« 奥山線のサハ | Main | 大宮で散財!? »

2014.12.20

天プラEF59着荷

そーか、アルモデルの作品拝見をコロッッと忘れておりました。
今日は大宮の模型イベントですが、私は終日仕事でした。昼飯を食べながら皆様のつぶやきを拝見していたら、もぅこの時間から飲み会かぃ!?と驚いてしまいました(笑)。ご参加の皆様は無事にお宝をGETできたでしょうか?

ところで、編集長敬白に拠ると、3月改正の概要が正式に発表されたそうです。
00055810北陸新幹線開業に伴う在来特急の見直しや「北斗星」と「トワイライト」の廃止など目白押しです。ほぼ撮り鉄をしていないので、余程の事が無い限り「お名残撮影」へは行きませんが、直接関わってくるのは、高崎線・宇都宮線の東海道線乗り入れ運転です。これからは、都内へ出た帰りに上野へ回っても、ほぼ始発では無いので座れなくなりますねぇ。コマッタナ (T_T)/~
祭参加も「帰りは上野へ行けば始発に乗れるから」との理由で、レイアウトを電車で運びましたけれど、今後は考え直さないといけません(遠い目)。

さて、今年最後の新製品、天賞堂のプラ完EF59(EF53改)が届きました。
言わずと知れた、東の箱根・西の瀬野八、峠越えの補機です。

予約開始時にも書きましたけれど、実車の写真を撮りに行こう行こうと思いながらも、結局は行かずに終わってしまい、EF59の活躍を目にする機会はありませんでした。後に高崎機関区のイベント内で展示されていたEF59-11が、唯一目にしたEF59となりました。
Ef59oct86021Ef59oct86015

今はEF53へ復元されて横川の鉄道村に保存されているのでしたか?

模型の方は?と言えば、既に安定的な出来具合です。それにEF59は細かな差異を知らないので判断つきません(笑)。走りに関しては起動電圧高めですが、特に大きな問題も無くR490の3%勾配を単機で上り下りしています。
幸いハズレは引かなかったようです!
0006167700061672

これから付属部品やナンバーをつけてDCC化をするつもりですが、よくよく説明書を読むと製品名に「EF53形後期型改造タイプ」と書いてあります。う~ん・・・そもそもEF59は何両居たのか、EF53改とEF56改は何両在籍したのか、説明書にあるEF53後期形は、前期形と何が違って何番から後期なのか、それすらも調べていません(激汗)。また常時2両で後押しをしていた瀬野八の雰囲気を味わうには更に1両必要です。その相方には後ほど発売されるであろうEF59(EF56改)を予約してありますので、それまでこのEF59(EF53改)は少々お蔵入りでしょうか。

それにしても旅客用F級電機ってレイアウトに乗せると改めて大きいと感じます。これが2両で40数両の貨車を繋げた列車を後押しをするのですから、かなりの迫力だったのでしょうね。本物同様に2軸貨車40両は、さすがにレイアウト上には乗せられませんし、そもそも貨車を40両も持っていませんので、果たしてどうなりまするやら。

|

« 奥山線のサハ | Main | 大宮で散財!? »

Comments

この虎縞模様を見ると・・・「自分で塗るのはムリ!」と思うので、お得感いっぱいでしょうか?(そうなのか)

Posted by: ム | 2014.12.21 09:36

ムさん、こんばんは。
大宮のイベントで、大・散・財!してきました。(笑)

>EF59
トラ塗りを自分で塗るのは確かに難しいですね。それ以前にキットを組む手間を考えると、プラ完は走りも良いし、お徳感いっぱいです。
これで、もっと広いレイアウトがあれば言う事ナシです・・・。(^^;

Posted by: みのる | 2014.12.21 20:32

The comments to this entry are closed.

« 奥山線のサハ | Main | 大宮で散財!? »