« 新:戻れない道計画.2 | Main | マニ60のこと »

2014.12.01

登坂テスト

塗装変更になった北勢線の3連接車を撮りに行きたいと思いつつ、なかなか出かける時間が取れません(汗)。年内は無理ですねぇ(残念)。その代わり「大宮イベント」へは21日(日)に足を運ぶつもりです。

さて、設計値3%のグルグルレイアウトで遊んでいる最中です。
00061229しかし設計値と現実とは大幅に乖離しておりまして、当初、機関車は重連にすれば楽勝~と気楽に構えていましたら、かなり負荷が掛かっています。いったい本当は何パーセント勾配なのでしょうか?
むしろ、あまり牽かないであろうと踏んだブラス機関車は、単機でスイスイとまではいきませんが、這うようにして坂を登ってくれました。それでも機関車はブラスもプラも何とか動かせましたが、1990年代に揃えた、非力なCN16で片台車駆動のエンドウ製気動車は、勾配線区でエンジンダウンしたDMF17同様、坂を登れませんでした。00061247この非力な雰囲気が実車同様で好きだったのですが・・・。モーター交換を考えなければなりません。
また、1M3Tや1M2Tのプラ完電車は軒並み「登坂不可能」で空転するばかりです。辛うじて2M4T(→)ならば登ってくれますので、短編成にするならばウエイトを積み増しするしか無さそうです。エンドウのブラス電車も1M3Tでは厳しいですね。実車並みに2Mにしないといけません。でもブラス電車のモーター追加加工は、プラ完にモーターライズするよりも何倍も楽です(苦笑)。

・・・しかしながら、これじゃぁいかんだろう。

と言うことで、レイアウト側に手を加えて極力均一な3パーセント勾配に近づけました。実際には3,5パーセント強かもしれません。直した場所はレイアウト手前側の勾配部分です。

00061253修正前でも機関車は登りましたので、いきなり我家の虎の子?エンドウの157系7連(2M5T)を走らせてみたところ、

登った!


勾配ナシの複線化レイアウト時代と同様に、グルグルレイアウトでも157系を動かせました。思わず感激!他の車両のテストもせずに、しばらくグルグルと動かしていました(笑)。
00061265よくよく考えてみれば1M3Tでダメだった修正前と比べると、2M5Tならば登って当たり前かもしれません。
157系“白根”と言えば吾妻線、吾妻線ならEF12って事で、動かしてみたところ快調に坂を登ります。牽いている貨車はプラ製ばかりですし、そもそも修正前でもブラス機関車は坂を登りました。
更に吾妻線繋がりで、70系4連っ!と言ってもスカ色ではなくて新潟色の1M3T(エンドウ:ブラス製品)、および115系4連1M3T(でんてつ工房プラ完製品)、共に修正前には坂を登れなかった2編成を試してみました。
0006127000061280


登った!登った!!


0006128100061267


同じく修正前には空転しっぱなしだった1M2Tプラ完115系(TOMIX)も問題なく坂を登りました。やはり車両よりもレイアウトを修正したのは正解でした。調子に乗って以前は試運転さえもしなかったKATO旧国(塗り替え品)も動かしてみたところ、ギクシャクしながらも坂を登りました。(^^;
この後、機関車やら電車やらいろいろと動かしてみましたが、特に登れないような車両は見当たりません。これで地方私鉄レイアウトから、一気に「なつかし国鉄」レイアウトに衣替えでしょうか?

最後にCN16を積んでいる片台車駆動1990年代気動車完成品(エンドウ)を再び動かしてみました。修正前は2M1Tどころか2Mでも坂を登りきれなかった車両です。
00061286_2登ったゾォ~!!!
現行製品はLN15で両台車駆動なので、まったく比較になりませんが、あの当時、キハユニ26だけはT仕様しか発売されていなくて、馴染みの只見線や会津線の3連を再現するとなるとCN16の2M1Tにせざるを得ませんでした。MPギアとモーターを買ってきて追加加工すれば良いのでしょうが、手を加えずに動かせるに越した事はありません。

00061288ただ・・・下り勾配では車両の重さにモーターが耐え切れず、スゴイ勢いで下りますので、興醒めっと言えば、そーなのですがねぇ。
小型レイアウトでローカル支線区の気動車が“動かせる”のか“動かせない”のかでは、天と地との開きがあります(嬉)。

さて、この先・・・、このままグルグルレイアウトで行くのか、当初の変更計画通りに庶内鉄道再来とするのか、どう進めましょうか?(悩)。しばらくの間は、国鉄/私鉄に関わらず動かす車両を決めないまま、新規に車両を制作して遊んでみましょうかね。
簡易軌道の続きもありますし・・・。

|

« 新:戻れない道計画.2 | Main | マニ60のこと »

Comments

勾配線はなにしろ車両を痛める(車輪のメッキを)し、ムりして走らせるのはなんなので、2%くらいにしておくのがいいのですが、そうなるとスペースを食うし、電化車両が・・・といろいろと制約はありますね。
なかなか選択が難しいかも。

Posted by: ム | 2014.12.01 06:38

レイアウト修正で、車両が走るようになったのは何よりです。おめでとうございます。
当鉄も多少は修正したのですが、他社からの乗り入れには、厳しい物が残ったまま地面を作ってしまいました。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2014.12.01 19:23

ムさん、美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
昔は「勾配3パーセント」が定番だったようなイメージがありまして、何の迷いも無く3パーセントで作ってしまいましたが、意外と急勾配ですね。(^^;

>ムさん
そうですね、2パーセント勾配が安心ですね。
レールもかなり汚れます。交換車輪の無い車両は諦めるしかなさそうですが、そこまで走らせて遊べれば模型も本望でしょう(笑)。

>美男(備南鉄道)さん
ありがとうございます。レイアウト修正(路盤修正)が可能な段階だったので助かりました。ブラス客車の編成だけは試していませんけど、かなり辛いと思います(大汗)。

Posted by: みのる | 2014.12.01 20:34

The comments to this entry are closed.

« 新:戻れない道計画.2 | Main | マニ60のこと »