« 簡易軌道の修復 | Main | 猫屋線を考える »

2017.03.19

続々10系軽量客車の話

 さすがに彼岸中だけあってどこへも出かけられませんので、大人しく簡易軌道レイアウトの修復計画を進めています。ただ記念撮影ばかりしていて、進行は亀の歩みの如し。
0007187700071849

新規ネタも“今はまだ語るべき時ではない”ので、気軽な想い出話でお茶を濁します。いまさらながら鉄道ピクトリアル別冊『10系軽量客車』を買いました。好いですねー。特に近代化改造の記事とか。(感涙)

1978aut0x 以前にも想い出話を書きましたが、50も過ぎたオジサンにとって10系客車、特に10系寝台車を連ねた夜行急行列車には、厚い(熱い!?)想い出フィルターが掛かっております。何時かは想い出の夜行急行を作ろう!と以前から1/80キットを買い集めて来ましたが、腕も知識も浅かった頃に勢いに任せて組んだ車両はあるものの、歳を経る毎に増す知識に対して、腕も時間も追い付かず(言い訳)、大量に増備したTOMIXプラ完も今だに棚の肥やし状態です。・・・(大汗)
 特にココへ来て夜行急行には欠かせないスニ40(とワキ8000)のプラ完も発売されるそうで、嬉しい悲鳴を上げている反面、このまま罪庫になるであろう未来も容易く想像できるだけに、多大な危機感も感じています。

198005e ところで、寝台車のオロネ10・スハネ16・オハネフ12・オハネフ13の4形式は、高崎線を上って来る夜行急行「能登」「鳥海」「越前」には必ずと言って良いほど編成内に組み込まれていましたし、大宮や上野まで足を伸ばせば「津軽」「おが」「十和田」でも見る事ができました。 
 反面、普通座席車のナハフ10・ナハフ11・ナハ10・ナハ11に関しては記憶が一切ありません。昭和50年(1975年)~昭和53年(1978 年)の間に高崎線内の普通客車列車に何度も乗りましたし、東北本線の上野発旧客列車も何度も見ています。調べてみると、尾久にも高崎にも配置はありましたので運用に入っていたと思われるものの、なぜか乗ったり見たりした記憶は全く残っていません。

1978aut0161985xxef641019


 正確に書けば、営業列車として使われていた姿を見た記憶は無いけれど、唯一、高崎線内をほぼ毎日走っていた大宮工場出場の試運転列車(↑左:1978年 右:1985年)に緩急車としてナハフ11が使われていたのだけは良く覚えています。記憶に間違いが無ければ南シナ所属だったと思います。いつ頃だったか尾久のホーム真横の側線に止まっていたナハフ11を時間の許す限りマジマジと眺めた事がありました。(・・・撮ってません:残念)。そのナハフ11も、いつの間にかマニ36やマニ50に変わってしまい、全く見かけなくなってしまいました。他の鋼製客車と比べて老朽化の進行が早かったそうで、誌面に載っている写真を見ると側板の歪みがハッキリと判りますし、話によると隙間風も酷かったらしいですね。

 幸いにも横川の鉄道文化むらには、オロネ10・オハネ12・ナハフ11・オシ17の4形式が保存展示されているそうですので、解体されない内に暇を作って見に行きたいと思います。 
<粒子の粗い画像は、露出不足ネガからデジタル処理で救い出しました。>

|

« 簡易軌道の修復 | Main | 猫屋線を考える »

Comments

いや~10系客車の編成は良いですね。関西では、スニ40とワキ8000は夜行列車より、荷物列車(末期)のイメージですね。「北海道~」などと云いながら、どこかの箱にワキ8000(天プラ)や、オユ12が仕舞い込んで有るはずです。写真を撮っていた頃の刷込は消えません・・・罪庫の病因ですね。

模型は「北海道」と「非電化」に限ると云う、罪庫予防ワクチンを打っているのですが、効き目が失せてきそうです。
そう言えば、白いワム80000を買ってしまいました。「プラなのに排水パイプまで表現していて凄い」などと、手にしていました。まあ、ワクチンが効いているため、1輌で思いとどまりました。どんな運用なのか? 聞かないで下さい。

Posted by: 廣瀬 | 2017.03.20 01:49

光線漏れしたようなEF64がいい感じですね(そこか)

Posted by: ム | 2017.03.20 07:32

廣瀬さん、ムさん、こんばんは。

>廣瀬さん
ワキ8000は天プラを買い損なったので今回は狙っています。スニ40は秋田~上野夜行急行「鳥海」に連結されていましたので、たぶん両形式共に新製配置されそうですが、当面は罪庫になる未来しか見えません。(^^;
10系客車を始め“あの時代”の車両は予防ワクチン効かないので素直に感染しましょう(笑)。なお、白ワムは模型しか知らないので、うちはセーフ!? 

>ムさん
フィルムの巻き始めギリギリから撮影していた頃なので、被ったみたいです。そう言うコマに限って後に貴重になるのですから、困ったものです(大汗)。

Posted by: みのる | 2017.03.20 22:37

The comments to this entry are closed.

« 簡易軌道の修復 | Main | 猫屋線を考える »