« S59-2ダイヤ改正 | Main | 新:戻れない道計画3 »

2015.02.09

磐越西線の想い出

Suha33ひょんな事から、廣瀬さんと1日違いで訪れていた磐越西線。ここを訪れたのは1980年7月24・25・26日のこと、
高校1年生の夏に遡ります・・・。

高校入学と同時に写真部へ入部し、その年の夏合宿が「猪苗代周辺」でして、自分にとっては「鉄道趣味のエポックメイキング」なる撮影旅行でした。

それまでは、比較的近場で特急列車を撮影していただけでしたから、正直、磐越西線へ行くって?何それ??何が走っているの???状態で困惑することしきり。せめて「沼尻鉄道の川桁駅舎」が見られれば良いなぁ程度です。
ナゼかその当時から生粋の軽便マニア!(痛すぎるぞ、自分)。

1日目(7/24)は全員で五色沼へ行って撮影、翌日(7/25)は鉄道組と風景組に分かれての別行動でした。
鉄道組は3年の先輩方の計画について行くお任せ行動だったので、
19800725a01919800725004

19800725024早朝から会津若松始発の日中線に乗って往復し、喜多方から会津若松まで戻って、午前中は会津若松機関区を見学。いつ昼飯を食べたのかはすっかり忘れてしまいましたが、午後は会津若松から旧客に揺られて中山宿へ向かい、そこで時間の許す限り列車撮影をして、晩飯までに宿へ戻る、盛り沢山の内容でした。

19800725d03319800725033

中山宿からの帰り道、川桁で下車したい申し出は即却下されてしまいまして、列車の窓越しからチラッと見えた、沼尻鉄道川桁駅舎の緑色は35年経った今でも深く印象に残っています。

1980072605023最終日(7/26)は、只見線経由で上越線、高崎線と乗り継いで帰ってきた訳ですが、実のところ、ローカル線に乗ったのは初めてでした。機関区と名のつく場所を訪れたのも初めてでした。沿線でロケハンして列車撮影をしたのも初めてでした。乗車した列車の編成をことごとくメモするのも初めてです。
ぶっちゃけ、会津若松機関区で何を撮影すれば良いのかも判りませんでした。笑っちゃいますけど485系と455系以外は知らない車両ばかりで、それまで興味の欠片も無かった車両ばかりでしたから、思わず先輩に「何を撮れば良いのですか?」って聞いちゃいましたよ(苦笑)。

「何でも好きなものを撮れば良いんだよ」と言われて、訳も判らずシャッターを切りまくったのも、今にして思えば良い想い出です。

1980072500719800725a035

1980072500919800725d027

惜しむらくは、ED77-901は顔半分しか写っていないし、旧客も編成が全部入っていないし、もっとまともに車両を撮影できれば、もっと貴重な資料になった筈です・・・。それでも「ローカル線も良いな」と考えを新たにさせられたのは確かです。

19800725d00119800725d042

高崎線が複線電化の原点なら、磐越西線や日中線や只見線は、単線電化&非電化ローカル線の原点のようなものです。2015年現在、当時のネガを見返すと、キッチリした車両写真は撮れていないけれど、片っ端からシャッターを切っただけあって、
198007265017198007265005

198007265012

少しは「活気のある頃のローカル線」の様子を、写せたんじゃないかなと、独りニンマリしております。会津川口のキハユニ26‐キハ51‐キハ48の3連、これは何れ模型化したいですね~。
複線区間を疾走する特急電車だけではなく、旧客や気動車の走るローカル線も良いなと認識を新たにした撮影旅行の想い出でした。因みに、乗車した編成の車両番号は全て控えてありますので、機会があればお披露目したいと思います。
おしまい。

|

« S59-2ダイヤ改正 | Main | 新:戻れない道計画3 »

Comments

すごい偶然でしたね!
当時、こんなところで、同好の士と出会うことはまずありませんでしたから。しかも、24日は郡山駅でほんの線路数本分のところですれ違っていたわけですので、さらにびっくりです。今回の写真は・・・ 良いでは有りませんか!何気ない日常が的確に記録されていて好ましいです。さすが「写真部!」ですね。へたな「鉄道研究会員」は車両にばかりカメラが向きすぎていけないもので。いえ、私の事です。当時は、これでも色々撮ったつもりだったですが。
そう、この編成記録、と言うのが良いのですね。数字の羅列と云う意味では、時刻表と双璧をなす(本当か?)おもしろさだと思います。しかも、時刻表は売っているけど、編成表は、ほとんど市販品が無い! 面白くないわけが無いです。

Posted by: 廣瀬 | 2015.02.10 02:51

新しい鉄道車両が悪い訳ではないものの、やはり我々の世代は客車列車やディーゼルカーが和みますね。

Posted by: ム | 2015.02.10 06:32

おはようございます。
川桁下車は即却下でしたか・・・(^-^;
廣瀬さんもご指摘の通り、当時のローカル線の日常の雰囲気を感じることができて、良いですね。
当時は、金銭的な理由からフィルムはけちけちモードで使用していたので、目的の車両(や廃線跡)のみピンポイントで撮っていました。もっと、広い視野で記録しておけばよかったなぁ、と今更悔やんでも仕方ないですね。

Posted by: 今井 | 2015.02.10 09:38

こんばんは。ありがとうございます。
拙い記録ながら、先入観なしで行ったお陰か、いま見ると良くぞ撮ったと思います(笑)。徐々に知識が増えるに連れ、目的の車両だけ撮って情景を全く撮っていませんので・・・

>廣瀬さん、
本当に奇遇ですよね。
写真部と言っても、何も教えて貰わなかった上に、何しろ初めてだったので、こんな調子で何と36枚撮りフィルム8本も使いました。この只見線は何とか使えるコマでした。
車両に関しては碌なコマがありません~(号泣)。
思うに中山宿ではなくて、猪苗代~川桁で撮影していれば、磐梯山バックで編成写真が撮れたし、沼尻川桁駅舎へも行けたし、もう少し使える写真が残ったのではなかろうかと・・・。
これを機に、編成をメモする習慣がついたのだけはありがたかったです(^^;

>ムさん、
この時期の前後数年が趣味の原点になっていますので、安心感があると言いましょうか、気持ちが和みますね(笑)。

>今井さん、
川桁駅舎はチラ見だけ(苦笑)。5年後にようやく出かけたら既に解体済みでしたorz。
Blogの川桁駅舎カラー写真を始め、Webサイトの日中線や中山宿も、拝見して涙が出そうになりました。(^^;
自分も徐々にフィルムけちけちモードになって、車両は撮れているけれど、それ以外の情景は撮らずに済ませるようになってしまい、いま地団駄を踏んでいます。

Posted by: みのる | 2015.02.10 22:28

The comments to this entry are closed.

« S59-2ダイヤ改正 | Main | 新:戻れない道計画3 »