« 山形交通ED2 | Main | ガタ交保存車両:補遺 »

2014.04.16

戻れない道計画:19

まずは今週の雑談。
00057423■ 待ってましたっ!奥山客車も山奥客車も買いたいと思います。 ←コメント書けない小心者でごめんなさい。
▼ CSからターンテーブル発売!?
今度は直径5cmだそうで、詳細はさかつうやIMONのサイトで知りました。同様に先に発売された駅舎の中に入れる売店も発売されたとアートプロのサイトで知りました。なぜメーカー公式サイトで案内していないのでしょうか?(謎)。

■ 先日、天プラEF53・EF56・EF59の予約案内メールを貰いました。EF53はもちろんのこと、EF56も間に合わなかった(=実車を見られなかった)ので、今ひとつ購入意欲は薄いものの020a_2EF59は、撮りに行く計画を立てながらも行かなかった、少々悔いの残る車両でした。Youtubeのセノハチ動画を見ていると、さすがに本線の貨物列車だけあって長編成ですねぇ。しかもEF59が補機として押し上げるのは、その中でも特に重量級の貨物列車ばかりですから、EF65-0に牽引された貨車の両数を数えてみたら、単車・ボギー車混ぜこぜで40両以上、コンテナ専用でも20両です。EF66でさえ、一般貨物牽引に補機が付いています(驚)。もしも、これを模型で再現したいとなると、狭小スペースの"戻れない道レイアウト”ではエンドレス上は車両でいっぱいになりそうです。そこまで実物に忠実に、毒されなくとも良いのでしょうが、199009101010以前、山中越えのDD50+D51+貨車+D51の1000t貨物に魅かれた時も、中古のD51を探している最中に、同じ事を考えて思い止まったような気がします・・・。どうも模型として考えると、長編成の貨車を押し上げる「後部補機」のイメージが鬼門!
その点、前部重連の清水峠越えのEF16+EF15なら・・・。否!!!そんなもん似たり寄ったりなんだから、いちいち考えていたら自室で動かせん~~

と、まぁ悩みに悩んでいる真っ只中でございます。でも「重連」とか「後部補機」とか「峠越え」って魅力的な響きですねぇ。

さて、車両を動かすからには、動かす場所を整えないと始まりません。

しかしながら、わが「戻れない道計画」レイアウトは、セノハチや山中越えや清水峠、さらには碓氷峠よりも、更に更に厳しくも険しい峠が待ち構えておりまして、いまだに行きつ戻りつの繰り返しで、肝心の峠を越える事ができません。

やっぱり、単機(短気!?)だからでしょうか。 ←誰が洒落を書けと!?

現状は、こんな感じ。
00057329前回の「戻れない道計画:18」と比べても、間違い探しゲームのような変化しかありません。実際には戻っている感じです。(苦笑)
盛って、削って、壊して、また盛って、増えるのは燃やせないゴミばかり、減るのはストックしておいた材料ばかり、一向に結果の出ない、まさに消耗戦の様相を呈しております。それでも、背景代わりの山は別として、築堤の角度やら、地形の高低差やら、ようやく納得ができる程度の造形になりつつあります(たぶん)。

0005743200057434


果たして、こんな風景が出来上がるのは何時になるでしょうか?0025500057189”

|

« 山形交通ED2 | Main | ガタ交保存車両:補遺 »

Comments

我が社も「後部補機」と言うことで、長年熟成していたC52を完成させましたが、動輪径やギア比が違うのか、「後ろから押す」ではなくて「後ろで引っ張る」状態です。
 故平尾社長にアドバイスをいただいて作ったC52ですが、展示台を賑わしているだけです。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2014.04.16 21:09

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
長大編成の貨車に、後部補機を連結して運転できるスペースが欲しい~。(笑)
C52は社長も苦労して仕上げていましたよね。
DCCにする方が近道と言いたい所ですが、まずは回転数の高いモーターに変えますか?(^^;

Posted by: みのる | 2014.04.16 23:13

人生峠を越えました・・・・orz

Posted by: 家元 | 2014.04.17 08:36

家元さん、こんにちは。
峠は、登るよりも降りる方が大変なんですって。(^^;
補給制動を一発で決めるような、職人技を見せてくださいね。

Posted by: みのる | 2014.04.17 11:04

みのるさんのブログを見て、天プラEF53とEF56を予約してきました(笑)
EF57でサウンドDCC化出来ることが判ったのでバッチリ!です(なにが?)
レイアウト、凄く進んでいるではありませんか!
私もこのGWに・・あることを企んでいますが・・実現できるかな?(って、その前に介護施設手続きがごちゃんと・・)

Posted by: ム | 2014.04.17 20:03

みのるさん、こんばんは。
DCC化は、1両分100円を切ってからと、決めていますので。確かに、中村のキットに付いていたモーターそのものを使っています。他の機関車は「万世橋モーター」をつけていますので、余計遅くなってしまいますよね。近日中に取り替えます。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2014.04.17 20:44

ムさん、こんばんは。
我家は微速前進です・・・(笑)。

話題の角砂糖スピーカーを、プラ系旧型F級電機の運転台に積んでの使用レポートを拝見して、とても驚いています。普通に考えると"あのサイズ”では使えないのでは?と勘繰りたくなりますが、ムさんがOKを出したのですから、充分に使えるのですねぇ。何か狐に摘まれている感じです。(^^;
でもこれで、ウエイトに大穴を開ける事無くサウンド用スピーカーが積めるなんて!画期的ですね。


美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
せっかくC52の配置があるのですから、当面はモーターをいろいろと取り替えてセノハチの後補機を再現してください~。

Posted by: みのる | 2014.04.17 22:01

みのるさん、こんばんは。
モーターを取り替えると、さすがに速くなりました。足を引っ張ることはなくなり、どんどん押すようです。万世橋モータなもんだ!で、中村の缶モーターのデッドストックが結構増えてしまいました。個数は同じでも値段が10倍ぐらい違うのでちょっと問題です。
瀬野八の補機は万全になりましたが、本務機がいないような気が……。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2014.04.19 22:17

美男(備南鉄道)さん、こんにちは。
モーター交換は成功だったようですね。おめでとうございます。C52が押す時代を考えるとなると、本務機はC51やD50辺りでしょうね。
でも、そこまで現実ガチガチに沿うよりも、お手持ちのC59やD51でも宜しいのではないでしょうか。

Posted by: みのる | 2014.04.20 13:33

みのるさんこんばんは。
へ~い、何事もやってみるもんですね。ありがとうございました。
C52は、前向きにC59,D51で楽しみます。
最近は、「明治」に「おいで、おいで」と誘われて、ふらふらとそちら方面にはまり込みつつあります。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2014.04.20 22:13

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
次々と着工・落成する機関車群に脱帽です。私も少しは手を動かさないといけません。
と書きつつネットで遊んでます。(^^;

Posted by: みのる | 2014.04.20 22:38

The comments to this entry are closed.

« 山形交通ED2 | Main | ガタ交保存車両:補遺 »