« 北海道の私鉄車両 | Main | ご無沙汰してました。 »

2016.04.15

行ってきました、作品展

一夜明けたら更に被害が拡大されていて、未明の九州全土で震度5ですって!?

被害甚大な時に模型の心配とは何事だと言うのは正論ですが、東日本の時(震度5強)に滅茶苦茶に崩れた部屋の中から壊れた模型を掘り出した喪失感は言葉にもなりませんでした。なので熊本地震の被害に遭われたモデラーの皆さまへお見舞い申し上げます。
00067644その前後には、こちらでも極小さな地震が頻発していまして、思わず“あの震災”を想い出し、出かけるのを躊躇した程です。あの時は金曜日、今日も金曜日です。幸い何事もなく無事に戻ってくる事ができました。
さて、暇が無いと嘆いていても仕方がありません。暇は作るものだ!の一念で、作品展を見る為だけに出かけてきましたですよ!!!
そう、巣鴨のさかつうギャラリーで開催中の宮下洋一さんの作品展です。
作品を眺め回している途中に、或る方ともバッタリお会いしました。(^^; お世話様でした~

普段から閲覧している、あちらこちらのBlogで既に紹介されていますし、撮影OK!Blog紹介歓迎!の文字も躍っていましたけれど、どうしても気恥ずかしくて数枚しか撮影はしていません(大汗)。
その代わり、自身の脳ミソへ「秘訣」を焼き付けてきました!?
0006763400067635

00067639楽して見栄えのする溜息が出るような作品を作れないかなー、と言うひじょうに不純な動機を胸に秘めて作品を眺め回していたのですが・・・、当然ながら、しっかりと手を掛けないと、溜息が出るような作品は作れない事が充分判りましたorz。その代わり“生活感”を表現する手法は盗みましたw。どこまで精密に作れば良いのか?とか、手を掛ける場所と省略する場所の線引きとか、そんな宮下作品の「秘訣」は脳内へビシッと焼きつけ( ←もういいから)
祭でも作品を拝見する機会はあるものの、ここまでじっくりと隅々まで眺め回した機会は初めてではないでしょうか。使っている素材とか作り方が想像できるので、手の掛けようは半端無く判ります。うんっ、飽きっぽさに磨きが掛かった自分には、とうてい真似できません(断言)。
00067636こちらは最新作の車庫ですね。古びた感が強調されています。

メインの田島駅を始め、かなり刺激的な作品展でした。とても面白かったし参考になりました。特に建物の裏側の処理や空きスペースの埋め具合には、なるほどーと!(笑)
機会があれば「岩倉町」駅も拝見したいです。

無理して出かけた甲斐がありました。
17日の日曜日まで開催しているそうですので、未見の方はこの機会を逃す手はありませんね。

00067651

何も作っていないので欲しい物は無かったにも係わらず、最後の1つですの声に押されて、使う当てもないのに超精密シーナリィー素材(あまりにも凶悪すぎるのでモザイク自主規制)を購入しました。これはお土産にしようかな。(謎)

|

« 北海道の私鉄車両 | Main | ご無沙汰してました。 »

Comments

私も「秘訣」を脳内にインプットしようと、隅々までじっくりと観察させていただきました(^^)
クオリティーもさることながら、私のような寡作モデラーからすると、宮下さんの製作ペースも驚異的です。

Posted by: 桜山軽便・今井 | 2016.04.16 11:09

桜山軽便・今井さん、こんにちは。
事前情報を頂いたお陰で、見に行く踏ん切りがつきました。ありがとうございます。

手の掛け様も、製作ペースも、すごいですよね~。(@@;
果てしなく超精密化しなくとも見栄えのする秘訣や、生活感溢れる手法など、とても勉強になりました。見に行った甲斐がありました。
ただ、どんなパーツを使っているか?が判るだけに、絶妙な小物配置は、観察と経験の為せる技なのでしょうね(遠い目)。自分なら建物1つだけで息が切れてしまいそうです。(^^;

Posted by: みのる | 2016.04.16 13:32

おお~、モザイク!
勝負〇〇、期待してます!

わたしも現物を見て宮下ワールドに圧倒されてしまいました。写真で拝見するだけでは分からないオーラが漂っていましたね。巣鴨に行って良かったです。

トヨタ2000GT、イエローを買ってしまいましたが、やはりホワイトにしておけば良かった。後悔、アトのマツリ!

Posted by: すぱいくえむ | 2016.04.16 19:29

すぱいくえむさん、こんばんは。
昨日はどうもありがとうございました~。勝負パンツ!?は、とりあえず使わないで眺めて過ごします。(^^)/

素晴らしかったですよね。普段は見る機会が無いだけに、食い入るように眺め回してしまいました。本当に行った甲斐がありました。
おやゃ(^^;、イエローは失敗でしたか?それは残念でした。では祭で山奥線の駅前に!(笑)

Posted by: みのる | 2016.04.16 20:18

羨まし~
見たかったです。

脳ミソへ焼き付けられた「秘訣」は、やはり現物を見ないと分からないのでしょうね。レイアウトは、車輌模型より、次元の高い芸術的センスを要するので「出来る人」が羨ましいです。
なんとか「秘訣」を会得したいものです。
ところで、凶悪なる超精密シーナリィー素材って???
気になりますね~♪

Posted by: 廣瀬 | 2016.04.17 03:52

熊本の地震、私もほんとうにビックリしました。 模型については・・・私も停滞中です(ち~ん) 路面電車のレイアウトをどうするか?が決まらないと、どうも他のことも手に着かないのですよねぇ(ご~ん) 気持ちを切り替えないと・・と思うときに、こうして「生き生きとした街の風景」のモデルを見るとやる気が出てきます。

Posted by: ム | 2016.04.17 14:47

廣瀬さん、ムさん、こんばんは。

>廣瀬さん
良かったですよ~。
車両にしてもレイアウトにしてもレベルの高い作品を見ると刺激になります。1つ1つの工程を丁寧に地道に仕上げるのは車両もレイアウトも同じですね。どちらも慣れの部分は大きいかと思います。(^^;
凶悪シーナリィー素材は機会のある時にお披露目します。

>ムさん
熊本の地震は日に日に被害が大きくなって心配です。
宮下さんのレイアウトは実際に見て初めて判る部分も多くて、とても刺激的でした。生き生きとしてすごく活気がありました。

Posted by: みのる | 2016.04.17 20:37

The comments to this entry are closed.

« 北海道の私鉄車両 | Main | ご無沙汰してました。 »