« 記念冊子が到着 | Main | TOMIXが40周年 »

2016.10.21

TOMIXクモニ83着荷

そろそろ「戻れない道計画」こと庶内レイアウトの改修に目処をつけないと永遠の仕掛かり中になってしまうのでは?と不安に駆られているところでして、夜な夜なTMSのバックナンバーに目を通しております。
00069221そんな中、急に思い出したのが『TMS1992-2』のミキストで紹介された 三階建て構造のレイアウトプランです。このプランを見た時は“すげぇー”と大そう驚きました。今改めて読み直してみると最急勾配3,5%や標準勾配3%は、登り下りの速度調整やら牽引力やら、車両の性能にかなり左右されます。
現状の庶内鉄道レイアウトプランも勾配が鬼門になっていますので、レイアウトを完成させる前にまず動かしたい車両の製作と整備を徹底させないと始まりません。そーだ車両製作だっ、たまりにたまった罪庫でローカル私鉄電車を作るんだー、と至極まっとうな思考へ戻りました。しばらくは模型を買わないで罪庫を減らすんだ!

・・・舌の根の乾かないうちに、TOMIXのクモニ83を買いました。

欲しかったんですよー。プラのクモニ83。
クモニ83と言えばたいへん馴染み深い車両です。反面フィルムが貴重だった頃は「見送る」のが基本でしたから、今にして思えばもったいない事をしました。想い出話はこちら

00069229ところでクモニ83もご他聞に漏れず“みんな大好き細かな差異”が存在します。今までは大昔にタヴァサで購入した自費出版本『荷物電車』(企画室コン)がひじょうに有効な資料でしたが、今回、新たにネコパブリッシングから新刊『クモニ83と仲間たち』が発売されたので併せて購入しました。この本も好い資料ですね。各車両の写真と細かな形態分類が出ていますし、模型作例も載っていますので、荷物電車の模型化には必携の1冊となりそうです。ただ、なぜか甘くて発色の悪いカラー写真がとても残念です。

00069232さて製品は、パンタ1つでヒライキ配管は正面へ降りるタイプ。窓にRは無く、トイレ窓はツライチ。札差位置は高く、ヘッドライトはオレンジ一色の仕様になっていますので、付属インレタにも含まれている 009 011 016 018 019 020 辺りが該当するようで、ほぼ西の配置です。
馴染みの新ナカにするにはホンの僅かながら差があります。007 010 015(S53.8以後) なら差に目を瞑っても良さそうですが、先に資料本を見てしまった為に、もう戻れない~、知り過ぎた~、知らない方が良かった~♪
知り過ぎたオヤジには、1両でかなり遊べそうな模型です。
いやいや、
喜んで荷物電車の底なし沼へ嵌る前に、ローカル私鉄車両を作らねば。

と、言うところで含みを残しながら今回は終了。

00069239祭記念板もアルモデルさんの通販で買えたよ(嬉)。これで行けなかった悔しさも少しは晴れるかな?
今度の土日は蒲田での模型ショウですが、やっぱり仕事で行けません。JAMや祭みたいに溜息が出るような素晴らしいレイアウト展示でもあれば、無理してでも行くかもしれませんけれど、蒲田は単なる即売会ですからねぇ。いまどきネットに情報が全くでないのも不思議です。アルモデルさんのBB電機とパンタは惹かれるものの、絶対いま欲しいと思える品物も無いので、次に足を向けるイベントは年末の大宮です。

|

« 記念冊子が到着 | Main | TOMIXが40周年 »

Comments

こんばんは。
私も欲しいなぁ・・・と思ったら結構なお値段するのですね ^^;
KATO並みの価格を期待したのですが。。
ここのところ遊びすぎたので我慢かな。。
でも本は買います!

Posted by: norigon | 2016.10.22 22:03

norigonさん、こんばんは。
さすがに新規製品ですから、それなりのお値段です。祭へ行けなかった分、鬱憤を晴らすが如く散財に走りました。
反面、この本によって細かな事まで知ってしまうと、罪庫のブラスキットを組んだ方が早道では?と思ってしまう自分が怖いです。(大汗)

Posted by: みのる | 2016.10.23 01:04

The comments to this entry are closed.

« 記念冊子が到着 | Main | TOMIXが40周年 »