« 続:オカメを組む | Main | なんだかなぁ »

2013.04.05

ガソも組む

4月になりました(遅)。桜は早くも散り始めましたねぇ。
0005082700050846

だぁぁぁ、ワールド工芸さん、次はEF15福米ですか!?この際は13mmも発売したら如何でしょうか?EF15/16なら軌間を問わず買う人がここに1人居ます

さて、ご存知!南軽出版局さんの「今月の1枚」には毎月刺激を戴いています。
先月3月は西大寺の単端が木造ボギーを牽く写真です。このアンバランス加減がとても好いですよね~。山奥線にもこのテイストが欲しくて、00050857オカメ形気動車を組んだのですが、如何せん後部のオーバーハングが大きくてR150で客車を牽かせるには少々辛いかな?と思いまして、続けて罪庫になっているMW沼尻のガソを組んでいました。ガソならR150でも客車を牽いて運転できそうな気がします

山奥線は小型のボギー気動車の設定でしたけれど、この際は設定を無視して、単端天国にしても好いかもしれません 嗚呼!極楽・極楽。

・・・しかし、サクサク組めるはずが・・・


さすがMW!手強いです。
そんな微妙な位置にハンダ付けなんて出来ないよー ←下手なだけ?或る意味、オカメの方が簡単だったような、そうでもないような・・・でした。

00050865ラジエーター脇の工具箱?は当初ハンダ付けしてしまったのですが、塗装の時にマスキングで苦労する事が判りまして急遽外しました(苦笑)。片側の靴づりが逆さ折りされたエラー部品だった上に、加工して付けようと押さえたら、時空の彼方へ跳んでいきました・・・遠い目。それ以外は望まない付けたり外したりを繰り返しながら、ようやく生地完成状態です(祝)。
うがっ(@@;、排障器が外れてるorz

0005087900050876

オカメ気動車と並べると、車体の規模(大きさ)はほぼ同じですね。確か実車のエンジンも馬力があったはずなので、互いに客車を牽いて運用をこなす設定にしても不自然さは無い筈???です。しかもガソは朝顔カプラーにもケーディーカプラーにも交換できる仕様になっているのは優れものですねー。オカメ気動車のバケット側もケーディーが付けられるように加工したいと思います。それが終われば、ようやく塗装に移れそうです
その前に・・・客車をもう1両だけ組もうかな?或いは先に山奥線レイアウトの具合だけ確かめなければいけないかもしれません。果たして単端は5%を登るのか?それが運命の分かれ道でしょう~。現在・過去・未来~♪(←これは迷い道)

失敗したら、戻れない道計画と12年目の宿題に戻りましょうか

|

« 続:オカメを組む | Main | なんだかなぁ »

Comments

単端軍団増加中ですね。
MWの製品は、私のような古いタイプのモデラーはこちらの方がやりやすいのですが、今となっては??なのかもしれませんね。

Posted by: | 2013.04.05 06:52

ムさん、こんにちは。

昔ながらのプレス主体のキットは、力任せに削ってもビクともしませんので、組んでいて安心感はありますね(^^;。反面、ボディーの窓とEh窓枠が微妙にズレたり、プレスの端面修理を怠ると車体が微妙に台形にズレたり、何と言うか“懐かしさいっぱい”です(笑)。

Posted by: みのる | 2013.04.05 13:01

こんばんは。
どんどん進みますね。
やっぱり勢いは大事ですね。
見習わないと…

Posted by: やまぎし | 2013.04.05 22:39

やまぎしさん、こんばんは。
まさに気分屋の真骨頂です←あまり褒められない。
でも勢いは大切ですよね(笑)。我家は味噌汁軽便の車両で、非電化&R150通過可能の罪庫キットは、意外に少ない事も判明しましたので、山奥線のラインナップもそろそろ打ち止めかもしれません(^^;。

Posted by: みのる | 2013.04.06 00:17

単端の写真を話題にしていただいたのに、ちょうど同じ日に「今月の写真」を新しい画像に書きかえてしまいました。
もし、みのるさんが紹介してくださった西大寺の画像が見つからない、という方がいらっしゃいましたら、南軽出版サイトの「画像倉庫」から「車両のおもしろさ」または「編成・運行のおもしろさ」のページに移動して、「単端+木造オープンデッキ」という項目をクリックしてください。

「今月の写真」は、現在、5日と20日に更新しています。次回は、頸城のコッペルの走っているところをご紹介する予定です。

Posted by: かねた一郎 | 2013.04.06 00:29

あ、予定について間違いを書いてしまいました(汗)
次回は、もう1回、西大寺を出して、5月に頸城のコッペルのつもりでした。すみません。

Posted by: かねた一郎 | 2013.04.06 00:32

かねた一郎さん、こんばんは。
今月の1枚は毎回楽しみに拝見しております。

西大寺の写真は、ちょうど先月、山奥線のプランを書いている時に惹かれた1枚でしたので、少々書くタイミングがズレてしまいました。補足説明をして戴きありがとうございます。お手数をお掛けいたしました。

更新は5日と20日と月2回だったのですね!?・・・気がつきませんでした(汗)(^^;

Posted by: みのる | 2013.04.06 01:22

どんな鉄道にするのかキャスティング?楽しそうですねぇ。時々感じることですが、レイアウトは映画づくりに似てますよね?みのるプロデューサーの辣腕、期待しております~!
工具箱をはずしたガソ、実はオトコマエだったんですね(オドロキ)欲しくなってきました。

Posted by: ナガウラ | 2013.04.06 03:45

ナガウラさん、こんにちは。

心象鉄道の模型化は、確かにプロデューサーのイメージですよね(苦笑)。映画に例えるなら監督さんでしょうか?
巨匠ナガウラ監督の製作総指揮“七国山”の影響が強くて、今のところは追従している状態です。
さて、どんな鉄道にしましょうか(^^;
>ガソ
好い顔ですよね~。
MW製品はメーカー品切れですが、たぶん一声掛ければ(掛けなくとも!?)罪庫を持て余している各方面から様々な補給物資が来るのではないかと?

Posted by: みのる | 2013.04.06 13:22

The comments to this entry are closed.

« 続:オカメを組む | Main | なんだかなぁ »