« 想い出の軽便鉄道本 | Main | 荷レ覚書ほか »

2014.03.06

大糸線のクモユニ81

8日(土)と9日(日)と横浜で工作マニア向け模型イベントがあるのですね。

00056379いよいよ窓の開く特急電車も見納めです(笑)。

ところで先日、消費税の増税前に気になっている高額商品を買っておこうと思いまして、目黒のカツミと方南町の珊瑚へ足を運びました。目黒のカツミへは、Webサイトの在庫表に少々気になる製品があったので出かけたのですが、希望するタイプと微妙に形態が異なっておりましたので、散々悩んだ結果、お店限定パーツを数点買っただけで引き上げました(苦笑)。

00056358方南町の珊瑚模型店は、たぶん30年ぶりです。
新設計になったキューロクのキットをストックしておくのも悪くないと考えて出かけましたが、残念ながらキューロクは、とっくに売り切れていました。

しばらくの間、お店の中や引き出しの中を眺め回して、夕張の11号にするか、DD11にするか、或いは2700の側板にするか、キューロクの凸テンダー部品にするか、う~むフレームや動輪も捨てがたい、いっその事、Oナロー丸瀬布か?と悩みに悩んだその結果、

20140303●日立の住友DLと
●沼尻ガソの下回りセットと
●木製運材台車。
を買ってきました。何と言うか、自分はつくづくナローなんだと改めて感じた次第です。消費税が上がっても、珊瑚のベースキットは欲しくなった時に再び足を向けるしかないようです。
・・・何か、そんな日だった(遠い目)。・・・

幸か不幸か、一昨年のエンドウ157系のように欲しくて悶絶するほどの製品、“これは絶対に欲しい!”“今のうちに手に入れないと絶対に後悔する”と思うような製品は、今のところ見当たりません。無けりゃ無いで、まぁいいっか。

さて、キットを組んでもなかなか塗装できない日が続いている所為で、少し毛色を変えて長らくそのままになっている00056415完成品のパーツ付け&小加工&インレタ貼りを施しています。

このたびは、
エンドウのクモユニ81大糸線色です。

飯田線にも身延線にも旧国は健在だった頃であるにもかかわらず、なぜか大糸線へしか足を向けなかったのは、偏に変わり者のへそ曲がりだったからに他なりません。お陰で今はたいへん後悔をしております。なぜなら、ファインスケールで「飯田線の旧国」が次々と発売されても、今ひとつ乗り気になれないからです~。(むしろ幸いか?笑)
1981062011219810620201

198106212023そんな訳で?大糸線のクモユニ81の写真を載せてみました。悲しいかな、模型化を見越して形式写真やディテール写真を撮るという考えを持ち合わせていなかったので、碌な写真を撮っていません。これでは床下機器の配置も判らなければ、屋根上の配管も判りません。単に来た電車を撮っているだけ・・・(撃沈)。う~ん、参考資料はWebと『最盛期の国鉄車両2』(ネコ社)などを利用します。
それにしても写真と見比べてみると、模型(エンドウ)はお面の印象を始め扉の腰板など色々と違います。まぁ、その辺りはキット組みではありませんので目を瞑りましょう。・・・やはり素直にピノチオキットを買えば良かったのかとの想いが一瞬頭を過ぎりました・・・。

00056388000563900005639200056394

0005639600056398

00056403手を入れた部分は次の通り。

・カプラーをTOMIXの密連に交換。
・IMON(1/87)の妻面空気配管を追加。
・エンドウの排障器とデフロスターを追加。
・フジモデルの車両銘板を追加。
・エコーモデル№1601ジャンパ栓を追加。
・ヒライキ配管(0,3mm)と窓下通風口(幅1,0帯板)を追加。
付属のワイパーは取り付け時に曲げてしまいました(=下手)。マニ37の時と同様に、追加パーツは塗ってしまえばパッと見た程度ではあまり変化を感じません(苦笑)。あくまで自己満足ですね。
むしろ、細かな部分までインレタを貼ると車両が引き締まる気がします。00056409特にこの車両は検査標記の入った側が先頭に立ちますので、妻面のインレタは欠かせません。じつは専用の標記インレタは持っていませんので、形式名などはTOMIXオロネフ10のインレタをそのまま貼ってあります(爆)。さすがに、ここまで細かい文字を1字1字選んで貼る気力は既に持ち合わせておりません。それにしても、苦労をした割に、やっぱり顔はあまり似ていませんねぇ。お面の窓高は300番台並みでしょうか?おでこと肩のRも強ばり過ぎかな。

Mgpc81_19810620Mpgc81003

ところで、載せた実車写真は全て同じ日(1981/6/21)に撮影をしています。テールライトの下の銘板を確認しようと写真を拡大して驚きました。午前中のクモユニ81(左)には銘板が付いているのに、この“さようなら”と文字書きされた午後の写真(右)では銘板が見当たりません。もしかして急に外されてしまったのか、盗まれてしまったのでしょうか?まさかこの日か翌日がクモユニ81の最終日だったのか?(謎)

|

« 想い出の軽便鉄道本 | Main | 荷レ覚書ほか »

Comments

私も模型屋探索したい・・です(遠い目)
珊瑚さんの、このタイプの運材台車は見たことないです(実は新製品?)
DC12の下回りを今でも販売してくれるのは良心的ですね。
クモユニ81・・・・懐かしい(さらに遠い目)

Posted by: ム | 2014.03.06 06:47

ムさん、こんにちは。
珊瑚さんへは久しぶりに行きました。
運材台車は、
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/blog-entry-17.html
いまでもお店の引き出しには、同社ナロー製品の補修?パーツがギッチリ詰まっていて驚きました。

Posted by: みのる | 2014.03.06 15:17

みのるさん、こんばんは。
私はクモユニ81の実物を見たことがないくせい、
キットを注文しています。まだ届いていませんけど。
いつの日か、「岡オカ」所属車になるはずです(笑)

Posted by: やまぎし | 2014.03.06 21:29

やまぎしさん、こんばんは。
先月、ヴェスタ・ヴェーゼのキットを予約しようかと散々悩みました。悩んでいるうちに〆切が過ぎてしまいました。(^^;
岡オカの湘南色も好いですよね。おでこのマスキングは難易度が高そうながら、ぶどう色旧国との対比は魅力的です。

Posted by: みのる | 2014.03.06 22:16

The comments to this entry are closed.

« 想い出の軽便鉄道本 | Main | 荷レ覚書ほか »