« ブルトレ“あけぼの” | Main | 12月の模型誌 »

2013.11.16

架線柱考

今度こそ本当に肩の荷が下りて、さて次は何を組みましょうか?と罪庫棚&罪庫BOXを物色している今日この頃です。地面モノは地道に進んでいる(筈?)なので、年内に何両か車両を完成させたい、しかし好きな車両は凝ってしまってゴールが見えない、ならば気軽に組める車両を探そう、でもそもそも好きな車両しか買っていない、のエンドレス・ループで思わず天を仰いでおりまする(?)

上をぉ、向いてぇ、歩こうおぅおぅぉぅ~♪
涙が~~こぼれないよぉうぉうぉうにぃ~(号泣)

00054185ところで、以前のエントリーでも書いた通り、上を向いて歩いたら、不思議な事に製品と同じような形態の架線柱を近所では全く見かけなかったKATO発売の複線架線柱ですが、これは単に我家周辺で見かけないだけかもしれないと、手元のアルバムを開いて撮影した写真をいろいろと眺めてみたところ。


ナゼ同じタイプが写った写真は1枚も見つからないのだ???(謎)

おさらいすると、我家周辺で見かけたり、旅先で撮影したり、のタイプは、Nゲージなら製品化されている三角▼断面のトラスタイプばかりです。一方このたびの1/80製品は、鉄骨トラスの四角■断面のタイプで、柱はコンクリート製です。
Ef58772000062x019

「こんなはずじゃぁ無かったのに・・・」そんなどうにも割り切れない心持のままWebサイトをウロウロしていたら、何と!ホビダスにこんな新製品も載っていました。(上のメーカーリンクページの下方にも載っています)

またまた微妙な製品化~。(ノ`○´)ノ ┫:・’.::・┻:・’.::・だぁぁ~

まぁ、こちらの新製品「柱も含めて全て鉄骨のタイプ」であれば、鉄橋や高架線を始め、3線4線を一気に跨ぐタイプとして、むしろ極々一般的に見つかります。
Ef58_61aEf66_1

ただし高架線ばかりのレイアウトを作る訳ではありませんので、このタイプばかりを並べると、自分のイメージする風景とは少々掛け離れてしまいます。
00051721それにしても、最初に買った製品のような
鉄骨両側コンクリート柱」は、

■自分が撮影していないだけで、場所に拠っては一般的なのでしょうか?(小田急にあるらしい)
■かなり初期または極々近年のタイプなのでしょうか?
■JNR/JRではなく大手私鉄向けなのでしょうか?

オッサン好みの国鉄(だった)路線には無いんかぇぇぇ~(絶叫)
これではせっかく購入した製品も宝の持ち腐れではないか~。
楽をしたくて既製品を購入したはずなのに、見た事も無い架線柱を知らずに購入してしまうとはそもそも、よく判らんタイプを発売するメーカーが悪いんだそれとも何か?自分の求めるものと、世間一般消費者の求めるものと、激しくズレているとでも言うのかぁぁぁぁ~

(ノ`○´)ノ ┫:・’.::・┻:・’.::・何処に存るんだぁ~このタイプ!写真を見たいぜよ~
<単線ながら寄居駅の東武線で発見!?>


失礼を致しました。思わず取り乱してしまいました(陳謝)。
少々ズレているのは認めます。

問題が山積みの複線架線柱は一旦置いておきまして、
一方、同時に購入した単線架線柱は?と言えば、
0005432000054307


こんな感じでした。柱の太さは4.2mm程度です。何となく太いような気もしますし、全体にゴツイ雰囲気を受けますが、柱の実物規格サイズを知りませんので、こんなものなのでしょうか?さすがに「実物の単線コンクリート柱にメジャーを当てているオッサン」になる勇気はありません(ヘタレ宣言)。
因みに、上記の複線架線柱の柱サイズは少し細くて径3,8mmでした。
0005429100054310

