« 白黒をカラー?へ | Main | 鶴居のDLを仕上げる »

2016.06.27

鶴居のDLを塗る

まずは恒例!?近々の話題から

けむりプロの『鉄道讃歌』再販、皆さん予約しましたか?アマゾンでも扱っているのを見てビックリしました。
第2版?になるのかな。表紙が阿里山の線路では無いバージョンは持っています。じつは大叔父(故人)がこの初版本を持っていまして、大昔に遊びに行った時に「これはとても良い本だよ」と言われて見せて貰ったのですが、当時、特急・ブルトレ大好き中坊だったので、何が良いのか全く判らん状態で(?_?)居た事を、今でもハッキリ覚えています(苦笑)。
あの当時、熱っぽく語っていた大叔父の心境を、今なら、とても良く判ります。これは大変好い本です。

次はいつもお世話になっている廣瀬さんのブログから。
JM(13mm)専用のワ10000製作プロジェクトだそうです。詳細はリンクを参照していただくとしまして、三河高原鉄道さんガレージショップで予約受付中だそうです。背の低い有蓋車は写真では見た事がありますが、実際に見た記憶は曖昧です(汗)。でも配給車代用で遅くまで使われていたようです。同社他形式に対して、お値段比較的お安め設定だったと言う不純な動機で思わず予約してしまいました。

さて本題。
長らく放置中だった鶴居のDLを塗りました。工作記事は久々です。

00068091塗りました。単にコレだけです。
いぇ、長らく工作から離れていると、塗装用具を出してきて単にプライマー→黒→黄緑色と塗るだけで意外と消耗激しくて、一気に組み付けまで持っていけません。情けない限りです・・・。
これでマスキングがあったら今日1日だけでは此処まで進まなかったと思います(言い訳)。話によるとギアボックスの穴位置にエラーがあるらしいので、心して掛かりたいと思います。

ところで泰和のDLと言えば、現役時代は問寒別(幌延)の方が『ナローゲージモデリング』を始め、多くの方のカメラに収まっているように思えます。問寒別の場合、台枠は車体色に見えます。反面、鶴居の保存車は軸箱周りと砂箱の一部だけ黒く塗られています。果たして現役時代の泰和鶴居の台枠は何色だったのでしょうか?
『世界の鉄道.70』に白黒写真が1枚載っていますが・・・、黒にも見えるし、汚れた車体色にも見えるし、全く判別できません(撃沈)。

|

« 白黒をカラー?へ | Main | 鶴居のDLを仕上げる »

Comments

みのるさん
「JMのワ10000製作プロジェクト」紹介と予約を有り難うございました。

JMのみなさん
1/80では初の製品化企画なので、ぜひご賛同の上、予約頂けるとうれしいです。予約数が足らないと、企画はSTOPしてしまうので、大急ぎで、三河高原鉄道さんガレージショップで予約して下さいね。

Posted by: 廣瀬 | 2016.06.27 22:21

廣瀬さん、こんばんは。
かなりマイナーですけれど、プロジェクトの成功を祈っております。

Posted by: みのる | 2016.06.27 23:01

ほんと「単色」って素晴らしいですよね(うんうん) 完成した姿が楽しみです。

Posted by: ム | 2016.06.28 06:19

ムさん、こんばんは。
単色を塗るのは気が楽ですね。
いま組み付けをしていますが・・・、修行です。(^^;

Posted by: みのる | 2016.06.28 20:01

The comments to this entry are closed.

« 白黒をカラー?へ | Main | 鶴居のDLを仕上げる »