« 今月の鉄本ほか | Main | 小加工 »

2013.01.25

戻れない道計画:14

語るべきネタ話を持っていないので、早々に本題へ入ります。
そろそろ加藤も塗らないといけないし、宿題も仕上げないといけないのだけれど、またまた戻れない道計画こと庶茂内運転盤の経過報告です。見た目はあまり変わっていませんが、ほぼ線路を一旦外した大改修工事をしていました

00049554(←再掲)前回までは、ポイントマシン亀さんが3つ必要なところ手持ちが2つしかなく、新たに買うか?罪庫のスローアクションを使うか?悩んでいた上に、コルク道床の五月蝿さに辟易していたにも関わらずゴム道床の手持ちも無く、とりあえず動かして遊んでいたところ、果たして側線への引込み線は必要なのか?との疑問も浮かんできました。エンドレス内から手で直接車両を載せ換えるなら、渡り線も含めてポイントは一切要らないのではないか?しかし、そこまで単純化して後で後悔しないだろうか?
結論の出ない八方塞のまま、しばらく気分転換も兼ねて簡易軌道の客車を組んでいました・・・が

主な変更点

1:ポイントの交換とプランの一部見直し
罪庫箱をひっくり返して客車のキットを出してきた時に、KATOユニトラックの4番と6番のポイントも出てきました。KATOポイントではブラス車両は頻繁に割り込む、ってのが以前からの通説でして、実際に買ったものの使い物にならなかったので箱の奥へしまった訳ですが・・・新たにトータスを買わずにコレを使ってみようかな?

2:複線化を正式採用
ゴム道床を敷いた外回り(旧本線部分)に対して、追加した内回りはコルク道床でしたので、反響音が目立っていた上に高さも微妙に違っていて、渡り線の部分に段差が出来ていました。ポイントをKATOに変えて、ついでにトンネル内はユニトラックをそのまま敷けば、剥がしたゴム道床を再利用できるではないか!

3:カントをつける
現時点では“それはトンカです(秘)”の状態だったで、見える部分だけでもカントをつけます。でも、走行調整がエラク面倒になる気がします。

4:トンネルポータルは資源を有効活用
以前、新たに自作だぁ~と豪語したものの、何てこと無い、複線化に伴って罪庫になっていたモーリンの単線用トンネルライナーを再利用します。

そんなこんなで、こうなりました
0004978500049784

渡り線と引込み線のポイントはKATOのユニトラック6番(渡り線)と4番(引込み線)に変更し、トンネル内の線路は一旦すべて道床と共に外した上に、ユニトラックのR550およびR490に変更しました。ポイントは基本的に背向なので、トングレールの当たる部分を路面電車並みに糸鋸とヤスリで無理やり削り取っただけで済ませました(今のところ不具合無し)。外したポイントとトータスは、上段に予定している地方私鉄線へ流用する予定です。おなじく外したゴム道床は、内回りのコルク道床だった部分と置き換えました。さらに余ったゴム道床はナローの一部へも使い回しました。00049817また、トンネルポータルは単線用を使うために、そこだけ複線間隔を広げるようにプランを修正しましたので、よりいっそう「上越線の色合い」が増しています(汗)。高崎線だったんですけどねぇ~(既に遅し)。

カントは、旧庶内レイアウトのコントロールボードから外した電線コード(外径ほぼ1mm程度:0,3スクエアだったかな?)を、枕木の下に挟む方法でつけています。こちらも再利用(廃品流用)です。ただし、ゴム道床の場合、スパイクが戻り易いので、打つ時の力加減で微妙な凸凹が出やすい欠点がありまして、カントをつけた後で何度も色々な車種で試運転をしながら、修正をしています←今ココ(^^;。

00049800現時点での問題点は、
1):トンネル内はユニトラックなので反響音がうるさ~い。(諦めます)
2):プラ系は天プラEF57の2~のみ(EF57-1は平気)脱線多発。なぜ???
3):天賞堂ブラスベーシックの足回り(ホイールベースの異なる3軸固定台車)を持つ旧型電機も脱線多発。
特にFの50番台(2軸先台車を持つ車両)はKATO4番ポイントの割り込みと、カントをつけたフレキ部分の曲線で集電不良!?かつレールのつなぎ目で脱線(泣)と、散々な結果でした。それでも、4番ポイントの位置は基本的に背向ですし、ユニトラック上では動かせますので、これからも線路の調整をすれば解決しそうに思えます。

