« 戻れない道計画:17 | Main | 大宮イベント報告 »

2013.12.11

戻れない道計画:18

■馴染みの模型店から発売案内メールを貰ってビックリ!
既にメーカーサイトにも載りましたが、貰ったPDFには、TOMIXで(1:80)10系寝台シリーズが改良再生産の上に、オシ17も新規製作。更には下の方に見逃せない文章が!!!
EF62製品化決定!!! すごく楽しみ~
今から大量増備を見据えて貯金に励みます。

▼追記(2013/12/16)
1988ef6246さきのTOMIX製EF62はエコーモデルのよろず日誌に拠れば、2次形の篠ノ井タイプだって

使えねぇ~ ←高二LOVEの人

日誌には「下関転属・・・云々」書いてあるけれど、そもそも里に下りたロクニのうちで「2次形篠ノ井タイプ」が何両あるって、たった1両(=38番)だけです。結局はJR化後の田端配置車メインの製品化ですかぁ。大量増備は見送りです・・・。あっ、細かいことを言わなければ好いのかっ 
とりあえず、製品化を待つ事にしましょう。

一方、待ちに待った模型もようやく届きました。
00054747エンドウのクハ86-0(偶数向き)山陽線タイプ[2005年発売の製品]です。
何と申しましょうか、私には不似合いな車種ではありますが、まー聞いておくんなさい。そもそも「キットが組めるのにメーカー完成品を買っちゃって良いのか?」との後ろめたさを“長~い間”持っていまして、それを払拭した先駆けになったのがエンドウのEC80系でした。その辺りは長くなるので詳細は省きますが、当初、信越線編成にしたくて買ったクハ85をよく見たら、山陽線の005(岡オカ)限定番号!?だったと言うオチから、00054753その相棒になる偶数向きのクハを長らく探しておりまして、このたび、ようやく見つけた次第です。えぇ偶数向きのクハは早々にメーカー品切れで、何故か「奇数向きのクハ」ばかり残っている状態でした。たった4両の編成なのに見つからない時は何年も見つからないのですねぇ(遠い目)。因みに、300番台は山陽線に限って塗り分け位置が特殊なので見送りました。(←こういう事だけはこだわる:爆)

1978080302002何にしても単に4連ですが、あの時、もう少し知識があれば乗る事が出来た筈、撮る事が出来た筈の山陽線80系。これで、ようやく、1次形2次形ばかりのお古の編成が揃いました(笑)。

あれ?005は早々に落ちたのでは?とか、岡オカは6連だったのでは?とか、この形態の場合はとか、細かな指摘をしてはいけません。・・・これで実際のクハ85005が偶数向きに連結されていたら泣きます。・・・山陽線の車両の中で「80系4連だけ持っていても、どうなん?」と思いますが、他にも天プラのEH10とトラムウェイのEF65FとTOMIXのEF66ならば持ってます(苦しい言い訳)。

さてさて、相変わらずのこの話題。
書いている自分も少々飽きてきてしまっていますが、ちゃんとメモを残しておかないと、そのうち記事を書く時に困るのは目に見えていますので、がんばって書き続けます。

トンネルを仕上げました。
モーリンのトンネルライナーの開口部を少しだけ狭めて置いていただけだったのを、
00054439例によってウッドパテを表面に塗って塗装したはいいけれど、ちょっと塗りが「国鉄」にしては粗すぎてナローテイスト高すぎかもしれないと感じましたので、
00054657

00054661表面の凸凹やら型枠の筋彫りやらを敢えて控えめに修正しました。右側は元々レンガ積み仕様の製品ですが、併せて石積み風の塗装に塗り直しました。わざと斑っぽく塗った割には、レーザーカットのブロックパターンが整いすぎていて少々面白味に欠けます(贅沢)。
00054667

00054757ならば、廃品利用しかあるまいと、前作のトンネルポータル(非電化:R450仕様)を置いてみました。上越線の写真集と比べると、非電化用に作ったので少し印象が違います。う~ん?これなら単にスタイロフォームを切り抜いた上に石膏を盛って、最初から作った方が良かったのでは?との思いも頭を過ぎります・・・。いぇいぇ、この際は気にしない事にしましょう。

00054677レイアウトの奥にある複線トンネルポータルは、おなじくモーリンの製品です。こちらは遠目で目立たないと思いますので、デッキタンを塗った上から薄めたエナメル艶消し黒を塗り重ねただけで特別な加工はしていません。そー言えば、複線コンクリートポータルって上越線に有ったのでしょうか?
これはむしろ、新幹線に見えます。

やはり、型を作って石膏で新たに作り直した方が・・・。どうせなら、レイアウトに合った造形の方が・・・。

そう考えてしまうと、製品を買った意味がないのでは 

0005476200054760

とりあえず、これで曲がりなりにもトンネルポータルと橋脚は何とか形になりました。石積みパターンを刻むとか、トンネルポータルを修正するとか、その辺りは作りながら改めて考えるとしましょう。鉄橋の塗装と枕木の作成は、まだまだこれからです。何事も全て先送り!
では、また。

|

« 戻れない道計画:17 | Main | 大宮イベント報告 »

