« 作品展2 | Main | 祭への坂道2017:その1 »

2017.04.18

駅撮り583系

 今年は桜と列車を撮影する機会を逃したまま葉桜になってしまいました。今月始めに583系が引退したそうで、さとしさんのBlogを拝見して改めて気が付きました。鉄道ホビダス「今日の1枚」は欠かさず見ていたのですが、583系さよなら運転だったかぁ、程度で全く気にしませんでした。
1976ueno583hibari国鉄型車両は好きですが、それは単に自分が子供の頃の「純粋に鉄道が好きだった時代の鉄道景色」に想いを馳せているだけで、現在走っている国鉄型車両を追いかける程の“熱意”はありませんから、うっかりしていました。
 ここで 「昔のサロ・サシ入り長大編成こそが583系の華だから、いまどきの短編成の団体臨時列車なんて・・・」と批判的な話は書きません(笑)。昔の話を昔の写真を垂涎の想いで眺めるのは、どの世代もいつの時代も同じ事、今の方は、今のうちに「現在の姿」を撮影するなり調査するなり模型化するなり、郷愁オヤジの戯言に惑わされずに、悔いの無い鉄道趣味を送っていただきたいです。

 さて、そこで自分の撮った583系581系の話ですよ。
198403xx016


走りは1枚しか撮っていません。 

しかも回送の後追いです。当たり前のように走っていた姿を、悔いの無いように撮影するのは難しいですねー、と先に言い訳を書いておきます。当たり前の姿ほど後になって思い返すと貴重なモノはありません。


 馴染みの583系と言えば、まず最初に思い浮かぶのが“はつかり”です。“ひばり”にも使われていた時期はありましたが、583系の昼行特急列車=はつかりです。他に常磐線周りの“みちのく”がありました。夜行寝台特急列車は“はくつる”と“ゆうづる”です。臨時列車にはズバリ“あおもり”もありましたね。臨時“あけぼの”はJR後だったでしょうか?既に記憶が定かではありません。
1982sum0161982080010

1985031110131982sum015b

東北本線と常磐線では毎日のように運用についていた583系ですが、高崎・上越・信越本線では普段は見かけない車両だった事もあって、583系を眺めると非日常のワクワク感がありました。その583系が東北・上越新幹線上野開業ダイヤ改正直前(撮影日1985/3/11)に、485系だった“鳥海”(上野~青森:上越線経由)の代用として使われた事がありました。
198503111021198503111022

定期運用ではありませんので“臨時”のマーク掲出が当然のところ、粋な計らいで上野方のみ愛称を掲げた話は後になって知りました。


 西日本方面に目を転じると、583系よりも581系が主力でした。新幹線博多開業後の昼行特急列車は北陸本線の“雷鳥”と九州内の“有明”“にちりん”、198003274006夜行寝台特急列車としては“金星”“明星”“彗星”と後に“なは”(金星の区間変更!?)がありました。お恥ずかしい事にブレボケばかりでお披露目できるのは大阪駅で撮った“明星”と京都駅で撮った“なは”だけしかありません。
198003271023


198403155020 JRとなってからは、まだ盛岡止まりだった東北新幹線の青森連絡の役割を担っていた頃に一度だけ見かけました。最後に583系へ乗車したのも同時期の“ゆうづる”でした。

その後、徐々に運用からは外れて定期列車最後は急行きたぐにだったでしょうか。それ以降の団体臨時列車となってからの八面六臂の活躍は、むしろ今の皆様の方がよくご存知でしょう。昼夜問わず24時間戦えますか?と長年酷使された割に長命な車両でした。

しかし何ですな、駅撮りでも後追いばかり撮っている自分に今頃気が付きました。それでも583系/581系が昼夜問わずに本線を疾走していた姿を「目の当たりにした世代」で良かったと、つくづく感じます~。(しみじみ)  

|

« 作品展2 | Main | 祭への坂道2017:その1 »

Comments

いやいや走りは一枚しか取ってないにしても、駅撮りではちゃんと抑えてはるじゃないですか。
私など「ゆうづる」に乗ったものの、向操が近いのにまともな撮影記録はありません。
きたぐにや団体列車に格下げ後に落ちぶれた姿を撮ったくらい。
ブルトレ同様に寝台列車の憧れは同じです。もう見ることはないのですね。

Posted by: すずきみつる | 2017.04.18 17:45

すずきみつるさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

いよいよ583系も無くなってしまったそうです。
あの頃はほぼ駅撮りスナップだけでしたから、今にして思えば、もう少し何とかならなかったのか?と自分に文句をつけたいです。(^^;
向操の車両はきれいでしたね。「きたぐに」や「団臨」は撮る事無く終わってしまいました。

Posted by: みのる | 2017.04.18 20:30

583・581系は「月光形」として、子供心に憧れていたモノです。これを目指して、撮影に行った記憶は有りませんが、高槻~山崎などで撮影した記憶が蘇ってきました。残念ながら、乗車はきたぐにやシュプール号ぐらいでした。シュプール号は、夜行でしたが座席として使用されている車に乗りました。4人で乗ったので勝手に寝台状態にして、足を伸ばして過ごしたのも楽しい思い出ですね~

Posted by: 廣瀬 | 2017.04.18 21:57

廣瀬さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

月光形!?(@@;、昔は○○形との愛称が付いていましたよねぇ、懐かしい文字を久々に目にしました。乗車しませんでしたが、スキー大流行の頃のシュプール号も懐かしいです。

Posted by: みのる | 2017.04.18 23:17

「スキー大流行」・・・これまた懐かしいです。映画「私をスキーに連れてって」も相まって、時流にのって大流行したらしいですね。主題歌だけは、松任谷由実のファンの妹のおかげで、しっかり知っていましたが、映画は見ていませんでした。まあ、その流行のおかげで私もスキーに行けたわけですが(笑)その後、撮影で役だった車での雪道走行もその時の練習のおかげです! 何でも、鉄ちゃんに結びついていくのですね。

Posted by: 廣瀬 | 2017.04.19 01:14

廣瀬さん、こんばんは。
「私をスキーに連れてって」は映画もレーザーディスク(当時)も両方見ました。正確には見せられたかな!?(^^;
こんな私でも連れ立ってスキーへ行ったほどです(爆)。しかしもっぱら、自家用車乗り合いかバスツアーでしたから、列車利用の経験は無いのが残念無念。
 たしか東日本方面はシュプール蔵王が583系の記憶もありますが、既に鉄休み期間中でしたから、カメラを向ける事無く終わりました。

Posted by: みのる | 2017.04.19 22:15

The comments to this entry are closed.

« 作品展2 | Main | 祭への坂道2017:その1 »