00049810また、庶内鉄道で走らせていた小型車両は、渡り線に使ったKATO6番ポイントの無電区間でストップしてしまうので、集電ブラシの増設は必須になりました(苦笑)。
なお、それ以外の大半のプラ系もブラス系(MPギア)も無加工で問題なく走行できました。動かせる車両を限定させればそのままでも構わないと言ってしまえば構わないのですが、やはり出来る限りの手持ち車両を動かしたいですね。・・・ゴールは遠いかなぁ~

良い点もありました。最初に複線化した時、上段に設ける予定であった地方私鉄駅のポイントマシン設置予定位置の真下に線路がきてしまい、駅構内プランの再考を迫られて(と言うより破綻してた!)悩んでいた事案も、ユニトラック6番ポイントに変更した際、トンネル内の線路位置全体が大きくズレた為に、上手い具合にポイントマシン設置スペースを捻出する事ができまして、上段の地方私鉄駅も問題なく納まりそうです。

とりあえず、いろいろと手間は掛かっても新規投資は0円!!!嗚呼!罪庫バンザイ

早くシーナリィー工作に移りたい気持ちを抑えつつ、地道に1つ1つ問題点を消していかなければいけませんので、これからも気長に進めるしかなさそうです。たぶんシーナリィーに移ると早いよっ

|

« 今月の鉄本ほか | Main | 小加工 »

Comments

今晩は。
 まずはレイアウトの進捗おめでとうございます。
 (3)は、我が社の3軸客車と同じ事と拝察します。先台車1点、動輪側2点の3点支持(あるいは、動輪だけでも平等に荷重がかかるよう)にすると言う、車輌側の修正が必要かと思います。
 だからといって(2)は、分かりません。ポイントでの割り込みは、元々の設計がその曲線を通るようになっていないからではないかと思います。カント部の集電不良、つなぎ目脱線は、(3)と同様、車輌側の問題かと思います。
 自分の工作日誌を読み返して、構成し直しましてあらためて気づいたのですが、ストレス無く走らせるって、レイアウトもですが、車輌の調整もとっても大切なことだと思いました。
 釈迦に説法でした。お休みなさい。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2013.01.25 22:09

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
アドバイスをありがとうございました(^^)。
車両調整の苦労を味わっているところです(苦笑)

残念ながら、この3軸固定動力装置はダイキャスト一体整形なので、チョッとやそっとでは直せません(^^;。仮に手を加えるなら、いっその事“JM化”した方が早いくらいの難物です(爆)。手に負えません~。

普通にユニトラックのR490は通りますので、たぶんせん端軌条やフレキとカントの調整不足であろうと思っています。がんばります・・・

Posted by: みのる | 2013.01.25 22:41

みのるさん、こんばんは

何やら、いろいろと苦労されているみたいですけど、私としては、「上越線」の色彩がますます濃くなってきていて、大満足でございます

最近、web上のレイアウト製作記が少なくなって(単に見つけられないだけか?)寂しいので、頑張ってくださいネ

Posted by: さとし | 2013.01.26 00:15

さとしさん、こんばんは。
最初に自分のこづかいを貯めて買った写真集が『上越線を行く列車』(プレスアイゼンバーン刊)でした(^^;。

これで鉄橋を片方だけPC橋にすると、地形が平地では無いので、余計に上越線になりそうです。せめて上越国境を越えない辺りに留めたいです(苦笑)。
がんばります~

Posted by: みのる | 2013.01.26 01:08

レイアウト、確実に進んでますね。
KATOのポイントの件は、結構・・な結果を聞きますね。
私の個人的な考えでは「小さいエンドレスの場合は素直にグルグル走らせて、車両交換は手で載せ替えるので良いのではないか(結果的にトラブル回避できる)」と思ってます。
ところで、私のところのものは、自分で運転してみた結果とみのるさんの考察を元に、「やはりR550とR490のエンドレスにするか」と思っているところです。
カツミ上信デキの吊掛モータ化が済んだところで工事着手?を画策中。
もっとも「そろそろ草軽」とか「路面電車(ポール)」という長年の宿題を・・とも思っていますが(遠い目)

Posted by: | 2013.01.26 10:30

ムさん、こんにちは。
やはり!私の宿題(=簡易軌道)と同様に「路面電車(ポール)」の着手でしょうか?(^^;←他人のこと言えない

以前のレイアウト(=庶内鉄道)でも、最終的に手で車両を乗せて換えてグルグル回すだけでしたから、ポイントは一切使わない!?の思いも強いです。でも最初から、そこまで割り切れない「心の葛藤」がありまして・・・(笑)。ひじょうに難しい問題です(苦笑)

