« 戻れない道計画:6 | Main | エンドウ157系着荷 »

2012.11.05

戻れない道計画:7

本日、エンドウの157系を出荷した旨のメールを貰いました
楽しみだなぁ、ワクワクするなぁ。模型を買うのに、こんなにワクワクして心待ちにするのは何時以来でしょうか?
中古サイトで、掘り出し物や探している物を見つけて発注し到着を待つワクワク感や、予約したキットが届くワクワク感、そんな感覚とは段違いです。まるでクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントを待つ子供のような心境ですね。

すげぇ楽しみ!待ち遠しい!!


さて、地味~に、しかし着々と進行中の戻れない道計画です。

現在は切り出した路盤を接着している最中です。ただし単純にペタペタと接着してオシマイにならないところが辛いです(T_T)。庶内鉄道の時もそうでした。ベニアが元々歪んでいるのか?台枠そのものが歪んでいるのか?定かではありませんが、ナゼか路盤そのものが逆カントになってしまいまして、それをいちいち目見当で修正しながら接着して重しをかけて、ある程度固定できたら次へ、との地道な作業のくり返しです。これは全く絵になりません(苦笑)。
00048580でも、それが知りたいって稀有な方もいらっしゃるかもしれませんので、何枚か写真を撮りました。何と言いますか、レールを敷くまでは地味な作業のくり返しで、コツとかヒントとか秘伝技法とかは無いですよね(笑)。自分は、隙間が開いても歪んでも、最終的にレールを敷いた時に車両が脱線せずに走れれば、多少の凸凹は許容しているのですが、もしかしたらビシッと一分の隙も無いほどの超絶仕上げを求める方もいらっしゃるかもしれません。
その辺は好みで願います

00048587ポイントマシン・トータスを取り付ける部分のスタイロフォームは欠き取りました。これで路盤のベニアに直接ネジで止めれば出来上がりですが、まだ肝心の配線が残っています。手元のスイッチは昔買った古い製品ばかりです。果たして使えるのでしょうか?しかもよくよく考えてみると、不具合が出たときには、真下からネジを外して修理しなければならないのに、マシンの真下はベニアで塞がっています。
今から点検穴を開けるしかないのか・・・(遠い目)。と言うか、路盤を接着したらマシンの取り付けがとても大変になるような・・・(ガ~ン)。

00048593スタイロフォームの接着には、以前から書いているネダボンド(アクリル系)の他に、ウレタン系の接着剤である「束職人(=製品名)」も使ってみました。結果的に作業性は似たようなモノながら、接着力はウレタン系である束職人の方が強力でした。今後はこちらを主に使いたい反面、手についた接着剤の汚れが、なかなか落ちない(ほど強力?)のが難点でしょうか。手についた塗料を落とす時に使っているシトラスクリーンハンドクリーナーでは完全に落とせません。素手での作業は厳禁か?(苦笑)。

00048596ナロー線路については、見えない部分はTOMIXのNゲージ用の組線路やポイントをそのまま使っています。ポイントはナローの小型B形(2軸)動力車の場合、ホイールベースが短くフランジが低いと集電不良が起こり易く、通過に支障が出るそうですが、動かすのはほぼボギーの電車なので大丈夫ではないかと楽観視しています。たぶんワールドの三重交デ51とデ61が動けば大丈夫でしょう。うちはキールンの小型蒸機とか居ないし(笑)。
さぁ、がんばって線路を敷かないと動かせないぞっ

次回は当然言わずもがな「○○着荷シリーズ」

|

« 戻れない道計画:6 | Main | エンドウ157系着荷 »

Comments

エンドウの157系、昨日天賞堂の店頭で見てきました。
準急色のクロ157(知らなかった)もあるのですね、なんかセットっぽかったです。
レイアウトは着々と進んでますね。
私も車両工作だけでなく、大晦日までにレイアウトを「せめて運転出来るように」したいです(凄く遠い目)

Posted by: | 2012.11.06 06:55

ムさん、こんにちは。う~む、まだ届きません(^^;。
でも我家もまだ線路を敷けないので、がんばらなければいけません(大汗)

>準急色のクロ157(知らなかった)もあるのですね、なんかセットっぽかったです。
準急色はセット販売だそうです。クロの単品売りは特急色と新特急色だけでして、クロ準急色セットは天賞堂限定製品だそうですよ。

Posted by: みのる | 2012.11.06 12:56

 自分の記憶にある157って微妙に違うと思うのは、この準急色でしょうか。記憶が定かでないオヤジの戯言です。
 路盤、確かに大変だった記憶が甦ります。水平なはずが勾配が付いていたり、線路の敷設の後、2mm以上隙間が空いてしまって、レールをその長さにして詰め込んだことなどが思い出されます。
 今は、またの接点不良でちょっとだけ悩んでいます。「あっちをあっちに、こっちをこっちに」の補助接点を付けようと思っています。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2012.11.06 20:14

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。

他の電車で準急色があったのか?判りませんが、色が違うと印象も変わりますので、157系は準急色かもしれませんね(^^)。
>路盤
せめて線路を敷く前に、できる限り水平は保ちたいです。経年変化もありますからレイアウトの維持管理は意外に大変ですよね。がんばってください(^^;

Posted by: みのる | 2012.11.06 22:09

ところで、タイトルの「戻れない道計画」ですが、もう着工して工事も進んでいますから「歩み始めた工事」ですよね。
157系も到着して、工事のますますの進展を楽しみに致します(ウチはどうなんだろう?ううっ)

Posted by: | 2012.11.07 06:50

ムさん、こんにちは。
当初は改題も考えたのですが、工事が始まっても“戻れない・立ち止まれない”のは変わらずですし、それを肝に銘じて進めないと完成しないような気もします(大汗)ので、このままの題名で行こうかと思います(^^;。
久々に使うフレキ線路を相手に格闘中です・・・苦笑。

Posted by: みのる | 2012.11.07 11:32

The comments to this entry are closed.

« 戻れない道計画:6 | Main | エンドウ157系着荷 »