« 軽便祭展示の報告と反省:1 | Main | 軽便祭展示の報告と反省:終 »

2015.10.09

軽便祭展示の報告と反省:2

00064183 大曲集落を過ぎ、思川に沿って遡上し始めると、両岸に山肌の迫る湓路となる。何故に、かような人も寄せつけぬ深山幽谷へ鉄路を敷く必要があったのであろうか?は、沿線そこかしこに遺棄され、半ば自然に立ち還ったような鉱山施設が、雄弁に物語っていると言えよう。
 古来この地は、掘れば湧き出る泉の如く、と言われた地方有数の鉱物資源の宝庫であった。今でこそ小さなジーゼルが日に数往復するに過ぎない山奥線であるが、かつては、これら鉱物資源および豊富な森林資源の搬出に活況を呈していたであろう事は想像に難くない。

・・・・・宝楽 福三 『郷土の鉄路~小茂内鉄道 山奥線~』 沿革より抜粋・・・・

やっとホラの吹けるようなレイアウトが作れました(感涙)。

母屋へ恒例の軽便祭レポをUPしました。たぶん展示作品の8~9割は撮影してあるはずです。これで一段落でしょうか。

いぇ祭の後の片付けは一段落したかもしれませんが、まだホラを吹き通すような細かな仕上げが待っています。また展示の最中に「仕事が終わって、寛ぎながらグラスを傾けて自動運転を眺める」の気分を味わうには、更に安定したシステムを構築しなければなりません。
ごめんなさい、祭の最中は、かなりホラを吹いていました!
何しろ私は下戸です!!

と、言う事で、展示報告と言うよりも、当日の質問と反省をまとめてみます。

バックヤードはどうなっているの?線路配置はどうなっているの?の2つの質問が一番多かった気がします。ついで、川は何を使ったのか?樹木は何を使ったのか?とシーナリィー材料についての質問ですね。

00064196レイアウトサイズは900×600で、高さは350ありますが、シーナリィーの付いている部分は900×450、バックヤードは900×150でして、バックヤード部分は折りたたんだり外したりして、移動時には900×450×350となります。駅員さんの居る側は車椅子が通れるほど広いので、さほど神経質になる必要も無いとは思いますが、これ以上幅が増えると駅の自動改札を通れません。

線路配置はトンネルにアルファベットを振ってみましたので辿ってみてください。
0006418500064187


バックヤードの折りたたみ状態と開いた状態です。ありあわせのベニア板の現物合わせ作業でしたので、もっときれいに作るべきでした(大汗)。後でペンキを塗れば良いか、と最後まで放置した結果、時間切れでそのままになってしまったお恥ずかしい反省点の1つです。

00064164最初の写真ではバックヤードの線路(TOMIX)を上に置いただけになっていますが、結局この線路配置に問題がありました。自動運転システムにはTOMIXのTCS自動運転ユニットNを使い、バックヤードに3線敷いて、各々の動力車(3両)が代わる代わる出発して駅へ到着した後に戻ってくる手筈でした。しかし土壇場になってシステムが上手く作動しませんでした。
慌てて当日!?説明書を読むと「説明書通りにポイントを接続してください」の1文に気がつきました。説明書のポイントの並び方は、右右と2つの右分岐ポイントを並べます。全体プランをご覧になるとお解かりのように、バックヤードに右分岐を並べるとスペースに収まりませんので、スペースに収められるように左右と並べたのですが・・・。

問: 3列車交互運転の試運転はしましたか?
答: 全然していません。(てぇ)

ダメじゃん~!!!   

いただいたコメントに拠ればコネクターを逆転させれば、或いは上手く行ったかもしれません。しかしそこは試運転さえもしていない悲しさ。開場時間が近づく中で、気持ちに余裕が無くなり慌ててしまい、早々に3列車交互運転を諦めてしまいました。
これではせっかくの目玉も絵に描いた餅!!!大きな反省点でした orz。
その前に3両の動力車を作れないまま祭当日を迎えてしまったのも大きな原因でした。幸いに1列車の往復運転は試運転済みでしたので、何とかなりました。けれど、製作中に接点コードを踏んづけて引き抜いてしまった後に、修復確認しなかった不具合も祭当日に判明しましたから、詰めの甘さが残りました。

因みに、前回の反省を振り返ってみると、生かされているのは背景板程度かもしれません。製作期日については充分早めに始めたものの、やはり時間切れでしたし、サウンドもライトもやはり間に合いませんでしたし、持ち運びも考え抜いた筈が電車移動の大変さはほとんど変わりません。
嗚呼、反省・・・。
(つづく)

|

« 軽便祭展示の報告と反省:1 | Main | 軽便祭展示の報告と反省:終 »

Comments

チャレンジがいっぱいですね。
来年はこちらも頑張らねば。

Posted by: 栂森 | 2015.10.09 01:24

舞台裏は私は塗装しなくてもいいと思います(その方がいかにも・・で気分盛り上がりそうだし) 背景を備え付けにしたのはさすがだと思いました(私も見習おうと思います) 実は昨日、ヨドバシの鉄道模型売り場にTOMIXの自動往復装置探しに行ってしまいました(無かったけど(涙))

Posted by: ム | 2015.10.09 06:35

こんばんは。
先週の今頃は仕上げ作業に没頭していたのがウソのように落ち着いた日々です。

>栂森先生
お世話になりました。
電車移動が前提なので、考えたのが折りたたみバックヤードでした。でも持ち運びの大変さは前回を凌ぎました(遠い目)。早くも来年の予定が発表されましたね。
来年は10月にバッティングしそうな仕事の行事がありますので少々心配です。

