« 軽便祭展示の報告と反省:終 | Main | 車両増備中:1 »

2015.10.17

またまた祭の後

本日、移動中に踏切へ向かう道路が通行止めになっていました。タイフォン?もやたらと聞こえます。何があったのだろうかと思いながら一旦戻ると「赤い機関車が立ち往生して保線の人が大勢いた。」「若い人が何人もカメラを構えていた。」との話を聞きました。どうやらEF65-1118が立ち往生してしまったようですね。さすがに仕事中なのでカメラ持って駆けつける訳にはいきません(苦笑)。

さて、祭が終わって早2週間経ちました。例年、燃え尽き症候群で何も手がつかない状態になります。00064420しかし、今年は無縁であります。

元々は祭での展示に重点を置いて採用した自動運転ですが、動いている姿をボケェーと眺めているだけで楽しいです。客車列車が動かせない不満も何のその、エンドレスよりも楽しいかもしれません。前スレでも書いたようにグルグル山奥線のプランと比較検討してみると、ほぼ同じ雰囲気で勾配だけ4パーセントにすればエンドレス化も出来る事が判りましたけれど、これはこれで楽しく眺める事ができます。
結果論ながら、コンセプトの勝利だ!!!

Fig05

ただ、こうして眺めていると少し手を入れたくなるのが人情です。いきなり色調の変更や植生の変更は荷が重いので、パッと見ても変化は感じられないものの、いま出来る事は、アクセサリー関係の充実と電飾でしょうか。

その前に、梱包箱を開けて久々に運転して写真を撮っていたら気がついた事がありました。
1つはポイントマシンの取り付けネジが表に見えていましたorz。
もうひとつは、

00064427給水塔の本来ある筈の黄色点線部分がありません。足が欠けてます(号泣)。犯人は、田んぼの脇道に置いてあった自動車でした。祭の片付けの時にうっかり置いたまま梱包してしまいまして、立てて運んでいる時に給水塔に激突したようです。梱包を解いた時に、何か木片のような欠片が転がり落ちてきまして、てっきりゴミだと思って捨ててしまったのはハッキリ覚えています。うがぁっ、あれは破片だったのか~。(困惑)
この場所に給水塔を置いたのは、本家思川鉄道に準じたからに他なりません。でも考えてみれば山奥線は無煙化路線ですので、あえて給水塔にこだわる必要も見当たりません。撤去するとせっかく買った製品が無駄になるくらいでしょうか。

00064476無駄にするのは悔しいので、破損箇所の修理はしないまま、ぐるりと180度回転させまして、車庫の反対側、石垣の際に設置しなおしました。これなら壊れている部分が裏になるから全く目立ちません。空いた場所にはガソリン計量器を置けばOK!
大いに場当たり的ではありますが、こうして徐々にアクセサリ-を増やしています。

00064468取り付けていなかったポイント転換機も組みました。レジージャックの現場形矢羽と城東電軌さんのダルマです。う~ん、小さい、細かい(泣)。特にレジージャック製品は細かすぎて組んでいて気が遠くなります・・・。でも有ると無いとでは大違い(断言)。

細かい作業をした後は気楽に運転を楽しむべく、去年の大宮イベントで買ったミニトレインズのブリゲイドロック(鉄連Eタンク)を引っ張り出してきました。
00064471意外と大きいのですね。なお箱から出す時にさっそく部品を壊しました(遠い目)。
試運転の結果は超低速で粛々と走る反面、山奥線では車両定規超過(号泣)。キャブがアチコチに引っかかりました。線路際の草むしりをするか、キャブを小さく改造するか、どちらかです・・・。

そんな折、荷物が届きました。
00064481ワールド工芸の祭限定品「鯰田のEL」です。
祭へ行ったにも関わらず、通販で購入している情けない話ながら、元凶!?は「貝島炭鉱」の写真集です。コレを読んでいると無性に九州の炭鉱鉄道風景を作りたい衝動に駆られます。

思わず来年は、

貝島と鯰田と鞍手のコラボレイアウトじゃ~!!!

と勝手に意味もなく叫んでしまう程です。
そんな訳で、今年は燃え尽き症候群にならず済んでいます~、と言う話でした。

|

« 軽便祭展示の報告と反省:終 | Main | 車両増備中:1 »

Comments

祭お疲れさまでした。

帰ってきて「手を入れよう」と考えられるのはすばらしい
私のところは旧作ばかりですから箱ごとしまってオシマイです

で、私も貝島本買っていません・・・会場に行っていながら買い漏らし通販の注文すらしていない状態です。もっと正確に言えば「売ってるのを知らなかった」でも欲しい。

来年は綿商会館の5階が炭鉱&運炭系列で埋まるような予感がする今日この頃ですが・・・

お仕事お忙しいとお察しいたします。ご自愛ください。

Posted by: 栂森 | 2015.10.18 07:35

祖師谷軽便鉄道から続くナローレイアウトの記事を読んでいると「駅から出発した列車が戻ってくる」のをなんとか実現しようとしているものが多いような気がします。
確かに「本来の鉄道の運用」はそうですよね?
折り返し運転では機関車牽引の列車が・・が克服できるといいですよねぇ(遠い目)
なにはともあれレイアウトの基本形が出来れば、あとは楽しい”ストラクチャと風景の充実”が出来ますよね。
(ということで、私も地味にレイアウト工作開始)

Posted by: ム | 2015.10.18 10:56

栂森さん、ムさん、こんにちは。

>栂森さん
お疲れ様でした。
自分も祭限定品や記念品を始め、事前情報を確認しなかった上に、物販ブースもサラッとしか見なかったので、何を売っていたのか判りませんでした。(^^;
貝島本!は良いですよ~。ホント来年は炭鉱鉄道が増えるかもしれません(笑)。鉄道讃歌V(軽便カラー動画DVD付き)も買っておかないと末代まで悔やみます。
栂森さんも、お身体に気をつけてお過ごしください。

>ムさん
レイアウトのバージョンアップ記事は拝見しています~。

展示運転を前提としなければ、たぶん自分も何の疑いも無くリバースプランを作ったと思います。また機関車や気動車が客車や貨車をゾロゾロと繋げて走る姿は魅力的ですので、自動往復運転よりもエンドレスやリバースプランになってしまうでしょうね。

何れにしても、ボーと眺めている分には、自動運転はとても楽しい事に改めて気がつきました(笑)。

Posted by: みのる | 2015.10.18 13:36

The comments to this entry are closed.

« 軽便祭展示の報告と反省:終 | Main | 車両増備中:1 »