« 続:2015年3月改正 | Main | 今年も祭だ! »

2015.03.29

或る日の東京機関区

どーも、どーも、チョッといろいろと用事が立て込んでいまして、模型は放置状態です。今日のスワップミート同窓会も都合がつきません。
先日仕事で不動前へ行く用事がありまして、初めて上野~東京ラインに乗って品川まで行きました。話には聞いていましたけれど、

東京機関区跡は何も残っていないのですね(激驚)

まさに“ ゆめのあと ”ですな。
しかも品川客車区は言うに及ばず田町電車区も無くなってしまったのでしょうか?(表現が古いのは今の名称を知らないだけです)。品川駅へ到着する直前に電留線があって、常磐線の車両がサンライズと並んで止まっているのも・・・新鮮でした!?

198403092004普段は東海道線を利用する機会がありませんけれど、大昔は年に何回か利用する機会がありました。東京を出て浜松町を横目に見ながら、ググッと左手にカーブして東京機関区の脇を通るたびに、窓にへばりついていたような記憶が残っています。
かつて1度だけ、EF58末期の荷物列車を撮りに行った時に、電車の窓から東京機関区をスナップした事がありましたので、そのスナップ写真を並べて、かつての東京機関区を偲んでみたいと思います。
因みに、
窓を開けて撮っていますが、何せ一気に通過してしまいますのでブレブレです。(汗)

窓にへばりついた雰囲気を重視して、機関区の裏側から一気にいきます。

19842290011984229002

1984229003全景が写っていない上に、ピントも合っていないと車番は判らないですね。撮影日は1984年2月29日です。車庫の裏側から、仕業検査庫?を抜けると、一瞬視界が一気に開けるお馴染みの景色です。荷物列車がEF62に置き換わる直前、各所のEE58が下関へ集中配置されて、荷物列車を牽引していた頃です。上の右側は宇都宮のEGゴハチですが、他は全てSGゴハチ、見える車両はほぼEF58とEF65-1100のみで、まだブルトレを牽いていないEF66は見当たりません。

19842290041984229005

左写真にはEF62の姿もチラッと見えます。大型テール2次形でジャンパー栓100mm移設していないので、29・30・34の何れかでしょうね(←もぅいいからorz)。
構内に居並ぶ機関車を、ピントは無限遠、露出はオート、に設定して、シャッターを切りまくり・・・と言っても、シャッターを押して、フィルムを巻き上げて、またシャッターを押して、巻き上げて、とワインダーとかモータードライブとは無縁の世界。湯水の如くフィルムを使える何十年も前。ファインダーを覗きながら意を決してシャッターを切った・・・割りに、ブレて使い物にならないと当初は落胆しました・・・。いま見れば全てが懐かしい光景です。

1984229007最後の1枚は、EF15(たぶん201番)です。構内で見かけた唯一のEF15でした。まだ配置があったのですね。
機関区を過ぎると、建物の脇を抜けて品川駅でしたか?その前に客車区が広がるのでしたか?恥ずかしながら忘れてしまいました。次のコマは、小田原駅で停車中のゴハチです。東海道線内は初めての撮影でしたので、どこで撮ろうか?どこで撮ったら良いの?と迷いに迷っている内に、小田原まで来てしまいましたとさ。(苦笑)

1984229010あとで知った話によると、この日(1984年2月29日)は、EF58-61が代走で荷物列車を牽いたんだってさ(驚)。残念ながら、その姿を記録する事はできませんでした。ちょうど乗っていた電車と、どこかですれ違ったらしいのですが・・・、
車内で爆睡していました。

大宮工場や尾久の客車区は、ほぼ毎回のように車窓から眺めていましたけれど、ついぞカメラを向ける事はありませんでした。それを考えると、自分にとっては珍しい光景に見えたのでしょうね。まぁ、ほとんどガラガラの車内だった理由も大きかったのかもしれません。混んでいたら、冬場に窓を開けて撮れません・・・。
ビシッと決まった写真が1枚もありませんけれど、東海道線の車窓から眺めた、いにしえの東京機関区でした。

|

« 続:2015年3月改正 | Main | 今年も祭だ! »

Comments

機関車がたむろしていた姿を見られた我々は幸せだったのですね(遠い目)

Posted by: ム | 2015.03.29 13:45

ムさん、こんばんは。
栄光の東京機関区!だった筈なのに、あの光景は今は昔・・・。そのうち貨物列車とは違うの?と客車列車を知らない世代が増えてくるでしょうね。

Posted by: みのる | 2015.03.29 17:29

いや~EF58は懐かしいですね。パンタモノの模型はやらん、と言いながら、写真はかなり撮っているし、もう動かないかと思うけど、古い天賞堂のEF58が倉庫に有るはず・・・

この機会に整備してJMに・・・いかんいかん、先にやるべき事が。

Posted by: 廣瀬 | 2015.04.01 01:32

廣瀬さん、こんばんは。
何を作っているですかー

やっぱりEF58は馴染み深いです~。
模型の場合は急カーブでも動かせるけれど、前から見ると愕然としていまうので、あの雰囲気を追うと超大カーブが欲しくなる罪深い車両ですね(苦笑)。

Posted by: みのる | 2015.04.01 20:13

こんばんは
東京機関区いいですね~
憧れて、東京機関区もどきを作り始めましたが資料が乏しく頓挫しました。。。
ただ、みのるさんの写真を見て84年当時は既に窓がアルミサッシになっていたことはわかりました。

木製窓にしちゃった。。

Posted by: norigon | 2015.04.02 21:39

norigonさん、こんばんは。
懐かしいですよね。←最近コレばかり:汗
東京機関区はネコの『摸景を歩く』に載っていましたけど、模型の場合はイメージ優先ですから、木製窓でも大丈夫ですよ~。
私は機会があれば水上機関区を作りたいです~。

Posted by: みのる | 2015.04.02 22:13

The comments to this entry are closed.

« 続:2015年3月改正 | Main | 今年も祭だ! »