ムさんなら加工はお手の物でしょうけれど、R490でもブラス系は連結面間隔を伸ばすか?伸縮カプラーを採用するか?しないと妻面同士がぶつかる車両も見受けられますので、敷けるスペースがあればR610とR550をお勧めします。

Posted by: みのる | 2013.01.26 13:30

みのるさん、こんにちは
路面電車と草軽のレイアウトは、私にとって「宿命のライバル」なのかもしれません(ち~ん)
カーブ通過については、現物確認してみました。
私のブログに結果をUPしましたのでご参考まで。

よりカーブのゆるいレイアウトは、いさみや2階レイアウトも利用できますし、いずれは屋根裏部屋スペースで実現する予定なので、室内は最小限のものはどのくらい?の試行錯誤なのであります。
軽便や路面電車との共存・・も検討課題です。

Posted by: | 2013.01.26 21:41

ムさん、こんばんは
なるほど!ミニマムを追求するわけですね。判りました(^^)。

Blog拝見しました。
じつは、機関車はユニトラックのR490を問題なく通過するのは以前試しました(^^;
http://syomonai.tea-nifty.com/cocolog/2011/03/post-29a3.html
エンドウの157系などのブラス編成(※ただしACEカプラー使用)がR490で妻面ぶつかります。でもぶつかりながらも走ります:笑。かっ完成品がぁぁぁ、ととても心臓に悪いですorz

ただユニトラックはOKながら、これがカントをつけたフレキですと、なかなか・・・汗。要は記事内でも触れましたけど、線路側の調整不足なのは明白です(号泣)。

因みに試走なされたように、前作:庶内鉄道では基本R450で運炭系の8100(珊瑚)・9200(水野)・9600(珊瑚)は楽々動かせました。確か天プラ9600やC11もR430まで大丈夫でしたよね?どこかで読みましたが水野の4110も通過可能だったはずです(或いはR500リミットだったか?)。16番運炭鉄道の模型化はエンドレス運転だけなら意外に小スペースでOKです。そうそう、ムサシノの超絶デティール中型木造ボギー客車だけはダメでした(苦笑)。

このスペース内なら、軽便と路面との共存も充分可能と思いますので、ぜひ挑戦なさってください~。楽しいですよ~

Posted by: みのる | 2013.01.26 22:28

追記です。
3軸固定動力装置の旧型電機ですが、今日はなぜか動きました(謎)。持ち主に似て気分屋なのかもしれません(?_?)
ただし、EF57だけはプラもブラスもR550で相変わらず脱線してしまいました。まさか!?東北線仕様のレイアウトじゃないから???・・・そんな訳は無いので原因は果たして何なのか(遠い目)。

Posted by: みのる | 2013.01.27 01:35

まさか、ポイントが捻れている、なんて事はないですよね。もしくは、台車のねじれ? ・・・2輌揃っては偶然すぎるので、線路側? 車輌側は定盤で簡単に確認できるけど、線路の平面性の確認は、皆さんどのようにされて居られるのでしょうか? 私は、物差しと水準器でちまちまと・・・ 

Posted by: 廣瀬 | 2013.01.27 01:52

私個人の考えとしては、カントはR700以上のカーブで、緩和曲線を取れて、カントに入る口も調整が出来るくらいの長さが取れるときのみにやった方がいいのでは?と思っています(経験的に)。
とはいえ、そういう試みをやってみることはいいですよね。
鉄道模型は「実学」がやはり大事なのかと。

しかし・・・EF57・・・・ウチの(って、同じ天賞堂)はなぜにぜんぜん平気なんだ?
ひょっとして、生物なのか?=>天賞堂EF57

Posted by: | 2013.01.27 13:52

廣瀬さん、ムさん、こんばんは。
集電不良は単にセンターピンが緩んでいるだけでした。脱線に関しては同じ動力装置のEF58は問題なく動きますので、デッキと2軸先台車辺りが原因かもしれません。線路側の曲線を更に修正してみます。

>廣瀬さん
脱線箇所はレールとレールの繋ぎ目の曲率が安定していないのが原因のようです(激汗)
ところで線路の平面性の確認は、自分の場合「目視」だけです(苦笑)。後は動かして脱線しなければOK!と言う、いい加減な調整方法です(^^;←

>ムさん
結果的にR550もR490もカントはつけましたが、今のところ問題は出ていないようです。カントの始まりと終わりの線路がねじれる部分(=250mmほど)も意外に問題なく通りました。
 >天賞堂EF57
もしかしたら、褒めて伸ばすタイプの機関車かも(笑)

Posted by: みのる | 2013.01.27 20:29

The comments to this entry are closed.

« 今月の鉄本ほか | Main | 小加工 »