« 戻れない道計画:14 | Main | 鉄橋着荷 »

2013.01.31

小加工

スゴイねぇ~(@@;、
◎:NGさん松岡3t初回販売分は瞬殺ですか!?(次回販売分も絶賛予約受付中)
○:天賞堂は予告がバンバン、プラEF57(タイプ違い)とかダイキャストEF58(タイプ違い)とか、153_sinkaisoku発売するのですね!?先に発表したEF66やEF64はどうなったのでしょうか?(笑)。今はEH10の1点狙いです
▲TOMIXから153系新快速が発売ですか!?(いまごろ気がつきました:汗)
×:それにしても、昨日から2夜連続で地震です・・・

さて、ウッカリした事に複線化した所為で、鉄橋(=マイクロエンジニアリング)が足りなくなってしまいました。確か買ったはず!?と罪庫箱をひっくり返しても見つかりません。
00049899仕方が無いので、一部の鉄橋を止めて築堤にすれば解決するであろうと踏んで、試しに築堤風にスタイロボードを並べてみましたら、
▲こんどは肝心のゴム道床の手持ちも無し。
▲運転ポジションから見た時に、見通しが悪くなった(※製作の見通しではありません:笑)。
モーリンから鉄橋が新発売になったそうですし、この程度なら自作も可能であろうと感じますが、Webで探しましたら在庫があるような店が見つかりましたので、さっそく通販の注文を出しました。拠って品物が届くまでしばしお休みです

もちろん件の脱線多発地帯の調整もしていました。
ブラスのEF57は脱線せずに動かせるようになりましたが、何故か天プラEF57の2~電暖タイプだけは、どうしても脱線してしまいます。何しろ同じ天プラのEF57-1は脱線せずに動くのですから不思議でなりません。

■歪んでるの?天プラEF57
そう言えば昔から脱線多発して調子の悪い車両でした。前回の廣瀬さんのコメント「車両は定盤で確認できる」を受けまして、厳密な水平は出ていないけれど、比較的平(に見える)本棚のガラス板の上に車両を乗せて、透かして見たところ・・・。


00049904何で?先輪と第3動輪しか接地していないの???(謎)

これは片側台車だけの話しながら、第1動輪と第2動輪が明らかに浮いています。しかも左右の車輪の浮き具合も違うように見えます。ずーっと眺めていると、なんかギアボックスも含めた台車全体が捩れているように曲がって見えてくる気もします。たっ、たぶん、これはっ、走りを良くする為の仕様ですよねぇ~。そうに違いない~!!!その証拠に脱線しないEF57の1号機だって・・・、うん第1動輪の片側だけホンの僅かだけ浮いているし!・・・・・・。これって良いの???

■TNカプラーの取り付けとディテールアップ
我家の虎の子であり、初めて買ったブラス電車編成完成品であるところのエンドウ70形新潟色(1991年製品)は、社会人になり、まとまったお金が手元に入るようになって、嬉しさのあまり喜び勇んで模型屋で予約を入れたら、何と給料1ヵ月分の値段で青くなった、とても思い出深い模型です(笑)。余談ながら、ブラス電車編成完成品を次に買ったのは去年か一昨年です(ほぼ20年ぶり:爆)。
00049907それ以来、ちょこちょこと手を入れて楽しんでいまして、かつてのドローバーは以前にACEカプラーへ交換済みですし、動力は無加工でR490を通過できます。このたびは更なる急カーブ対応を施すべく、クハ76(偶数車)にTOMIXのTNカプラーを取り付けました。こっち側に荷物車や郵便車が連結されるので、00049905既存のエンドウ密連ではカーブ通過が覚束ないのですよ(苦笑)。この頃の製品は床板先端だけ別パーツになっていまして、t1真鍮板から同寸法に切り出した板パーツを新たに作り、取り付けネジ穴加工を施した上にそっくり交換しました。見た目はほとんど変化がありませんが、スノウプローを始め、あっちこっちのパーツを移植して、自分にしては意外に大変だったのです!(スクラッチビルダーの方には笑われる・・・)。気を良くして!?妻面床下配管とトイレ流し管も追加しました。まだワイパーやらデフロスターやら、手を入れるところはたくさんありますが、とりあえずはコレだけ(激汗)。
ナンバーは以前から064をつけています。調べたら小窓特殊車ではないですか(驚)。後で番号を変えましょう・・・。

00049913お陰でこんなに急カーブでも妻面同士はぶつかりません(嬉)。クモニ83もクモユ141も併せてTNカプラー化しました。幸いに、室内仕切り板の止めネジ位置が、ちょうどTNカプラーの取り付け位置と合致しましたので無加工で取り付けできました。でも台車とのクリアランスは超キビシーですね。クモニはMP動力なので、TNカプラーの復元バネを切断してしまいました。TMSの記事でもバネが切断されているように見えますので、これで問題は無さそうです。

000499101週間で一気に加工が進まないのは情け無い話ながら、動かして遊ぶ加工は出来ました。ご覧の通り、まだパーツ類もインレタも全く付けていませんので、これからもまだまだ長く楽しめそうです。
まずは追加パーツに色を塗らないといけません・・・

|

« 戻れない道計画:14 | Main | 鉄橋着荷 »

Comments

本棚の扉がどの程度か分かりませんが・・・
家庭にあるもので、一番平らなモノは、鏡です。
何かを映してみて、歪んでいなければ、そこそこいけます。

Posted by: 廣瀬 | 2013.02.01 00:52

廣瀬さん、こんばんは。
なるほど!鏡ですか。
確かに像に歪みが出ない鏡であれば平ですよね(^^)
ありがとうございます。探してみます。

Posted by: みのる | 2013.02.01 01:25

EF57、車輪が浮いているのは問題ですね。
ウチのはどうなんだろう?

レイアウトについては、鉄橋を築堤に変えると裏?にあるナローが良く見えなくなってしまいますよね。
いくつもの路線があるレイアウトは、見通しが重要ですよね。

それにしても、もう1年の1/12が・・(遠い目)
1ケ月、なんか吊掛モータ化しかやってない(さらに遠い目)
ウチの運転盤も工事しないと(凄く遠い目)

Posted by: | 2013.02.01 06:43

ムさん、こんにちは。
EF57はこの状態でユニトラックのR490は通りますので、たぶん許容範囲でしょう?
でもフレキを曲げたR490線路は通りませんorz。曲げた時に誤差が大きすぎるのではないかと思います(^^;。要は調整不足

あっという間に1ヶ月が過ぎましたねぇ~。
アルモデル加藤と簡易軌道客車は組んだものの未塗装なので何とかしないといけません(大汗)。

Posted by: みのる | 2013.02.01 15:57

> フレキを曲げたR490線路は通りません
スラックが少なすぎるためかも知れませんね。

Posted by: 廣瀬 | 2013.02.02 00:43

廣瀬さん、こんばんは。
>スラックが少なすぎるためかも知れませんね。
そうかもしれません(^^;
R550は何とか脱線せずに走るようになりましたので、線路調整も深追いせずに、この辺が止め時かもしれません(苦笑)。

Posted by: みのる | 2013.02.02 00:57

The comments to this entry are closed.

« 戻れない道計画:14 | Main | 鉄橋着荷 »