>ムさん
真裏は見えませんけれど、脇もベニア地肌でして、そこだけは水性ニスを塗ったら、下地の落書きがくっきりと・・・(撃沈)。
背景は正解でした。移動時の補強になりました。
自動運転装置はメーカー常時在庫製品では無いらしいですが、たまに再生産もしているようです。

Posted by: みのる | 2015.10.09 19:58

祭、お疲れ様でした。
トミックスのポイント、左右で動作に違いがあるのか?気になったので、試してみました。使ったのは、ミニ電動ポイントPL140-30、PR140-30とY字PY280-15。結果は、どれも同じ挙動で、コネクタの端子の細いリブが付いている方に+を流すと左に開通(右ポイントなら直進、左ポイントなら左分岐)と同じ方向に動きました。極性を切り替えれば、どれも反対方向へ動きました。
線路の電気回路も完全選択式で開いている方の線路にしか、左右のレールとも電気が流れないようなので、左右で違いは無いようです。
手動でポイントを切り替えて、どの分岐の車両も動くなら、センサーかな?
TCS自動運転ユニットNへのコネクタの接続位置は換えて試しましたよね?
TCS自動運転ユニットNはあるけど、買った時に仮電源で試したきり。TCS電源付きのパワーパックは持っていない・・・(汗
祭のような展示の時は自動運転にしておくと楽ですよね。

Posted by: 浜リン | 2015.10.10 10:30

反省1に続き、おじゃまします。 自動運転ユニット試して見ました。
最初のポイントの初期の向きを分岐側にすれば良いだけです。初期の向きはコネクターのボッチを削れば逆に刺さります。これだけ。それよりも3台のスピードをどうやって同じにするか他社からの乗り入れは難しいかも。

Posted by: Koyama | 2015.10.10 14:31

浜リンさん、Koyamaさん、こんばんは。
ご教示をありがとうございます。

>浜リンさん
祭、お疲れ様でした。
自動運転は、買い物や見学へ行ける時間を捻出する為に、当初から計画していました。今回はお留守番を頼める方が多くて助かりましたけれど、1人ブースでは楽する方法を考えておかないと飯も食べられませんね。

詳細な試験結果をありがとうございます。
当日は、ポイントコネクターの逆転だけでも試せば良かったのですが、開場時間に慌ててしまって、各部分の不具合確認をする前に諦めてしまいました(大汗)。
帰宅後も再挑戦していませんので、これから何とかします。(^^;

>Koyamaさん
やはりコネクターの向きだったのですね。ありがとうございます。
乗り入れの方の場合は1両往復モードにして、他は3両それぞれ往復モードで楽をする計画でした。3両の下回りを同一(NゲージTOMIXのED級)にすれば、多少の誤差はあるけれど上手く行く予定でした・・・。しかし残り1両の製作が間に合いませんでした(計画倒れ)。

Posted by: みのる | 2015.10.10 21:00

気になったので、TCS自動運転ユニットNを引っ張り出してきました。
あれ?説明書が入っていない・・・どこへいってしまった?
仕方ないので、てきと〜に配線。TCSの電源もてきと〜
右分岐ポイント2個、センサーは奥から1,2,3の順で、反対側が4番でうごきました。
ここで、左分岐+右分岐に換えても同じ配線で良いのかと思いきや・・・最初に直進方向になりました。
同じ極性の電気を流すと、左右同じ動きをしたのに、何故か右分岐も左分岐も最初に直線側が開通する。どいうい制御になっているのか??
センサーの位置を変えたら、ちゃんと動くようになりました。

ちなみに、実さんの配置、左分岐+左分岐側に右分岐を繋いで、ちゃんと動く接続をさがしたら、センサーは奥から2,3,1の順でした。
ポイントのコネクターは逆接続にするのと、センサー位置の入れ替えは同じことなのかな?

ちなみに、速度が違う車両でも、UP/DOWN RATEをMIN側にしておけば、速度差があっても問題なく走りました。ただし、急加速、止まるのも急です。MAX側だと止まる位置が大きく異なります。

TCS電源付きのパワーパックを買おうか・・・自作したのも含めると既に10台以上ある。
祭で使うなら、ワイヤレスのが便利でしょうけど、いささか高いですね。

Posted by: 浜リン | 2015.10.12 01:30

浜リンさん、こんばんは。

ツイッターを拝見して、先ほどまで試行錯誤をしていました。結局、最初のポイントの逆差しで対処しましたけれど、センサー位置を変えれば逆差ししなくとも同様に動くのですね(驚)。これは気が付きませんでした。
ありがとうございました。

車両に関しては駅位置とセンサー位置の関係から、MIN側ゼロにするとホームまで進まないので、車両側の動力性能をできるだけ統一するように調整しているところです。罪庫のスプリングウォーム時代のED62下回りなので、個体差が激しいです。むしろ現行製品に統一した方が良いかもしれません。

うちにはパワーパックが2つしかなかったので、自走運転装置に合わせてTOMIXのN-600を買いましたけれど、既に10台お持ちって・・・スゴイ。

Posted by: みのる | 2015.10.12 01:59

The comments to this entry are closed.

« 軽便祭展示の報告と反省:1 | Main | 軽便祭展示の報告と反省:終 »