« 鉄道模型芸術祭 | Main | 作品展2 »

2017.04.02

祭への坂道2017:序

と、言う事で始まりました「祭への坂道2017」です。今年は「猫屋線」をテーマにお送りいたします。

前エントリーでも書きました通り、祭出展用レイアウトを作る上での重要な点は「持ち運び」です。
 一昨年の山奥線では深い谷を作ったので、レイアウトの高さが35cmありまして持ち運びに難儀しました。そこで、高さは20cm以内に収めます。またサイズも長さは90cmと変わらないものの、幅(奥行き)はバックヤードを設ける事によって45cmとして全体をコンパクトに収めます。理想は箱詰めで全体照明まで欲しいところですが、電車移動では無理な話です。

ぐるぐる山奥線リターンズ!?(案)として提示した2種類のプランを再掲します。
Plan20170321bPlan20170321a


 どちらにするか?は、個人的なシーナリィーのまとめ具合に左右されるところです。画像は無難にステレオタイプな軽便鉄道=未舗装砂利道の昭和風景を基調としていますが、現代風の瀟洒な一戸建てやビルの並ぶウイットに富んだ景色、また現実離れした国籍不明な風景の方が猫屋線車両には絶対に似合うとは思うものの、想像力の欠如と製作能力(時間!?)の兼ね合いもあって躊躇しているところです。まずは線路だけでも敷いてしまって、風景は追々考えましょう。何れにせよ、線路を詰め込んでいますので、ハツカネズミが走り回るような雰囲気で、猫よりもネズミと改名した方が好いかもしれません。そのうち似合いそうなダジャレを考えます。
仮に名前が決まれば完成したも同然!? 

00072463 最初に、どちらのプランを選択するか決めないと線路も敷けません。勘の良い方は既にお解かりと思いますが、右側のプランを作ります。勾配は基本4%、一部5%の 山河苦戦 山岳線です。当初はご覧の通り「左のプラン」を採用して、さらに最上部の直線(左上から右斜め下へ)部分にも駅を作り、バックヤードの交換駅と共に4列車同時運転かつ交換2駅体制で臨もうかと作り始めたのですが、冷静に考えてみると、

 1:4列車運転になると、TOMIX自動運転装置はそのままでは使用できない。
  =運転が煩雑になって祭当日に席を外せない。
 2:似たようなプランで製作なさっていた話を以前耳にした。

の2点を主な理由に右側のプランに改めました。(まだコメントを戴く前の話:笑)。 前エントリーにてコメント戴いた洞爺鉄道さんはR140の6%勾配でも充分に走るとの実証例を挙げてくださいましたので、4%勾配でも余裕はあるかと思います。仮に左プランを製作していたら完全バッティングしていた以上に、むしろ手前のエンドレス部分を駅で隠さないプランの方が、レイアウトの端から端まで列車が走ってくる姿を全て眺められますので、左プランと比べると大変魅力的に映ります。どちらにしても、省スペースでも立体交差が楽しめますので、

優秀だぞ、猫屋線車両!

軽い客車の所為もあると思われますが、動力のゴムタイヤと全軸集電の威力ですねぇ。もちろんタイヤ厚やフランジ高や車輪径を始めいろいろとこだわる方は個々人で納得の行くまでこだわっていただくとして、特に職人技を持ち合わせていない身としては、安定した性能で気軽に手を出せるNゲージ用動力の恩恵を感じずにはいられません。

 さて、現状はこうなっています。
0072468

00072457 勾配の寸法取りはモーリンのフレキ勾配セット4%を使いました。基盤は5,5mm厚シナベニア、路盤は3mm厚ラワンベニア(罪庫品)を使いました。路盤製作中にクリアアランスが取れずに苦肉の策で一部5%勾配にせざるを得なかったのですが、6%でも大丈夫ならもっとクリアランスを取ってパンタモノも余裕で走らせる事が可能なレイアウトも作れたのではないか?と思うと少々後悔もしています。ここから作り直すのもチョッとねぇ~。

 ある程度、風景が決まらない事には線路も敷けませんので、この状態でしばらく放置して想像を膨らませてみたいと思います。何も無い骨組みレイアウトの中に風景が見えれば、後はそれをトレースするように作れば好いだけです。今のところ、味噌汁軽便のオイシイ風景、雑木林を背にした併用軌道やら田んぼやらの“里の風景”としてまとめられそうにはありませんので、いろいろな実景を参考にして風景を構築して行きたいと思います。どうしても風景が見えない時にはどうすれば良いのか!?
風景の見えないレイアウトは完成しない が持論ですけれど、ダメな時は“今は山中、今は川、今は鉄橋渡る時”でしょうか。

祭まで残り半年!

君は生き残ることができるか!? 

|

« 鉄道模型芸術祭 | Main | 作品展2 »

Comments

うぁ。。。こんなに出来ている!!

私はまだ絵にもなっていません ^^;
参考になります。

あと半年ですもんね。。
がんばります。。

Posted by: norigon | 2017.04.03 00:29

norigonさん、こんばんは。

早いのは慣れの部分が多いかと。
ここから先の「風景」が決まらないと、たぶん今年も徹夜決定になるかもしれませんorz。
がんばりましょうね~。

Posted by: みのる | 2017.04.03 01:53

おお!もう着手したのですね。 これからの展開が楽しみです。

Posted by: ム | 2017.04.03 06:22

ムさん、こんにちは。
今までの反省から、今年は早めに作り始めました。
しかし、風景がまだ見えません・・・。

Posted by: みのる | 2017.04.03 13:32

The comments to this entry are closed.

« 鉄道模型芸術祭 | Main | 作品展2 »