« HPサービス終了ですか!? | Main | 祖師谷軽便に想いを馳せる、か? »

2016.02.16

栃尾の凸凹編成:2

ホームページ引越し問題はいろいろと面倒なので、先送りする事に致しまして、

◎ 好いですねぇ。地方私鉄~1960年代の回想~さまの小石(=藤田炭鉱)は。いまだに多くの写真が発表されていないだけに、眼を見開いてモニターに噛り付いています。しばらくご無沙汰だった運炭鉄道“熱”が沸々と湧いてくるようです。栃尾共々ぜひ紙媒体での発表を切望しております。

◎ これは楽しみです。ワールド工芸さんがG:13mmのEF15足回り試作発表!(@@;
16番のEF15を罪庫しているので、下回りとデッキだけ別売して欲しい気もしますけれど、従来同様の車体込みでも買ってしまいそうです。(^^; ←罪庫マニア!?

思う存分叫んだところで?00066671栃尾の編成を作っている話の続きを致しましょう。現在組んでいるのは栃尾線の雄“電気機関車よりも力持ち”のモハ209です。このたびの形態をおさらいしますと、キャンバス押さえの下にチャンネル状の雨樋が付いて、縦樋も付いて、日立ウィリソンカプラーで、合併後(=EKK:越後交通)の茶塗り時代ながら、テールライトは筒型デッキ上設置の、EKK初期(およそ昭和41or42年頃まで)タイプです。使っているキットは、昨年末に発売された栃尾電鉄(TDK)時代タイプの最新キットです。

さすがにパーツ数が多いので、けっこう手間が掛かりました。前エントリーで屋根の深さを直す話を最後に書きましたが、

資料写真と模型とを交互に何度も見比べてみると、最新キットでは、このまま組んでも充分に雰囲気が出そうなくらい、かなり好い感じに修正されています。ただ、もう少しだけ屋根の深さを強調したい気分になりましたので、糸鋸で屋根を唐竹割りにしまして、幅0,8mm帯板を挟んでハンダ付けしてみました。結果は歪んでしまいましたが・・・(遠い目)。糸鋸の刃の厚さを考えると、約0,6mmほどプラスした事になります。これで屋根の肩からズレ落ちそうなベンチレータも強調できたのではないかと自己満足。(↓左写真:屋根深さ修正後に屋根端メタルを乗せてみたところ)
0006662000066613

雨樋部分も、実車のような「キャンバス押さえの下にチャンネル状の雨樋が付く雰囲気」を重視して、帯板を組み合わせて作り直しをしました。(↑右写真)
キャンバス押さえはw0,5t0.2帯板を、前回の雨樋作業同様に歪んでしまった側面に対して真っ直ぐに見えるように位置を誤魔化しながら、雨樋はチャンネルと言う訳にはいきませんので、0.6×0,3帯板を側面に対して立てて、それぞれハンダ付けしてみました。前から通して見ると、やっぱり微妙に歪んでヘロヘロになってしまいました。
う~む、アングル貼って削った方が早道だったかな?

これ以外は、改めて解放テコ受を追加した程度で、基本的にキットのままです。
1つ判らなかったのが、モーター取り付け台(H1-3)の上下方向でした。説明図をみると微妙に下側が狭くなっていて、その上に小さく「山折り」と書いてありますので、上部がEh板の折り返し部分になるのであろうと考えて組み上げたところ、チャンと取り付け足の間隔に上下の違いがあって間違えないように設計されていました。この辺りの設計はさすがに考えられていますね。
ここまで特に難しい箇所は無く、床下機器を接着して、パンタを組んで、おでこにポリパテを盛って整形を済ませれば終わりです。ヘッドライトは、地方私鉄1960年代の回想さまの写真を見ていると、意外に大きめライトに見えますので、付属パーツではなく、お馴染みのフクシマ/IMONの中型(1/80)と交換します。

0006664900066664

そもそも最初の妻板側面取り付けで大幅に歪んでしまった大失敗さえなければ、余裕で組み上がった筈です。例えてみれば、徒競走の“よーいどん”で勢い余っていきなり大転倒してしまったのと同じです。悔しいですなー。
悔しいついでに、もう2つばかり。
1つは、旋回座と称する動力装置と車体と繋ぐ肝心のパーツが見当たりません。

あれれ?

