« 今年も祭りだ! | Main | 情景作家展 »

2013.05.17

1987名鉄揖斐谷汲線

近況報告:模型は全然進んでいません(激汗)。
組んだ車両は机の上に転がったまま、レイアウトも埃を被ってそのまま、ダメじゃんと、自分自身にツッコミを入れる大会を絶賛開催中であります。
00051734昨日は寄居で所用がありましたので、敢えて電車移動を選びまして、西武払い下げ改造車になってからの急行秩父路号に初乗車しました(遅っ)。シートはちゃんとリクライニングするので、座り心地は以前の165系改のBOX座席に比べて格段の差です。現地では余計な時間は取れなかったものの、帰りのホームでは貨物列車をスナップしました(嬉)。久々だなぁ~。

さて、突然ですが、1987名鉄揖斐谷汲線の想い出話を少々。
どこのブログに影響の受けたのかは一目瞭然です

あの頃は、今以上に偏屈(=偏食)でして、
名鉄?近鉄ナロー?“1色塗りだから行かないっ”
上田交通?“人気があるから行かないっ”
関鉄?片上?“非電化だから行かないっ”
19870404p025まぁぁぁぁぁ、万事がこの調子でして、自分の事ながら「馬鹿か!お前は」、と今になってしきりに後悔をしています・・・。

「名鉄が面白いから絶対に1度は行った方が良い!好いよ!行きなさいっ!」と模型の大先輩から散々話を聞かされた上に、頼んでもいないのに、揖斐谷汲線の撮影場所の地図や時刻表のコピーを貰い(押し付けられ!?遠い目)、散々ハッパを掛けられて、そのプレッシャーに耐え切れずに、琴電の帰りがけに惰性で訪れたのは1987年4月でした。

どこを見ても赤い電車しか居ないよorz。それが訪問当時の正直な感想でしたね(爆)。

もう少し早い時期に、名鉄本線へも足を向けていれば、なまずやいもむしを始め、いろいろな形式の車両が走っていたのかもしれませんが、寄り道せずに揖斐・谷汲線だけチラッと寄って終点まで乗って直ぐに帰ろう、とのマイナス思考に捉われていたので、かの有名な市内線を闊歩するモ510・520でさえ撮影していません(たぶん乗った筈:記憶なし)。いやはや情けない限りです(苦笑)。

19870404p001このたびの本題は、
752を撮ってた!・・・です。

ただし既にアルミサッシ化された後ですね。テールライトが引っ掛け式のままだった事に気が付いたのは、ホンのつい数日前の話です。先日まで車両の差異がある事には全く気が付きませんでした。この顔つきはカッコいいですね(今頃)。今の今まで、片運転台(モ700)か両運転台(モ750)か、の違い程度しか知りませんでした。でもフクシマのキットは持っています・・・(ナゼか苦笑)。

198704044014いま、改めてネガを見ていると、1色塗りながらじつに好い雰囲気の車両に思えます。この時点でモ510・520の2連の他にモ700やモ750にクハを連結した2連や、ラッシュ専用の3連も走っていたようです。悲しいかなネガは退色や汚れが進んでしまいましたが、琴電帰りだったのが幸いして、珍しくもポジでも撮影していますので、何枚か載せてみましょう。
たぶん尻毛の鉄橋とその周辺、黒野の駅で撮影したように記憶しています。


19870404p02219870404p020


19870404p02119870404p023


198704044015aお恥ずかしい事にピントも構図もいい加減です(激汗)。しかもモ700/モ750に連結されていたクハのお面の写真は1枚もありません(汗)。モは車体裾の下がり具合が車両で違っていますし、テールライトの取り付け方法にしても、アルミサッシ化にしても、意外にバラエティー豊富な車両だった事に気が付きました。何か写真を見ていると模型化したくなる気分になります(笑)。

19870404p302この時の谷汲線内は、モ759の単行が行ったり来たりしているだけの状態でしたから、最晩年とほとんど変わりはありません。
とりあえず・・・でも、行っておいて良かったです。ハッパを掛け続けてくれた大先輩に感謝でしょうか(笑)。

次に谷汲線を訪れたのは、廃止の直前1回だけ、しかもその大先輩と同伴!と言う所が、しょーもないですね

|

« 今年も祭りだ! | Main | 情景作家展 »

Comments

良かったですよねぇ、揖斐線、谷汲線・・・(遠い目)
訪問した後は、「よし!車両とレイアウトを作るぞ~!」と固く誓いましたが、車両はなんとか組みましたが、レイアウトは・・・(さらに遠い目)

Posted by: | 2013.05.17 06:34

ムさん、こんにちは。
撮った当時は今ひとつ気乗りしませんでしたが、今こうして改めて写真を見ていると、意外に魅力的だったと感じます(苦笑)。とても懐かしいです。(^^;

Posted by: みのる | 2013.05.17 13:03

こんばんは~。

揖斐・谷汲線って今から考えると素晴らしい路線だったのですね。

京都からだと始発に乗って出かけても(新幹線・在来線ともに)ラッシュ時間には間に合わずで、みのるさんが撮影されている3連の写真は私は撮影できていません。モ750+モ700+クの3連はよだれものですね。

私はワンマン改造されてからは1回しか訪れずまたまともな写真もありません・・・。

Posted by: たかはし おさむ | 2013.05.18 19:29

たかはしおさむさん、こんばんは。
影響されました!
752の話と幼稚園児が乗り込む1枚にグッときまして、突如この話題を書いてしまいました(^^;

>モ750+モ700+クの3連はよだれものですね。
基本2連に増結1両を加えた3連は、今なら真っ先に駆けつけますね(笑)。本当に好い編成です。
撮れたのは幸いながら、改めてネガとポジを見ていると、すべてピントが外れていまして、ガックリとしています(苦笑)。如何に当時は適当に撮っていたのかと・・・。車番の控えもしませんでした

Posted by: みのる | 2013.05.19 00:16

The comments to this entry are closed.

« 今年も祭りだ! | Main | 情景作家展 »