エンドウや津川の製品を持っていませんので、比較できないのは片手落ちながらも、KATOユニトラックと組み合わせる純正仕様にして、レール面から80mmの高さに架線取付のアームがきます。乗せたEF65Fのパンタ作用高は70mmを少し切る程度なので、ユニトラックよりも道床の厚いエンドウ組線路にも使えそうな高さに思えます。

ただ、どうでしょう?レールと柱が近いような気もします。これは全体に線が太いから?整形色が明るいから?その所為でそんな感じを受けるのでしょうか?・・・。


そんな想いを知ってか知らずか、新たに発売される全鉄骨タイプと同時に、少しばかり間隔の広い単線架線柱(柱から伸びるアームが若干長い筈)も発売になるようです・・・。

(ノ`○´)ノ ┫:・’.::・┻:・’.::・だぁ~
くわぁぁぁ~!全て買うのが早すぎたのかぁぁぁぁ~~~~!!!(撃沈)


・・・とりあえず、架線柱を設置するところまでレイアウトは進んでいませんので、まずは何か車両を組みましょうっ、地道に罪庫を減らしましょうっ。
ややっカント付きのユニトラックも出るのですね。
<では、また次週 

|

« ブルトレ“あけぼの” | Main | 12月の模型誌 »

Comments

架線柱は、色々有って難しいですね~
時代考証などは、もっと大変そうですし、地域差などもあるのでしょうか?

うちは、非電化なので、大丈夫(笑) でも、木柱のシンプルな架線は、ちょっぴり憧れるのものです。

弊ブログのリンク先で、同様にKATOの架線柱を買ってから、近隣の架線柱めぐりをされた記事が有ります。
http://kokyu.sblo.jp/article/79914151.html

Posted by: 廣瀬 | 2013.11.17 00:19

みのるさん、こんばんは。

HO架線柱の考察、お疲れ様です
いや~、なかなか悩ましいですよね。

私の知る限りでは、我々がお好みの国鉄風としては、イーベルの製品がBESTかな、と思います。
ウチのレイアウトでは、複線架線柱をS3ブロックで、単線架線柱をDブロックの本線で使いました。

ただ、普通に売っている製品ではないので、入手が困難(最近はエコーモデルが扱っているけど)。さらに、値段が結構お高い。

なので、KATOのHO架線柱には期待していたのですけど、みのるさんレポートによると今一つ感が漂っていますね...
新製品の単線ワイド架線柱は、使えそうですけど。

ところで、コンクリート柱については、イーベル製も同様に太過ぎる(中央西線や伯備線が電化された頃から使われた、見栄えの悪いタイプに似ている)ので、私は別のプラ棒に代えています。また、ビームの高さも、製品のままでは、パンタからやや離れ過ぎているので、同時に下げています。

Posted by: さとし | 2013.11.17 00:42

廣瀬さん、さとしさん、こんばんは。
鉄骨箱タイプの複線架線柱は、Web上で湖西線の写真を見つけましたけど、役目が少々違うようでして、製品そのままのタイプはまだ見つかりません。そもそもこんなに探さないと無い架線柱も珍しいです(撃沈)。

>廣瀬さん
ヤマさんのBlogですね。
地域差はあまり無さそうですよ。むしろ電化された時期の差の方が大きいように思えます。
逆に私鉄向けの鄙びた単線タイプならば、レジージャックやエコーモデルから、好い製品が発売されていますので全く困りません。ローカルな電化私鉄なら1・2両で済むのでツマミ食いも楽しいですよ~。箱物は改軌も楽です。←悪い誘惑です

>さとしさん、
想い出の国鉄時代を追うならば、仰る通り、素直にイーベルを買えば良かったと思います。
本当に悩ましい話ですよねぇ・・・。
いずれにしても「柱」と「高さ」は直さないと見栄えが悪そうな話ですね。う~ん前途多難かも。
単線架線柱は碍子が思いのほか大きめながら、複線よりも汎用性が高そうに思えます。また予定品のラーメン構造の複線架線柱なら、国鉄でも使えそうに思えます。ただ我家には使える場所がありませんでしたorz。
セットには付属の張力調整装置が1セットにつき2つ入っていまして、これはディテールアップに充分使えそうです。

