« 80系電車の想い出 | Main | 思川鉄道に想いを馳せる:終 »

2013.03.19

思川に想いを馳せ:3

00050414あれ?、まだ211系は走っているのですね(?_?)

風邪をひいていた所為で書き込みが全くできなかったのですが、北勢線のモニ220が内部線に転属した時、モニ210のブレーキホースが逆向きに改装されて驚かれた記事を拝見しまして、自分の見立てに間違いが無ければ、転属した側のモニ220も何故か逆向きに(=転向)配置されているように思えます。残念ながら自分は撮影時期を逸してしまったので、雑誌等で眺めただけですが、北勢線では阿下喜側にパンタが向いていたのに、内部線ではモニ210に合わせて四日市側にパンタが向いていませんか?軌間が違うので、近鉄線内を甲種回送させた訳では無いと思いますので、トレーラーで運ぶ時の都合だったのでしょうか?
しかも残ったモニ221~224も固定編成化の時にパンタが西桑名側になっているし・・・。これは何か意味があったのでしょうか?(謎)

さて、レイアウト製作、煮詰まっています
振り返れば、
1):今年の目標の1つ、誌面コンテストに応募する!
そもそも応募するような地面モノを作っていないし、今から間に合う自信もありませんので・・・、こっこれは忘れましょう!(撃沈)
2):12年目に突入した宿題、簡易軌道レイアウト
思い描いたような「カラマツ」が作れません(号泣)。地域限定なので、これは外せない大問題。ブリザードフラワーで作れば良いじゃんと指摘されそうですが、材料が手に入らないと作れない模型は如何なものか!(=単なる言い訳)。敢えて、清水健太郎「失恋レストラン」風に書けば、「ねぇマスター作ってやってよ、簡易軌道に似合うようなカラマツを~。ねぇマスター早く~♪(以下、耳元で囁く様に無限リフレイン)」(同世代ネタ!?)
000504313):戻れない道計画
単に風邪ひいて止まっていただけなので、これからも普通に進めます(←いまだに鉄橋をつくっている:爆)。書くまでも無くコンテストには到底間に合わない進捗状態~。←反省なし

って事で!?
後ろを向いてばかりでは何も始まりません(遠い目)。とりあえず一旦は全て忘れましょう

とにかく、前を向いて、この先を見越して動かなければ、また同じ事のくり返しになる恐れがありますので、今年の目標のもう1つ「軽便祭に参加する」に向けて検討をしてみます。けっして早過ぎる話ではありません。

5月の日程発表と6月の応募〆切までに「期日までに絶対に仕上げられる程度の下準備」を済ませておかなければ、いざ参加表明したは好いが、ごめ~ん!レイアウト間に合いませんでした(テヘペロ)、なんて事になったら、今まで散々Blogで祭の文句を書いてきた立場がありません(=自己保身かっ!?)

それまでに宿題(=簡易軌道)を仕上げれば良いのではないか?と思うかもしれませんが、普通の“非電化の旅客”の方が軽便を知らない方には親しみ易いのではないかと考えます。また、電車移動なので「持ち運びできるレイアウトサイズとして900×600程度が1つだけ」が限度になるでしょう。「見せる」を踏まえて“出来るだけ立体的に”かつ“昔のように線路を引き回わす”の2点をコンセプトに、あの山奥ジーゼルを主役に据え、かの思川鉄道や祖師谷軽便へのオマージュとして、こんなレイアウト、題して「ぐるぐる山奥線」を作る予定です~~~。※注:あくまでも予定:
Plan20130320

KBMC下電とバッテイングしないようにと考えているんじゃないぞー。
クリクラの産業系とバッテイングしないようにと考えている訳ではないぞー。
栂森先生とバッテイングしそうだぞー。
去年の祭で見たダージリン風ぐるぐるぐるぐるレイアウト(TMS今月号に掲載)には到底及ばないぞー

※実は電化にすると勾配が更に急になるので見合わせました。本気だよー。
狼が来るぞー

問題点は、
仮にNゲージ機関車の下回りを使った車両としても、いくら何でもR150で5%勾配は動かせるのか?
駅構内の有効長を考えると、単端もしくは山奥ジーゼルと同サイズ+客車または貨車1両程度が限度か?
車両限界(特に高さ方向)をどの程度に設定しようか?
の3点です。
これからテストして決めましょう・・・汗。

Plan20130221イメージ図は併用軌道やら、築堤やら、尾小屋鉄道の木橋やら、詰め込めるだけの理想を詰め込んで、側線テンコ盛りで描いてみました。ただしホッパーはノリで描きましたので詰所の類は書き込んでありません。廃坑かな?
可能であれば、祭へ足を運ぶ多くの方に、ジーゼル(含む機関車)を作って来て貰って、一緒に動かして遊べればBESTでしょうけど、あの混雑を考えると少々現実的ではありませんね。願わくば、社長へのレクイエムとして九州ネタにして、国鉄のセラ・セムの2軸炭車を並べた積込側線をどこか敷きたいんですよ。でも、筑豊の炭鉱景色はナガウラさんとバッテイングしてしまう、と言うか単に上手いアイディアが思いつかないだけです(苦笑)。九州イメージは他の方にお任せするしかなさそうです(陳謝)。

<脳内イメージ(架線は見ない!苗も見ない!?)>
200005255032200005255029


物資補給を受けた心当たりのある方は、祭までにR150&5%勾配を走行可能な車両に仕立てて、強制乗り入れを期待しています~♪もしも5月までにレイアウトの目処が立たない場合は・・・、無かった事にします・・・

|

« 80系電車の想い出 | Main | 思川鉄道に想いを馳せる:終 »

Comments

雑誌投稿?
ナニソレ(おい

ぴくしぶうとか始めて模型から手が離れているワタクシ・・・いかんなあ・・・(エヴァの冬月さん風に)

Posted by: トトロ | 2013.03.19 01:47

トトロ君、こんばんは(^^)。
うっ、返せる気の利いたエヴァネタが思いつかない

>模型から手が離れているワタクシ
そんなもんですよー。
大丈夫です。祭まで、まだ時間はあるよ~。
モヒカン単端や新作の勇姿を待っているよ~
忘れたら使えそうも無いジャンクパーツを大量に押し付けるぞ~!?

