017:その3 »