« 行ってきました、作品展 | Main | 白黒をカラー?へ »

2016.05.23

ご無沙汰してました。

単に忙しいだけならばネット通販で散財に走るのですが、このたびはそんな気持ちも失せる程で、早一ヶ月が過ぎました。いやぁー、先月半ばから模型どころでは無い状態でした。まだいろいろと懸案事項は残っているものの、何とか気持ちの余裕もできましたので、未塗装完成品状態だった車両の仕上げを始めています。
その前に、今更ですが

鉄コレでナロー車両が出るんですって!?(激遅)

縮尺1/80だそうなので手持ち車両と編成は組めませんけれど、今後N鉄コレのように既存の味噌汁軽便車両が次々と発売されるなら、例え縮尺が違っていても、単なるコレクションとして、喜んで悪魔の集金システムに身を投じる覚悟です。でも、なぜか最初はフリータイプだそうですね?(悩)

良くも悪くも、私自身も実車至上主義ですし、フリーの日車気動車なら、ナローガレージさんやアルモデルさんのキットを持っているので、わざわざ一回り大きなフリータイプを買う必要も見当たらない、と一連のWeb記事を読んで少々戸惑いを隠せません。1/80の駅セクションのアクセサリーにはなりそうですけれど、この先も特に作る予定はありません。むしろ、事業者向けのプレゼンの幅が広がると見た方が良いのでしょうか?現役ナロー路線を持っている会社を始め、かつて持っていたバス会社、軽便で町興しをしたい自治体や観光協会へ上手く売り込めれば、限定品のプラ製コッペルとか単端が発売されるでしょうか?・・・懐事情の厳しい事業者を上手くノセル、営業さんの手腕に期待します・・・。
とりあえず、ナロー鉄コレ発売は楽しみですー。

さて、工作再開の第1弾に選んだのは年明け早々に組んだMWの牛乳缶運搬車です。通称:ハイブリッド製品、なので黒染めしてから筆塗りで全体をまとめられる筈と気軽に選んだのですが、ご存知の通り、レーザーカットされた木製側板を1枚1枚、支柱のボス穴に嵌め込まなければいけない修行製品でもありますので、音楽でも聴きながら気楽に組み立てられる製品、とは行きませんでした。
0006781700067819


工作再開最初にコレを選んでしまった時点で、本調子とは程遠い事を物語っていますねぇ・・・。
0006782900067835

Img_6463丁寧に組んだつもりでも支柱のちょっとしたズレで側板の歪みが悪目立ちします。実車の木部は基本ペンキ塗りなので、模型の側板はわざわざ木製にしなくとも、台枠・支柱、共々一発ロスト整形で良かったように思えますが、この辺りは“こだわり”なのでしょう。保存車並みに年季の入った模型となりました。生きたウェザリングは後ほど施したいと思います。

今年の祭も日程が決まり、今は出展・出店の申込期間です。今年はどんな新しい展示を見る事ができるでしょうか?都合により出展は見合わせますが、必ず会場へ足を運びたいと思っています。

|

« 行ってきました、作品展 | Main | 白黒をカラー?へ »

Comments

復活の模型工作! 難易度(手間?)の高い車両を選ぶのがさすがです。

Posted by: ム | 2016.05.23 06:15

ムさん、こんばんは。
久々に取り出したバジャーのエアーブラシのホースが経年?で裂けておりまして、塗装が出来ない → 筆塗りで済ます車両 → 牛乳缶運搬車(難)、となりました。

Posted by: みのる | 2016.05.23 18:24

こんばんは。
鉄コレのナローには注目しています。今後の展開が気になりますね。

Posted by: 桜山軽便・今井 | 2016.05.23 22:46

桜山軽便・今井さん、こんばんは。
ナロー版の鉄コレは、第1弾の売れ行き次第との話も聞きますけれど、最初は目新しさとご祝儀!?もあると思いますから、第2弾の車種選択に拠って盛り上がるかコケるか決まりそうですね。
これで、少しはナローモデルファンが増えるでしょうか。まだまだ先の話ですが・・・。(^^;

Posted by: みのる | 2016.05.24 00:24

1/80の軽便車輌の製品化は朗報ですね~
JMと並べるのにはやはり、1/80の方が良いです。
トロッコ的な小さいモノは、1/87でも気にせず作っています。でも、1067mm本線のホームの片隅に、突っ込んでいる軽便鉄道の再現には、欠かせません。近鉄系や尾小屋のような、大きめの車体で、本線に横付けするようなレイアウトでは、久々の1/80として灌漑されるに違いないです! ところで、なんでフリーなのでしょうね。

ミルクゴンドラも良い感じになりましたね~
うちにもキットが・・・

Posted by: 廣瀬 | 2016.06.02 01:01

廣瀬さん、こんばんは。

鉄コレナロー発売は「安価で良く出来たナロー車両が手に入る」と、既存のナローマニア以上に、今までナローに手を出さなかった方々に歓迎されているようです。私は、ジャンルが違うと割り切っているからか、1/80国鉄車両と1/87ナロー車両を並べても何ら気にならないのですが、やはり抵抗のある方が多いようですね。(^^; ←変わり者

>なんでフリーなのでしょうね。
ナゼでしょうね。
既発売の1/80車両に対する「アクセサリー」としての意味合いも強いのかもしれません。
仮にガチな(鉄道)コレクションとして発売するには、ナロー車両の形態はサブロク私鉄ほどの共通性は見当たりませんし、同一形式が大量に在籍していたり、他社線に同じような形態の車両が居たり、そんな例はゼロではないものの、それを探して模型化すると直ぐにネタが尽きてしまうような気もします。何より購買者数が少ないジャンルですから、たぶん商売にならないのでは?
故にフリー。

Posted by: みのる | 2016.06.03 00:23

みのるさん

考察有り難うございます。
確かに、Nゲージとは購買者数は、2桁ぐらい違いそうですね。そのリスクを考えると、フリーも仕方無いですね。もっとも、最大公約数的な「好ましい姿」を自由に設計出来る可能性も有るので、あながち悪い事ばかりでは無いかも知れません。フリーでもチープなデザインで無ければ、加工のベースにもなりうるので、歓迎です。

いずれにせよ、買わなくちゃ!

Posted by: 廣瀬 | 2016.06.04 03:34

廣瀬さん、こんばんは。
ナロー鉄コレ第1弾の日車気動車の写真を見る限り、フリーと言っても「車体」は結構実車に忠実に作られているようで、バケットを付けて腰高(=車輪径を大きく)にすれば、すぐに仙北/沼尻・佐賀関・下津井クハには化かせそうです。ただせっかくのフリータイプですので、実車の特徴をセレクトして「心象鉄道」を開業して欲しいですね。

>2桁ぐらい違いそうですね
これは確実ですね。3桁違いに迫るかもしれません(笑)。一説には既存のナローモデルマニアは2~300人程度らしいです。ナロー鉄コレ発売で少しはマニア数が増えるのか?がとても気になります。

Posted by: みのる | 2016.06.04 20:58

The comments to this entry are closed.

« 行ってきました、作品展 | Main | 白黒をカラー?へ »