Posted by: みのる | 2013.03.19 02:33

ご無沙汰しています。
山奥線、いいですね~!
バッティングは大丈夫。現在全く何もせず、16番に逃げています(←おい)
軽便祭参加も危ういか(爆)
4月からはエンジンかけたい今日この頃ですが。

Posted by: 栂森 | 2013.03.19 03:02

え~、わざわざ新型パワーパックを発注して、その結果祖師谷軽便風レイアウトを断念したムです(ご~ん)

レイアウトの勾配、2%くらいにしておかないと、5%ともなると走る車両が限られるのもさながらですが、短い距離でスロットル操作が頻繁でイラッとする・・というのが教訓でもあります(う~ん)

でも、がんばってレイアウト作って見せてください!

Posted by: | 2013.03.19 06:40

落葉松の〜ほしい数に〜私の手がふるえる〜
落葉松の〜うまい作りに〜私の心がくだける〜
と合唱・・・・してもなかなか出来ない難しさです〜。
ほんとに・・(松ってイジワル〜!)

Posted by: kondoura | 2013.03.19 12:05

こんにちは。今日は夏?(--;

>栂森さん、
16番の小型車専用レイアウトも楽しそうですよね。意外と小スペースで回れるので、ナロー感覚で作れそうに感じます。
味噌汁軽便系バッティングは、逆に是非お願いします(笑)。
去年もお忙しい中、あの見事なカバン線を製作なさったのですから、個人的に今年も更に期待に胸が膨らませて楽しみにしてます~。

>ムさん
2系統特製パワーパックは複線レイアウトで使いましょう~。スペースがあれば『レイアウト全書』(だったか?)なかおゆたか氏の高架複線それぞれから側線を降ろして地上エンドレスで結ぶプランにも使えます(^^)。

う~(^^;、やはり5%勾配は辛そう・・・ですね。
1人で遊ぶには多少の煩雑さもOKですけれど、祭は長丁場なので、手放しでスムースに動かせないとキツイです。出展用のレイアウトプランは見直しかなぁ。

>kondouraさん
樹木製作は難しいですよね(==;
似ている素材と使える技法を身につけるまでが・・・遠いです。あと素材の耐久性も・・・。
次回、コロラド樹木を作る暁には、我家の分も発注したいデス←コラコラ

Posted by: みのる | 2013.03.19 13:13

ごちゃごちゃ分岐がなくていいっすね~、勾配を時間かけてジックリ丁寧にやれば自分にも作れそうです。肝はこれ以上「欲をかかない」ことか・・
120x90くらいで、ゆったり自宅用(老後用?)に作りたいです。左下のトンネル出たところにホッパー引込線と駅があれば(ともう欲をかく)もう建物いりませんね
保線と植林で骨折りそうですが・・・

Posted by: ナガウラ | 2013.03.20 16:17

ナガウラさん、こんばんは。
Blog復活おめでとうございます

1200×900なら勾配も楽になる上にR200で敷けますね。駅スペースも広がりますので、さらに車庫を作れそうです。保線は裏側に穴を開けておけば手が届きますし、植林も1本立ちで植えなければ大丈夫ではないでしょうか。
ぜひお作り下さい(^^)/

>ホッパー引込線と駅があれば
なるほどー(@@;、ココに作れば確かに不自然なくまとまりそうです。さすがです!

Posted by: みのる | 2013.03.20 19:53

みのるさん、ご無沙汰しております!
R150で5%…動力がゴムタイヤ履かせてウェイトの効いたボギー車であればいけます。
じつは昔作ったレイアウト
http://www.chojamaru.com/wks/C84nr34-34_kamii_ass.JPG
が、何も考えずに作ったらR150で碓氷峠並み(笑)の勾配になってしまい、当然J社等の車輛は編成ではまともに走らず、泣く泣く行きつけの模型屋でボール盤借りてタイヤに溝を切りゴムタイヤ嵌めてやっとマトモに運転できるようになったのでした。必然的に我がレイアウトは“ボギー気動車が主力の軽便”にせざるを得なかった…というオチも。
むろん線形は緩やかなことに越したことはないですが、もし無茶をするのなら、ゴムタイヤ装着動力とBEMF付のデコーダで武装するという手もある…ということで(^^;)

Posted by: cjm | 2013.03.21 02:02

cjmさん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰しています(^^)

私も最初に作ったナローレイアウトが箱根登山鉄道並みの勾配になって泣いた覚えがあります(苦笑)。乗工社の車輪に溝切ってゴムを嵌めるとは、さすが!作業部長です。
それを考えるとR150の5%勾配でも、対策を施せば何とかなりそうですね。経験談をありがとうございます。
さらにBEMF付きのデコーダーにすれば、意外とこのプランのままで作れそうな気もしてきました。
山奥線の夜明けは近いか!?

テストしてみましょうか。
その前に車両製作か。(^^;

Posted by: みのる | 2013.03.21 20:02

The comments to this entry are closed.

« 80系電車の想い出 | Main | 思川鉄道に想いを馳せる:終 »