何かの拍子に、ピタゴラスイッチみたいにポン・ポン・ポンとゴミ箱の奥へ自ら侵入したのかもしれません(=実際たまにあります:激汗)。ちょっと自作できそうに無い形をしていますので、そのうち東大宮のショウルームへ足を運ぶ事にしましょう(大汗)。幸いに組み付けは最後なので、慌てる必要もなさそうです。

もう1つは、フクシマのライトパーツを机の上方に設置してある引き出しを開けながら探していたところ、引き出しもろとも机の上に落下。見事に出しっぱなしの車体に“激突!” して屋根が

凹・・・。なんてこったぁ~!? 

昔に比べて厚めの板になったとは言え、見事なほどペコッと凹んだ屋根板を、泣きながら裏から木片で押し出しましたけれど、何か全体的に歪みが増えて、老朽化が進行した車両のように見えます。orz
0006665900066673

そんな訳で、モハ209の製作はここで一旦強制終了!終了!!終了!!!
(ノ`○´)ノ ┫:・’.::・┻:・’.::・おりゃっ~

|

« HPサービス終了ですか!? | Main | 祖師谷軽便に想いを馳せる、か? »

Comments

栃尾のモハ209は独特な存在感がいいですよね。 私も欲しいのですが・・自分で組むと「永遠の未完」になってしまうので、完成品かな?と思っています(根性なし?)
工作中の不幸、私もよくあります・・・フラックスのビン倒してみたり、ネジの入ったケースを盛大にぶちまけてみたり、部品を落として「あ!」とイスを引いたらそのローラーでグニャグニャにしてみたり(遠い目)
それはともかく、軽便祭りで電化ナロー祭り! に向けてがんばりましょう!

Posted by: ム | 2016.02.16 19:54

ムさん、こんばんは。
ありがとうございます。電化ナロー祭に向けて凹んだ気持ちを奮い立たせます。
いま発売中の栃尾のモハ209キットは実車の雰囲気が充分出ていますのでお勧めです。100Wコテで組んでいますが歪みません。でも意外と車体はデカイですよ。

>工作中の不幸
望んでいないのに、あるあるネタですよね。(^^;
すべる・落とす・ぶちまける、の3点セット。私も椅子に座って工作していますので、慌ててローラーで踏む事が多いです(泣)。
ついでに自分の足もローラーで踏んで、声を出せない程の激痛!

Posted by: みのる | 2016.02.16 20:49

モハ209は写真で見る限り、歪みも目立たず、良い感じ!
パンタモノの誘惑に駆られるところです。工作中の事故は、これまでの経験から、未然に防ぐ工夫を数々・・・
ゴミ箱には蓋をして、イスはコマ無し丸イス、塗装は落としても被害が少なくなるように床の上に置いて、塩化亜鉛は、こけない太いビンで・・・ 極めつけは、床材は、部品が発見しやすい色で模様や継ぎ目のの少ないものを指定!

ホームページ引越しは、仮運用を開始しました。
私のサイトは、市販のHTML自動作成ツールを使っているので、FTPの転送先を変えるだけ! なのです。古いけどサイト内のリンクは、自動生成なので楽ちん!

Posted by: 廣瀬 | 2016.02.17 01:50

廣瀬さん、こんばんは。

ありがとうございます。(^^;
あまり歪みの目立たないアングルを載せただけで、実際には凸凹が目立ちます(汗)。

>未然に防ぐ工夫
さすが!ですね。(@@;
私は仮に対処しても直に面倒になって元通りになりそうな気配濃厚です(激汗)。

ホームページはリンク変更をしておきました。

Posted by: みのる | 2016.02.17 20:08

The comments to this entry are closed.

« HPサービス終了ですか!? | Main | 祖師谷軽便に想いを馳せる、か? »