« 20系寝台車の想い出 | Main | 日本の草はら »

2017.02.13

Gフェスへ行ってきました

巷で話題のGフェスを見学する為に、12日夕にホビーセンターKATOの東京ショウルームへ行ってきました。00071281個人的に「今もっとも感性の高い優れたNゲージレイアウトを作る集団」と認識している方々の作品を間近に見られる機会ですので、仕事を早めに切り上げて展示終了1時間前に滑り込んだ訳ですが、情けない話、到着するまでに気力を使い果たしてしまったらしく、気に入ったモジュールの撮影をしていませんし、細かな部分を含めてじっくりと展示を堪能した記憶もありません。

あらら・・・、私は何の為にわざわざ出かけたのでしょうか?(撃沈)

0007128200071286

00071291テーマは「駅」だそうで、個性豊かな作品が並んでおりまして、実景を全く知らないながらも、各所で話題沸騰の飛田新地モジュールも見てきました。また坂道をバスがウネウネ走るモジュールは羨ましかったです。HOで走る国産バス無いし(嘆)。自分も以前はNゲージのレイアウトも製作していたとは言うものの、最近はもっぱらHOナローばかりだったので「Nゲージってこんなに小さかったっけ?」と認識を新たにしました。この小ささがWeb上では大きな写真で破綻無く眺める事ができるのですから、その仕上げの確かさは言うまでもありません。オジサン目が既に逝ってしまって肉眼で確認できません(泣)。
冗談抜きで、老眼鏡を持って行くべきだと悟りましたねぇ。

0007128500071283

既に書くまでも無く超有名なレイアウト2作。以前も見る機会はありましたが、技法やデザインだけでなく、自動運転や電飾の妙、台枠の飾り方は祭参加者も見習うと宜しい(!?)。スイマセン、自分に言い聞かせています。
実際、西武も京急も自分にはアウェイですけれど、思わず見入ってしまいました。

見入ってしまうと言えば、こちらも素晴らしかった。
0007128700071290

圧巻は、先の台風で流出してしまった只見川橋梁です。『とれいん』の表紙を飾りましたのでご存知の方も多いはず。とても大きなモジュールながら、とても丁寧に作られていますし色調もさりげないほど自然です。もう1つは、以前JAMでも拝見した麦レールさんの姨捨駅です。丁寧且つ清涼感のある色調は見事ですし、運転がまたおもしろい。上下の普通列車がきちんとスイッチバックして駅へ入線して、特急しなのが本線を通過した後、再び出発していく一連の動作を飽きずにず~と眺めてしまいました。っでチョッとだけ目を離した隙に、貨物列車が目前を通過!(ナゼか既視感:汗)。見ていて楽しい~。ただ走ってくる車両はJRなので世代を感じます~。(国鉄時代オッサンの戯言です)

祭展示の参考にもなりますね。これからはリアルな仕上げは当然の事として、さらに「電飾」と「見せる運転」は必須です。

00071297じつは最近は通販主体なのでKATOショウルームへ行ったのは10年ぶりです。リニュウアル後に1Fへ移った販売フロアーを覗いたら、あれほど溢れかえっていたシーナリィー材料は驚くほど縮小されていて呆気にとられましたが、最近力を入れている「日本の草はら」オリジナル材料が気になりまして、うっかり大量に購入(笑)。ほぼ草に限定される材料ながら何れ試してみたいと思います。フォーリッヂやターフにも日本の色調が波及して欲しいです。

優れた展示を見て、買い物もして、へとへとになりながら帰宅・・・、する途中で足が攣りました。 なおGフェスは2017年2月11・12日の2日間KATO東京ショウルームにて開催されました。

|

« 20系寝台車の想い出 | Main | 日本の草はら »

Comments

え? あのストラクチャーたくさん!のフロアが整理されてしまったのですか!(呆然)
日本の草原シリーズ、どんな感じになるのか? をぜひテストして下さい!(わくわく)

Posted by: ム | 2017.02.14 21:30

ムさん、こんばんは。
規模は縮小されていました。扱いは少数精鋭でしょうか。変なもの(笑)は無いかもしれません。(^^;
日本の草はらシリーズはこれから試してみます。色はともかく大きさはNゲージ向きかもしれません。

Posted by: みのる | 2017.02.14 23:32

Gフェスで京急レイアウトを展示しておりました、卓と申します。

以前からTMS等で憧れていた、みのるさんにご来訪いただけたとのことで、嬉しく・恐縮しております。

今回はご挨拶が叶いませんでしたが、軽便祭他に訪問させていただいた際など、一度、お話させていただければ幸いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: | 2017.02.15 00:10

卓さん、初めましてこんばんは。
Blogは拝見しております。
いぇいぇ、こちらこそ手抜きレポにわざわざコメントを戴きまして光栄に存じます。申し訳ありません、もっと気持ちに余裕があれば撮影も感想も・・・(^^;。←言い訳オヤジ

ご都合が合えば、皆さんご一緒に軽便祭へ足をお運びください。お待ちしております。こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。

Posted by: みのる | 2017.02.15 20:42

Nが自分には細かすぎて手に負えないですが・・・
素晴らしい作品ですね、一幅の絵を見ているような気分です。「幌酔駅」の現物を拝見したかったです。
「日本の草原」シリーズも楽しみですね。

Posted by: 廣瀬 | 2017.02.16 00:59

廣瀬さん、こんばんは。
実際に展示を目の当たりにすると発見も多々ありました。
編成で動かすレイアウトを作るには、Nには抗し難い魅力がありますけれど、如何せん眼がついて行きません(泣)。幌酔駅の落葉松もジャガイモ畑も見応えがありました。
Nでコレだけの表現なら1/80や1/87は?と考えると・・・、腕が追いつきません。
「日本の草はら」は、使い勝手は良いものの、表現としては苦戦しております。

Posted by: みのる | 2017.02.16 02:02

The comments to this entry are closed.

« 20系寝台車の想い出 | Main | 日本の草はら »