« 天プラのEF15 | Main | 2015年3月ダイヤ改正 »

2015.03.11

運輸工業の自走客車

祭以降、長らく見るのも嫌だった簡易軌道レイアウト。ナゼそこまで嫌になってしまったのか?と言えば、大きく分けて2つ。
00152801):珍しくがんばり過ぎた!=燃え尽きた(爆)
2):模型的ご都合主義よりも、実例に捕らわれて身動きが取れなくなった。

お恥ずかしい事に現状ではコンペ応募も覚束ないほど放置しっ放しです。レイアウトの続きは気が向いた時点で手を加えるとしまして、植生についてのコメントを頂きましたので、改めて考えてみました。
簡易軌道の沿線ではありませんが、左は新富士付近のJRです。こうして見ると「淡い緑の化学雑巾を一面に貼る」だけでは少々物足りない気がしますね。塗装(色の変化)だけで群落になっている部分を表現しても良さそうに思えますが、化学雑巾の上からフォーリッジを貼ったり、ノッホの葉っぱ素材を振り掛けたり、また高さ方向や密度の違いも気に掛ける必要がありそうです。言うは易し行うは難し、ですけどねぇ・・・。

0015187さて、やじまんさんに触発されて、MW運輸工業の自走客車(旧塗装)の袋を開けました~。
この両運タイプは浜中・藻琴(後に浜中へ移動)・鶴居に計3両在籍していまして、その中の1両が1983年の保存車両見学時に近くの公園に辛うじて保存されていたにも関わらず、その情報を知らずに通り過ぎてしまい、気がついた時には“台車だけ”になってしまっていた痛恨の車両です(苦笑)。

00062487模型は、相変わらず洗練されたスタイリッシュな姿をしていまして、運輸工業=垢抜けない、泥臭い、イメージとはちょっと違って格好良すぎに思えます。
そこで手を加えてヤル気の無さそう~な顔つきを強調しました。
こうなると完全に自己満足ですね(笑)。お陰で単に車体を組むだけなのに、なかなか組み立てが終わりません。まだ、車体や屋根の継ぎ目埋めが残っていますし、下周りはいまだに手付かず状態です。しかも削り過ぎたらしく、ドアとお面の繋ぎ目に隙間が開いてしまいましたorz。

0006249100062478

変更点は、ロストのお面の正面窓サイズを0.3mm(Hゴム1つ分)下げて、車体の切り欠きをRでストンと落としたようにしただけです。文章で書くと短いです。

併せて実車についても調べなおしをしてみたところ、浜中へ新製配置された車両は、後に2つ目(赤に白帯)改造される前に、運転室の窓枠がユニットサッシ化されていたようです。簡易軌道見聞録の写真を見ると、運転室窓枠は製品同様の形態です。と言う事は、雨樋の下げ具合を変えれば、藻琴から来た車両だけでなく、元から浜中に居た車両も作れますね。でも白黒写真しかないので色が判りませんが・・・。
もう少し手を加えたいので、完成には程遠いながらも、情報では、デカールは使い難そうな話なので、帯を塗装で表現すれば、どちらの形態も作れそうです。

|

« 天プラのEF15 | Main | 2015年3月ダイヤ改正 »

Comments

北海道の風景・・・みのるさんでも難しいのですから、私にはもっと難しいのは当然か?(正当化?=>自分)
ついに車両制作開始ですね。ライトはLED点灯ですよね?

Posted by: ム | 2015.03.11 06:36

ムさん、こんばんは。
久々のハンダ付け工作です。何と今年初です!
ライトはLEDが点けられるように穴を開けました~。

簡易軌道も道東と道北(幌延・歌登)で風景が違いますので、あくまで道東イメージですけれど、単なる平原では無いところが腕の見せ所になるかもしれません。(^^;

Posted by: みのる | 2015.03.11 20:46

みのるさん、こんばんは。
この車両の魅力は「垢抜けない顔」(いわゆるダサい!)なのですが、仰せの通りにスタイリッシュです。
塗装して完成したら余計に「洗練」されました(笑)。

みのるマジックで、どこまで「品を落とせる」か楽しみです!

Posted by: やじまん | 2015.03.11 23:49

道東と道北の風景の違い・・・
やっぱり違いますよね、いざ作るとなると、分かっていなくて難しいです。雪の表現でも、地域差があるように、地面はもっと違う様です。

何なのでしょうか、植生の差か地形の差か? 恐らくその両方なのか・・・と最近やっと分かってきたけど、具体的な表現が出来ません。積雪量、平地の割合、湿地の割合などが影響してそうです。雪解け水の影響も有るのかな???

Posted by: 廣瀬 | 2015.03.12 00:02

やじまんさん、こんばんは。

運輸工業の自走客車は、もっとダサくて中途半端で間抜けな顔つきなのに、この模型は、普通にカッコイイですよね。散々な言われようですけれど、それが逆にこの車両の魅力でしょう(笑)。

各所に手を加えて理想を追っているのですが、なかなかに難しいです。・・・歪みは増えました・・・

Posted by: みのる | 2015.03.12 00:14

廣瀬さん、こんばんは。

道東と道北は、地形・気候・植生、それぞれ密接に関わっての違いですから、一概に何とも言えませんよね。私も茶内と問寒別の違いをレイアウトで表せと言われたとしたら、やはり戸惑います。作り手の受けるイメージにも左右されますので難しいです。

無責任で勝手なイメージを書けば、実際には場所で全然違いますけれど、道北の方が立派な立ち木が多くて緑が深そうで、いかにも原野って感じで作ります。道東の場合は湿原ですね。(間に受けてはいけません:苦笑)
気に入った場所のカラー写真を参考にすると、結構上手いイメージが湧くのではないでしょうか?

Posted by: みのる | 2015.03.12 00:49

The comments to this entry are closed.

« 天プラのEF15 | Main | 2015年3月ダイヤ改正 »