« 思川鉄道に想いを馳せる:終 | Main | オカメを組む »

2013.03.24

時間ですよー

つっ次!行ってみよー

00050435おぉ~!EF510-500の運用だった安中貨物がEH500に変わっていましたこちらでは見慣れていない機関車だけに新鮮です(爆)。

そうそう、珍しく近所の本屋へ毎月必ずTMSが入荷しているので、つい今月もTMS買ってしまいました(偉)←単に釣られているだけ?(謎)。ダージリンぐるぐるレイアウトが載っていました~(拍手)。表紙のNモジュールは雰囲気が抜群に上手いですね(@@;、いやぁ~コレはすごいや、如何にもな不自然さを感じません(感動)。EH10製作記も参考になりました。が、逆にカツミのキットを徹底的に直さないといけない事も判りまして、かなり腰が引けました(^^;。プラ完も出るし、キット罪庫をどうしよう?(悩)

さて、毎月20日の鉄道本発売日を過ぎるとソワソワしてきます。
このところの恒例行事になりつつある、と言うか、むりやり恒例行事化しつつある“アレ”
特に今月は、前半風邪をひいて不調でしたので、なおさら1ヶ月が早く感じます。

うわぁ、今月は何も車両を組んでいないじゃないかー 

Q:このパターンは何時までするのですか?
A:・・・一応ハンダ付けが辛くない6月まで毎月!予定しています・・・

って事で今月のキット組み報告の時間ですよー!
では何を組みましょうか?
ここはやはり!「ぐるぐる山奥線」の試験走行にも使うべく、普通の非電化軽便車両を選びたいものです(まるで他人事のように:笑)。そーなると新作で話題性?もあるアノ車両が最適に思えますが、まだ誰も組んだ報告を挙げていない点だけが不安であります。・・・人身御供は嫌だなぁ~

と、言う事で、ひょっとこ転じておかめとなった、モデルワーゲンの井笠のジ6・11を作っています。00050474いきなりロストの塊を1mm削除せよ、とガレキもビックリな製品ながら、切って盛って削って磨いて、昔ながらの金属工作の醍醐味と、「オレ金属工作しているよな」との高揚感を得られる楽しい製品です
見事に“反り返っているように見えた”屋根は、スケールを当ててみると目視で感じる程は反っていませんが、磨きついでに全体にヤスリがけを施し整形しました。こういう色のロストパーツを久しぶりに見ました。

0005047600050480

例のロスト1mm削除はヤスリでは苦労するので糸鋸で切りました。窓枠とドアをつけて今夜は終了。ロストの前面と後面と、プレスの側板を仮合わせしたところ、上面で合わせると、前面だけ微妙に窓の高さがズレますね。レベルは窓の高さで合わせるしかありませんので、側板の上を軽くヤスリました。基本中の基本!車体を曲がり無く箱にするのが一番難しいところでしょうか(苦笑)。
それこそ1発で位置合わせをするEh製品とは違う、何度もつけたり外したりが可能な、この手の金属キット工作の王道です。
<続く>

|

« 思川鉄道に想いを馳せる:終 | Main | オカメを組む »

Comments

わざわざロストワックスで「精密鋳造」しておいて「ガリガリ削ってね」ってのは凄いですね(唖然)。
それはともかく、ついに車両工作開始ですね。

Posted by: | 2013.03.24 10:37

みのるさん、こんにちは。
ついに着手ですね。
このロスト屋根、「ジ5」でもさんざん苦労しました。
続きも楽しみにしています!

P.S
ウチのブログでのコメントでは、たいへん失礼しました。
更新が滞っているからと油断しておりました。

Posted by: やまぎし | 2013.03.24 17:42

みのるさん、こんばんは。
木の芽時+花粉症で、ぐずぐずしております。
井笠の単端、「へえ~。」です。でも、このキットは、「引き戸」ですよね。とすると、ドアの前後とも裾がカーブしていると開かないですよね。
要らぬお世話でしたかしら。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2013.03.24 19:25

こんばんは。

>ムさん
ある意味これはすごいキットです(笑)。その代わりガリガリ削ってもビクともしない安心感!?(^^;

>やまぎしさん
どうぞお構いなく(^^)。
何とか作ってますよー、ジ5をお作りになったのですか!?何となく屋根の厚さはイメージよりも厚いですね。ジ6だからでしょうか?(苦笑)

>美男(備南鉄道)さん、
「ドアの前後とも裾がカーブしていると開かないですよね」
うわあっ!!!ホントだ(@@;
確かに、これっ絶対におかしいです。すごい、美男さん。私は組んでいても全く気が付きませんでした
「なんじゃこりゃー(byジーパン)」
湯口さんの実車の写真を見ると、ドア運転室側の窓が戸袋でありながら、前面は絞りがはいっている、今ひとつどうなっているのかハッキリ判らない、何とも不思議な造形です。これは盛るのか?或いは削るのか?・・・(滝汗)。箱にする前で良かった(感謝)
誰か人身御供になってくださいー(Help)。

Posted by: みのる | 2013.03.24 20:46

みのるさん>

こんばんは。
結構ファジーな車体構造をしているようですね。
下記参照という事で。

http://umemado.blogspot.jp/2010/09/blog-post_16.html

Posted by: たかはし おさむ | 2013.03.24 23:47

たかはしおさむさん、こんばんは。
ありがとうございます。普段巡回している方の所にもいろいろと写真がありました。改めてご紹介の「地方私鉄1960年代の回想」さんのサイトを拝見してきました。(と言うか巡回サイトながら気が付きませんでした:激汗)
影の具合から側板状態がとても判り易いですね(^^;。それにしても模型もビックリ現物合わせ!?な車体で驚きです(笑)。

Posted by: みのる | 2013.03.25 00:13

みのるさん、こんばんは。

「何じゃこりゃ!!(ジーパン)」よりは、少し世代が上ですが、こりゃ方言に近いので、よお使います(方言を使う人間が少のうなった)。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2013.03.25 22:55

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
普通なら「何だコレは?」でしょうか
太陽に吼えろで一躍有名になりましたので標準語かと思っていました(笑)

Posted by: みのる | 2013.03.26 00:52

The comments to this entry are closed.

« 思川鉄道に想いを馳せる:終 | Main | オカメを組む »