« 1987名鉄揖斐谷汲線 | Main | キハ35系着荷 »

2013.05.30

情景作家展

ご無沙汰していました。
昨日、ようやく念願の情景作家展へ行ってきました。
0005199000051992

目的は、あの蔵本村をこの目で見ること!の唯一点のみながら、他の方の作品も目を見張るほどでして、わざわざ足を運んで素直に“好かった”と感じました。じつにビシビシと刺激を戴きまして、これは情熱作家展ではないだろうかと思った次第です・・・


00051998蔵本村と倉本駅は、今まで『レイアウトモデリング』の写真でしか知らなかったので、ガラス越しのかぶりつき?にて30分強、あっちこっちから思う存分に眺め回しまして堪能致しました。
色調は展示に当たって手を加えたのでしょうか?写真で見た印象と比べて茶系が強くなっていたのは意外でしたが、写真だけではおぼろげにしか解らなかった点も、作品を目の当たりにして初めて掴む事ができまして、わざわざ往復2時間強(実際には電車の事故で4時間強)掛けて出かけた甲斐がありました。ともすれば「材料が無い頃にココまで作り込んですごいね」と言う感想が大勢を占めるように思われますが、それ以前に、鋭い観察眼や地面の高低差や配置の妙に魅せられました。
例えば、貨物側線の分岐ポイントを安易に右ポイントで済まさずYポイントを使っている点とか。(プロの車掌さんなので当然?)
例えば、刈田から道・家並み・畑に至る左右に広がる絶妙な高低差とか。
例えば、ホーム裏やら、駅前広場からホーム端へ繋がる地面の自然な流れとか。
とにかく、すごぃ(@@; 絶句・・・の一言でした。伝説になるのが頷けます。

翻って、今の私たちは、そういう気配りが欠けていませんか?
そもそも、単に(とココで吼えても仕方が無いので、以下略)

他の方の作品もじっくり拝見しまして、作品を写真や図録ではなく、自分の目で見る機会を得たならば、厭わず足を運ぶ大切さをヒシヒシと感じました。次は何とか時間を作ってこちらでしょうか。

出かけたついでに本も買ってきました。
0005182800052001

阿部さんの本は今更ですが、蔵本村に刺激を受けた事もあり、ようやく今になって買う心境になった事もあり、って事で。

じつは、今月〆切の祭出展に関して、一昨日までは去年同様に見学者側に回ろうと決めていました。正直、先月から模型を作る気持ちにはならないし、限られた祭のスペースでは、新しい勢いのある方に出展してもらって、常連さんと良い意味での切磋琢磨とコラボレーションを期待していましたので、作らない自分は今後は見守る側で充分ではなかろうかと思っていました。
しかしながら、少し気持ちが揺らいできましたね

|

« 1987名鉄揖斐谷汲線 | Main | キハ35系着荷 »

Comments

私が云うのもですが、凄すぎる祭・・・
裏スペースは小さく見逃されれますがw、
Mるさん、美男さんのスペースは、オイラが保障します!
その前に、JAMに来てね!

Posted by: カワイ | 2013.05.30 20:30

みのるさん、
お久しぶりです。模型の方は、全然進捗がありません。

カワイさん、お誘いありがとうございます。
進捗なしなので、薬を変えてみたり(モチ、Drの指導の下)、JAMに行ってそのまま北に流れるか、祭に向けて一点集中かと思いますが、何せその前に「高い壁」があります。でも、カワイさんの書き込みで半歩前進です。ありがとうございます。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2013.05.30 21:10

カワイさん、美男(備南鉄道)さん、こんばんは。

ありがとうございます。残念ながら今年のJAMは日付が悪くて行けません(泣)。祭は行くつもりです(^^)

Posted by: みのる | 2013.05.30 21:54

The comments to this entry are closed.

« 1987名鉄揖斐谷汲線 | Main | キハ35系着荷 »