Comments

80系購入おめでとうございます!
完成品、楽でいいですよね(ち~ん)
私はボーナスでトラムウェイのC12(九州型)を買い足しました!(って、報告?=>自分)
トンネルポータルと橋が付くと、ググッと実感がわいてきていいですね。
軽便線の方の進捗も楽しみであります。

Posted by: ム | 2013.12.12 06:50

ムさん、こんにちは。
ありがとうございます。ようやく探し当てた車両でした。
完成品は楽です(^^)
C12九州型入線!おめでとうございます~。

レイアウトは色が付くと俄然ヤル気が出ますね。

Posted by: みのる | 2013.12.12 12:59

 80系、購入おめでとうございます。我が社にも4連がありますし、もう4連の罪庫もあります。で、当時、クハ85が来たらとってもお得な気分でした。クハ86の3枚窓は記憶にないのですが、模型はあります。でも、4連はローカルで、茶色の下駄電でした。80系は6両以上で走っていた記憶があります。近いうちに我が社も作ります(頑張って……)。
 レイアウトは、ぐっと進捗していますねえ。これも見習わなくっちゃ(はは、こだわりすぎて、ごにょごにょの連続です)。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2013.12.12 22:33

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
ありがとうございます(^^)。

やはり岡山近辺では、4連は茶塗りの下駄電、80系は6両編成以上なのですね。3枚窓のクハは広島や下関の配置が多いのかもしれません。では我家の80系は広セキに転属して貰いましょうか(笑)。

さきほどレイアウト上で動かしましたら、R550で連結面が当たって脱線多発でした。まずは車両の急カーブ対応を進めなければ遊べません。

Posted by: みのる | 2013.12.12 23:11

こんばんは

オオッ、「EF62製品化決定!!!」ですか
EF63は運用形態が限定的なので見送りましたが、EF62は東海道で荷レまで牽引していて、何にでも似合うので、これは迷わず「買い」ですな

10系寝台は、スロフ62を含めて、既に8両持っていて...でも、オシ17は欲しいなぁ...

レイアウトは、トンネルからカーブの鉄橋にかけての雰囲気が、ますます、いい感じになってきましたねぇ

Posted by: さとし | 2013.12.12 23:14

さとしさん、こんばんは。

EF62は、発売時期は未定ながら楽しみですね。
10系寝台は、手に入れそびれたスハネ16を数両と、スロ/スロフで往年のオールグリーン車団臨編成を揃えようかと考えています(^^;。

>トンネルからカーブの鉄橋にかけての雰囲気が、ますます、いい感じになってきましたねぇ
ありがとうございます。何とかトンネルと鉄橋の目処がついたので、或いは進捗が早まるかも!?

Posted by: みのる | 2013.12.13 00:23

みのるさん、お久しぶりです。
岡オカの80系に釣られてノコノコ出てきました。
岡オカで組んでやろうとキットを死蔵しているのですが、
4連はなかったのですか!
下記のサイトに4連の編成例(77年5月現在)が紹介されているのですが…。
http://tnk-ko.a.la9.jp/gallery1/80k.html#g06

Posted by: やまぎし | 2013.12.13 13:29

やまぎしさん、こんにちは。
岡オカで釣られましたか~!? 
編成例のサイトを拝見しました。ありがとうございます。クハ85005は6連に入っていますね・・・(汗)

じつは、岡オカはちゃんと調べていないので判らないです(^^;。
いま鉄道ファン誌1977-7付録の運用表を改めて見ています。4両編成の場合は、赤穂線と宇野線に単独運用が見られる他は、一部の区間運用を除いて、4+4や4+6で使われたみたいです。
真面目に岡オカを再現するには4連2本か4連と6連が良さそうですよ。

Posted by: みのる | 2013.12.13 14:47

みのるさん、こんばんは。
やっぱり山陽線では4連だけの運用はナシですか。
とてもじゃないですけど、4連+4連とか、
それ以上は無理です。懐的にも根気的にも(笑)
赤穂線、宇野線でGO!ということにします。

Posted by: やまぎし | 2013.12.13 21:15

やまぎしさん、こんばんは。
本線に限ると主体は長編成のようです(苦笑)。
改めて調べてみると、岡オカ80系は、更新/未更新、各番台が揃っていてバラエティー豊富ですね。居ないのはサハ87の0番台だけでしょうか。とりあえず4連を目標に作ってみても、あれも欲しいこれも欲しいと、意外とサクサク進んで、気がつけば4+4で揃うかもしれません。

Posted by: みのる | 2013.12.13 22:57

EF62、う~んTOMIXさん微妙に「外し」ますね。
ひょっとして、天賞堂の製品がカバーしていないところを?という配慮なんでしょうかね??

Posted by: ム | 2013.12.17 06:42

ムさん、こんにちは。

天賞堂製品と言うよりも、既に発売されたEF63との兼ね合いで、JRに残った車両(田端配置)を選択すれば篠ノ井形になるのは、当然と言えば当然なのですが・・・、EF62模型化は大歓迎な反面、高二好きとしては残念ですぅ。

まぁ「高二形」「下関形」へ直す楽しみが残されている、と考えれば良いのかも知れません。

Posted by: みのる | 2013.12.17 13:17

The comments to this entry are closed.

« 戻れない道計画:17 | Main | 大宮イベント報告 »