« 新:戻れない道計画:1 | Main | 登坂テスト »

2014.11.27

新:戻れない道計画.2

トーマさんの13tシェイプロジェクトは楽しみですね~。
今月も既に月末です。本を買いました。
00061214『特撰森林鉄道情景』は、この著者名なら間違いは無いであろうと踏んでジャケ買いです(笑)。『TMS』は毎回楽しみにしている出雲崎電気鉄道の新作です。コンペの発表もあったのですね。『追憶・西関東の鉄道貨物輸送』はようやく手に入りました(嬉)。インスピレーションをいただいております。

さて、新:戻れない道計画ですが、現在思うに任せて“迷走中”です。
ほぼ前回のプラン通りにレールを敷いた後に、フト思いつきまして、以前から試してみたいと思っていた「 欲望 」を実践してみました。

KATOデスクトップレイアウトみたいなエンドレスを折りたたんだプランです。(変更点は赤い線)
Plan2014112600061174


このプランは昔から、エンドレス同士を接近させると同じ場所をグルグル回るだけにしか見えないので、出来うればエンドレスを離すか、同心円にならないように工夫するのが常ですが、欲望と言う名の複線化で使用した路盤を、レールを外さずにそのまま使い回しましたので、悪い見本みたいなプランになりました(笑)。

勾配は3%、R490とR550の組み合わせ(計画値)です。急曲線に勾配をつけると、動かす車両が限定される場合も多々あるものの、プラ完の付随車(含む貨車)は軽いですし、モーター車は馬力もあるますので、今ではそれほど心配する必要は無さそうに思います。古のブラス車両の登坂能力試験場も兼ねています。上段駅の部分は計画の私鉄駅をそのまま使いましたので、プランをよくご覧になると一方向からしか入線できません。しかし幸いに、ヤード引込み線[c]への側線が駅と合わせて「偽のスイッチバック」のように使えます。00061227反面、下段の終端駅部分は構内を跨ぐ線路とのクリアランス[b]が取れない上に、ポイントで分岐させたら既存の構内へ接続は不可能[a]になってしまいました。拠って終端駅は一旦放置しています。この分岐後の中途半端な用途不明スペースは、貨物駅でも作りましょうかねぇ?(悩)

ところで、このプランをナゼ試したのか?
0006119100061200


偽のスイッチバックと急勾配に端を発した、山中峠(北陸旧線)越え!・・・あの頃のDD50は旧色だよね、1000t貨物って貨車何両なの?そもそもD51はカンタム半流北海道しか持っていないのですが・・・
DD54+C57の生野越え!!とか・・・DCCデコーダー積んでいませんが・・・、または龍ヶ森とか・・・8620も持っていないのですがトラムウェイから発売予定♪・・・、サウンドDCCを積んで後部補機協調で動かすと、BEMF効かせて手放しでグルグル回って楽しそう~。
そう、補機を繋いだ峠越えを運転させたかったのです~。

0006121300061206


もちろんパンタモノのクリアランスは確保していますので、電化本線系の清水峠とか碓氷峠とかも再現可能!!!車両さえ買えば、板谷峠もセノハチも行けます(散在宣言!?)。線路延長が短いので実車通りの長い編成は不可能だけれど、DCCなら重連・後補機も自由自在。峠越え、バンザ~イ!

当初は支線入線を考えていなかったダイキャストギアBOXの旧型電機も動かそうと思ったので、駅分岐のポイントを#6→#7に変更したところ、駅構内の線形が崩れてしまったのはご愛嬌です(汗)。何か動かしている車両は初代:戻れない道計画(=複線化)と一緒なのですが、今度はパワーパック1個でOKです(爆)。
しばらくは鶏ガラ状態のレイアウトで遊んでみて、飽きたら元に戻して地方私鉄道へ復帰します。

|

« 新:戻れない道計画:1 | Main | 登坂テスト »

Comments

ご無沙汰しております。模型もちょっと小休止です。
それはさておき、急曲線に急勾配、それに立体交差の「地下」でのポイントって、とっても「やばい」ですよ。昔からの意味で……。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2014.11.28 18:52

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。

大丈夫。
このレイアウトは収納スペースからググッと手前に引き出せる上に、場合によっては前後逆に収納もできますし、裏から手を入れて脱線車両の回収ができる構造になっています。
ただ苦労してつけた地下のポイントは、側線スペースが取れないので宝の持ち腐れ状態ですorz。

いま急勾配の登坂テスト中です。90年代に買い揃えたエンドウCN16+MPギア気動車は、軒並み勾配を登りませんでした。モーター交換をしないといけません・・・

Posted by: みのる | 2014.11.28 20:19

レイアウト、しかも16番は場所がいるので「レールを敷くチャンス」があるときにとことんプランを実践しておくと「ある意味納得」出来ますよね。
うんうん、ときには人生迷うときがあるんだよなぁ(遠い目)
私の運転スペース(現在むやみに線が増えて3線)も来年には配置を変えようかと思案中です。

Posted by: ム | 2014.11.28 22:41

ムさん、こんばんは。

そーなんですよ。(^^;
今のうちに色々と試してみないと悔いが残りそうに思えまして、複線化に続き、勾配グルグルレイアウトを試している最中です。真面目に車両の調整をしないと動かせない現実を目の当たりにしているところです。これも試してみないと判らなかったので、好い経験です(苦笑)。

ブラス客車編成は牽けないながらも、これはこれで上へ下へとグルグル回って面白いので、もしスペースがあれば更に外周エンドレスを敷いて複線化をしたくなります。

Posted by: みのる | 2014.11.28 23:33

The comments to this entry are closed.

« 新:戻れない道計画:1 | Main | 登坂テスト »