« 日本の草はら | Main | 簡易軌道の修復 »

2017.02.25

ネガの片隅から:3

 フィルムの1コマ1コマを大切にしてシャッターを切っていた筈だったのに、今の目で見ると「何コレ?無駄コマじゃねぇか(怒)」と思う写真、意外に多いと思います(^^;。こんなの撮って何をやっているんだ自分!?と批判して永遠にゴミにしてしまうのもアリかと思いますが、そんなコマでも見る人に拠っては重要な情報源だったりします。事実いろいろなサイトで時おり公開されているそんな1枚に、思わず目が釘付けになった経験も多々あります。

ただ撮影した当人には「価値が理解できない」のが一番の問題!

自らを省みると、ブレボケ露出不足が酷くて何が写っているのかw本人にしか判らない写真が多く、ほぼ「100%純粋にゴミ」と言わざるを得ないコマがほとんどですが、中には1979takasaki002b
真面目に撮ったのであろうが、今見ても何が撮りたかったのか判らない(例えばコレ←車番控えず)、或いは、ナゼこの時代にわざわざこれを撮るのか理解できない、等々とのコマも少なからずあります(笑)。
そんなネガの片隅に残った1コマを少しずつ紹介する企画、大昔に「フィルムの片隅から」と題して載せた企画の続編ながら、もっと「しょーもナー」と思えるような無駄コマにまで光を当てて行きたいと思います(前置き長い)。

最初なので、無駄コマではなく
“フィルムが貴重なのに、この時代にコレ撮るのか!?”の三連荘

1枚目は、1978年の12月(?)に大宮駅で撮影した中から
1978oomiya20061978oomiya2006b

EF81 94 (田)の牽く、東北本線(現:宇都宮線)の貨物列車
左は原版、右はトリミング後
全検直後でしょうか?とてもきれいで模型の完成品のようです。標識が掛かっていたり影が掛かっていたりは脇へ置いておいて、1978年にわざわざEF81です。いま考えれば他に貴重な車両も走っていたであろうに、よりにもよってハチイチなんて・・・。まぁ、古い物(旧型ELや旧型国電)=かっこ悪い=ゴミ、新しい物=カッコイイ=正義、と真剣に思っていた年頃なので、仕方が無いと言ってしまえばそれまでなんですけどね~。EF15を撮れよ!!!自分

2枚目も同じく大宮駅。あの掃いて捨てるほど居たDE10 です。
1978oomiya2002DE10 533(大)
因みにこの場所は、現在奥に新幹線ホームが出来ていて様変わりしています。詳しく書くと大宮駅の9番線ホーム端から、新幹線ホームの方向を撮っています。判る方だけ驚いて或いは懐かしんでください(笑)。テルハの終端部もチラッと見えています。あの辺りが昔の大宮駅西口で、さくら模型の最寄口(笑)でした。西口駅舎の写真は無理でも、非電化時代の川越線を撮っておけば良かったナー。

3枚目も1978年秋頃、地元高崎線で今でも撮影しているお馴染みの場所の反対側から。北本~鴻巣間
1978aut001

EF65-1026(宇)の単機 後追い。
1978年にわざわざEF65-1000です。(爆)。あの当時、貨物と言えば茶色の古臭いEF15ばかりで、月刊誌のグラフで見るような青色の新型機関車はほとんど走っていませんでした。それこそ1日に数本程度しか走っていないEF65-1000やEF62は垂涎の的です。青い機関車=新しい=ブルトレ=カッコイイ!=正義、との脳内構図ですよ。ロクニはブルトレ関係ないけれど、茶色のEF15はゴミ同然でスルー、撮ると友人に笑われる、と言う中坊の社会の狭さを体現している1枚です。
EF15を撮ろうよ~!
他人の所為にしてますけれど、今でもEF65やEF210やEH200を撮らずに、あまり走ってこないEH500を撮っていますので、全く笑えません。

上の3枚は少なからずまともに車両を写していますので、最後は「なぜシャッターを切ったのか?」今ひとつ理解できない1枚で話題を閉じたいと思います。1978oomiya1017始めの2枚と同日、大宮駅へ進入する「津軽」です。
10系寝台と12系座席車の時代です。
新しい物好きだったので12系が撮りたかったのでしょうか?或いは津軽のサボが撮りたかったのでしょうか?10系寝台車を撮りたかったのでしょうか?謎です・・・。もしかすると、まだ知識が浅かったので12系座席車と10系寝台車が連結されていた事がとても新鮮に見えたのかもしれません。何しろ高崎線内の夜行急行は旧型車両ばかりでしたからネ。

因みにこの時は、鉄道クラブの課題発表「高崎線を走っている車両」として、形式写真のような車両の写真(↓)を撮りに、大勢で大宮へ出かけたはずですが、みんな普通に写真を撮っていました。そもそも引きの取れない大宮で撮ろうと計画した事自体が間違いではなかろうかと(笑)。
1979takasaki003

< 高崎駅。佐渡に使っていたモハ164-2 新ニイ 1978-12(?) >

このコマ自体も特に貴重な車両でもなく、資料として使う将来も見えてきません。床下ウェザリングの参考にはなりそうですが・・・(苦笑)。
それでは、続きは何れ気が向いた時にでも。

|

« 日本の草はら | Main | 簡易軌道の修復 »

Comments

いや~ なかなかの見どころ有りです。
スハフ42をこの角度から撮った写真は案外無いです。
幌のたたみ具合、テールライトの出っ張り具合も良く分かります。周辺の汚れ方が良く分かるのは、カラーならではです!

Posted by: 廣瀬 | 2017.02.27 01:58

廣瀬さん、こんばんは。
わざわざコメントをありがとうございます。(^^;
そーか!?これは幌を畳んでいるのですね。気がつきませんでした。因みに手前はEF58(高二)ですけれど、ナゼか撮っていません(泣)。

Posted by: みのる | 2017.02.27 20:34

The comments to this entry are closed.

« 日本の草はら | Main | 簡易軌道の修復 »