« 今年も祭だ! | Main | 今月の小細工 »

2015.04.21

レイアウトの目的を振り返る

ここ数ヶ月は忙しくて買い物にも行けず模型制作もままならない状態でしたが、何とか少しだけ気持ちの余裕も出て参りましたので、Youtubeの井笠やら片上やらの動画を毎夜眺めて疲れた頭を癒しています。そんな状態ですのでトーマさんのシェイは見事に逃しました(苦笑)。今月末に奥を覗けば何台も出るでしょうが、今のところ焦っても罪庫にしかなりません。(4/22追記)と、書きつつ再生産案内に惹かれて6月発売分を予約してしまいました:大汗

そー言えばKATO旧国(Nゲージ)の次回作は流電ですって!? いよいよオヤジホイホイの誘惑に負けてしまいそうです。(負けるが勝ち!違)
TOMIXは581/583系再生産ですって!? 前回販売分でさえ箱に入れたままになっているので華麗にスルーです。
MWは歌登自走客車の再生産ですって!? (同上)・・・正面窓の大きさ違うし・・・。
久々にNGDCCさんのサイトを見たら、DF50やキハ80系のサウンドデコーダーも発売されたのですね(嬉)。

さて、レイアウトの目的を振り返る話
ゆうえんさんのBlogに影響を受けて、立ち止まったままのレイアウト製作を振り返ると共に、目指す方向について再考してみました。まず、このたびのレイアウト製作に於いて一貫している流れと言えば、

欲望の赴くままに!

だめじゃ~ん。
いろいろと試してみたいお年頃・・・などと悠長に構えていると、この先も完成させるのは困難です。
200003010振り返ってみると、先の←庶内鉄道は非電化地方私鉄限定のレイアウトでした。
なぜ、非電化地方私鉄だったのか?と言えば、あの当時は「国鉄/JR本線系」はNゲージ、「地方私鉄」は16番、と自分の中で住み分けができていました。
住み分けができた理由は明白です。
現在はありとあらゆる車両が発売されているNゲージ界ですが、ホンの10数年前ーーあれ?1995年だから既に20年前か!?(愕然)ーーは、まだ地方私鉄に使えそうな完成品は見当たらなかった上に、16番なら私鉄系に使えそうな罪庫をたくさん持っていたからに他なりません。
そうは言いながら、最初に据えたのは「北海道運炭私鉄」のレイアウトでしたから、結果としては少しズレが生じています。

そんな訳で、庶内鉄道レイアウト完成までの流れを時系列で追ってみると、

1):マイクロキャスト水野の9200を手に入れた事に始まり、運炭私鉄車両の製作を始める。
2):運炭私鉄レイアウトの製作を始める。

~~~レイアウト線路敷設は終了~~~

ここまでが本来の目的であった「運炭私鉄」限定のレイアウトです。手持ち車両を風景の中で動かしたい一身で、一気に仕上げました。

3):試運転と称して未完成レイアウトで遊んでいたものの、動かす車両が限定されるので次第に飽きてきた!?ところで、洛陽社の津軽DD35が発売される。
4):非電化地方私鉄の車両を組み始め、同時に非電化地方私鉄のレイアウトとして風景製作を開始。

~~~レイアウト記事発表~~~

非電化地方私鉄の車両を中心に増備を進めると共に、車両に“バリエーションが欲しい”と、以前から持っていた国鉄の支線風の気動車や機関車も動かし始めました(例:エンドウの気動車やKATOのDE10+客車など)。