1/80架線柱も新製品が続々と発売されるのは嬉しい反面、使えるのか使えないのか判断に迷う製品は辛いです。

Posted by: みのる | 2013.11.17 01:37

地元軽便のOBが電化したときの話を思い出しました。
曰く「木柱は弱かった」、「レールを使ったら曲がってしまった」、「そこで、アングルを使った柱に変えた」。
今のJRのコンクリート製(?)の支柱もやけに太いですねえ。
電化は「あっしにゃあ、関係ねえことで。」と言いながら、軽便架線柱をしっかりストックしています。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2013.11.18 21:51

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
だから下津井には立派な架線柱が多かったのですか!?(@@;
下津井は電化が早かったので、資材の無い時代に、いろいろとご苦労があったのでしょうね。

KATOの模型も「今」を再現していると思います。嗚呼!わが国鉄時代(苦笑)。

Posted by: みのる | 2013.11.18 23:06

自分で作っても、製品でも「架線柱がちょっと太い?」と感じるのは「この太さにしないとうっかり触ったときに折れてしまうから」のような気がします。
私の集電用架線柱が太い(3.0φ)なのは、ダイスでネジを切りやすいから・・だったりしますが(笑)

Posted by: ム | 2013.11.19 06:53

ムさん、こんにちは。
そうそう、うっかり触って壊してしまうリスクはありますよね。この度のような組立線路用向け製品なら尚更でしょうか。
やはり、気になる場合は棘の道の「自作」・・・(^^;

Posted by: みのる | 2013.11.19 12:56

架線柱、自作すると「製品のありがたさ」を実感できます。
私などの場合は、架線のシステム自体が特殊であることと、海外の架線対応のシステムが結構高価(しかも急カーブ対応のものがない)なので自作していますが、同じものを何本も用意しないといけないので、面倒といえば面倒です。
個人的には、架線を張らないのであれば、まずは市販品を設置して感触を掴み、その後で「どういうものが良いのか」をじっくり確かめながら自作するのが良いような気がします。

Posted by: ム | 2013.11.20 06:41

ムさん、こんばんは。
確かに数が要るモノは完全自作では辛いものがあります。もしかすると、何れピッタリな製品が出るかもしれませんし、当面は製品利用で上手い落とし所を見つけた方が得策のようですね。
その前に、架線柱を建てる状態までレイアウトを進めないといけません(^^;

Posted by: みのる | 2013.11.20 20:33

ところで、今月のRM Models見ました。
う~ん、三重交通の車両いいですね。
これが「風景のあるレイアウトを走る姿」を見たいです!

Posted by: ム | 2013.11.21 06:38

ムさん、こんにちは。
さきほど献本が届きました。
自分の製作記事しか知らなかったので、おぉ意外に大特集!(笑)(←今頃・・・

Posted by: みのる | 2013.11.21 13:06

架線柱の話題に同感です。
架線柱の高さの考察は参考になりました!

私もKATOのを試しに買ってみましたが、Vトラスじゃなくて残念でした。。

一応自作もしてみたのですが面倒で・・・途中で放置しています ^^;
http://norigon.cocolog-nifty.com/blog/cat23406803/index.html

Posted by: norigon | 2013.11.23 12:06

norigonさん、こんばんは。
自作なさった勇気に敬意を表します。スゴイです(^^;。あの見慣れた架線柱の形態は「Vトラス」と言うのですね。ありがとうございます。高さは、大勢で運転会をする場合を除いて、手持ちの模型に合わせた方が無難でしょう。

それにしてもKATOはナゼこの形態の複線架線柱を製品化したのか?ひじょうに謎であります。

Posted by: みのる | 2013.11.23 18:22

The comments to this entry are closed.

« ブルトレ“あけぼの” | Main | 12月の模型誌 »