5):馴染みの非電化私鉄と、レイアウト上の設定と、乖離が生じてくる。

 例えば、この時点で「別府鉄道」を始めとする貨物扱いが主で旅客扱いは従の鉄道に惹かれていたならば、また違った方向へ進んだと思いますが、国鉄ローカル線風の2~3両編成気動車を動かして楽しんでいた為に、津軽鉄道や茨城交通湊線や鹿島鉄道や片上鉄道などの、20m級DCが2連・3連で走っている姿に惹かれてしまい、理想と現実の狭間で悶々とする日々を過ごす事になりました。
 具体的に書けば、ほぼキット組み立てが主体だったのでR450通過は加工で何とかなりました。しかし駅の有効長が20m級車両2両まででしたので、留置線として利用していた終端駅に希望の両数が収まりません。車両をわしづかみして乗せ換える作業も、はっきり言って面倒でした。希望の車両を側線から次々と引き出して、グルグル回して動かしたい欲望に、レイアウトが答えられなくなりました。

~~~プラ系16番車両が続々と発売される~~~

Plan Nゲージ編成モノは既に視力が追いつかず、さりとてブラスの16番編成モノは買えず。しかし、プラ系ならば何とか頑張れば買えた!のが運のつき。買ったら動かしたくなるのが人情ですが、R450を多用した庶内鉄道レイアウトでは、当然ながらカーブを通過できない車両がでてくるとの、かなり厳しい現実を突きつけられました。逆に見れば、全てのプラ系車両がR450を通過できなければ、それはそれとして諦めがついたのかもしれません。
ネックになったのが、手前側のSカーブとR450カーブです(赤い部分)。ココさえ直せば、どんな車両も動かせるのではないか?と、最初は簡単なカーブ半径修正だけだった筈ですが・・・。・・・やっぱり電化ナローも動かしたいよね!・・・

6):欲望を抑えきれずに、解体(=破綻!?)

じつは線路配置云々以上に、新しいシーナリィー技法や材料が次々と発表されて、見劣りがしたのも解体理由の大きな原因でしたが、持論としてシーナリィーは取り壊しての再生が可能ながら、線路配置は取り壊すと再生は難しいと感じています。改めて、何が不満だったのか整理してみますと、

■ R450やSカーブを通過できる車両とできない車両があった。
■ 留置線(=終端駅)に希望の両数が止められなかった。
■ 電化ナローも併せて動かしたかった。

詳しく書かないと判り難いかもしれませんが、意外なことに、終端駅の入換が飽きた云々よりも、構内の線路有効長と、そこへ行く為のR450を通過できなかった為に、不満が増大した図式が見えてきました。手持ちの車両を全て動かしたい!との欲望に答える為に解体に踏み切った・・・筈でしたが、あれれっ?今はどうなんでしょうか。

その後は、更なる欲望の赴くままに、ナローの線路を敷いて、台枠を広げてR550の線路を敷き、複線化を果たして、エンドレスに勾配をつけてぐるぐる回しの距離を延ばして、今に至ります。現在は3パーセント勾配では全ての車両をスムーズに動かせない点で不満が残りますし、ブラス完成品の一部にR490通過が覚束ない車両が残ります。また留置線の有効長にも依然として不満が残ります。

う~ん、まだ迷走してますね。そろそろ敷き換えか?(激汗)。

それでも、こうして書くことに拠って、ちょっと頭の中が整理できた様に感じます。
 まずはどんな車両を動かしたいのか?
  ● 国鉄・私鉄・電化・非電化、に関わらず、手持ちの全ての車両を動かしたい。
 次に、どんな運転がしたいのか?
  ● エンドレスをグルグル走る車両を単に眺めているだけで充分。
  ● 可能であれば線路延長距離が長いほど嬉しい。
  ● 好きな車両をとっかえひっかえ次々と動かしたい。
 次に、レイアウトを置くスペースは?
  ● メインラインはタタミ1帖強。追加で1800×300位のヤードは置ける
 他にご要望は?
  ● できれば止められる駅が欲しいかな
  ○ ターンテーブルと機関庫も欲しいかも
  ○ 編成はフル編成とは言わないけれど、最低でも20m級8両は走らせたいな
  ○ 贅沢を言えば、複線エンドレスと単線エンドレスの両方欲しいな
   ・
   ・
   ・
GAME OVER ~BAD END~

と、まぁ欲望の赴くままに希望を列記すると、スペースがスペースだけに破綻は確実であります。○印は、考えるまでも無く諦めるとしまして、希望に添えそうな実例がありました。
0005294800052949


国鉄香春線!!! またかいっ

スペースは今よりも広げられないので、レイアウトを完成させるには、動かす車両を絞るか、思い切って割り切るか、の2択かもしれません。やはり今までの方向性としては間違っていなかった事になります。これは原点 改軌 回帰でした。

余談ながら、これからレイアウト製作を希望している全ての方々へアドバイスをするならば、あくまで個人的な意見として、
シーナリィーの作り込みや省略、或いはチョッとだけの線路配置変更は途中で何とでもなりますから、大切なのはメインラインのカーブ半径と線路配置ですよ。雄大なSカーブを始めとする“眺めて楽しめるビューポイント”を作る事、勾配は2%に抑える事(拷問する場合を除く:笑)、ヤードでも駅でも列車を止めておけるスペースを希望通りに組み込む事、の3点をお勧めします。あとは、台枠直接では無くて、可能であれば台枠から30~50mm程度上げた位置にあらかじめ線路を敷いておくと、後々築堤や鉄橋が欲しくなった時に台枠を掘り下げずに済みます(経験談)。また、台枠ごと取り外して作業したり、常に持ち運びできる場合は別として、路盤は厚めの板でがっちりと、最奥まで手が届く範囲内に線路を敷いておく事、ですね。

さぁ、エッセイでお茶を濁していないで何か組みましょうか。

|

« 今年も祭だ! | Main | 今月の小細工 »

Comments

レイアウト・・・見果てぬ夢なのでしょうかねぇ(遠い目)
ウチもあれこれ試行錯誤しています。
で・・・ゴム臭が・・(さらに遠い目)

Posted by: ム | 2015.04.21 06:33

こんにちは。
ゴム臭は・・・お見舞い申し上げます。(^^;
レイアウトは次々と欲望が膨らんでくる見果てぬ夢かもしれませんね。

Posted by: みのる | 2015.04.21 13:18

こんばんは。
実に参考になります!
欲望が似ているのかもしれません ^^;
それゆえ、続きが気になります!(笑)

国鉄香春線について教えてください。
TMSのいつの記事でしょうか?

Posted by: norigon | 2015.04.21 21:15

norigonさん、こんばんは。
たぶん続きは、シンプルに徹する・・・筈です。(^^;

国鉄香春線はTMS1975-7(通巻325号)です。
じつに40年前!ながら、我家ではバイブルです~。

Posted by: みのる | 2015.04.21 22:48

香春線の記事、出してきて久々に読みました。
う~ん、確かにココロを洗われますね。
記事を読むと、長い受験生活から解放された喜びで!という背景もあって、こういう素晴らしいレイアウトが出来たのかなぁ(若いって素晴らしい)とか思ったりします。
それにしても・・・よく見るとレイアウトプラン図がないですね、大きさは1800x1200+張出し部分という感じでしょうか?

Posted by: ム | 2015.04.22 07:50

ムさん、こんにちは。

プラン図も寸法も記載されていませんけれど、記事を読むと凡そメインラインは1800×1200程度なのが判りますよね。このサイズに敢えて線路を詰め込み過ぎない潔さ、手前に大きなカーブを持ってきて、急カーブ部分をトンネルと切り通しで隠した大胆さ、簡潔ながら風景が広々と見えるデザインの秀逸さ、に敬服します。

なぜ別冊に載らないのか今でも不満です。

Posted by: みのる | 2015.04.22 13:06

みのるさんありがとうございます。
1975年のTMSは・・・古本屋で探してみます ^^;
シンプルと欲望の戦いですね(笑)

Posted by: norigon | 2015.04.22 19:29

norigonさん、こんばんは
かなり昔の号なので、見つかる事を願っています。
何しろレイアウトスペースが小さいですから、欲望を次々と詰め込んでも、直ぐに破綻してしまいます(苦笑)。妥協点を見つけられるか?が成否の分かれ目かもしれませんね。残る欲望は全線13mm化ですが・・・

Posted by: みのる | 2015.04.22 21:12

こんばんは
おかげさまで神保町で325号をゲットできました!
並べるところと走らせるところが分かれているところがミソでしょうか。
やっぱり、レイアウト欲しいですね。。。

Posted by: norigon | 2015.04.24 02:34

norigonさんこんばんは。
325号GET!おめでとうございます。
上手く分かれている上に、メインラインがタタミ1畳強で収まるところがミソですね。難を言えば駅進入が本線内を途中停車して逆行しなければならないところですけれど、レイアウトサイズを考えれば、割り切って問題ナシです。

Posted by: みのる | 2015.04.24 21:36

国鉄香春線は秀逸ですね~
コンパクトなのに思い切り良く配線を省略して納めてあるに、要所はしっかり押さえてあります。
割り切りが大切な事を痛感する、コンパクトレイアウトの秀作ですね。

Posted by: 廣瀬 | 2015.04.25 19:25

廣瀬さん、こんばんは。
好いですよね~。香春線!
割り切らないとスペース内に納められなかったのかもしれませんけれど、風景のまとめ具合がシビレます。
カーブのほとんどをトンネルで隠してしまう思い切りは、なかなか勇気が要るものの、そのお陰で、手前と奥が別風景に見えて、より広く感じられるのかもしれません。(^^)

Posted by: みのる | 2015.04.25 22:43

The comments to this entry are closed.

« 今年も祭だ! | Main | 今月の小細工 »